新しい王様 Season2 5話 あらすじ感想 コウシロウに地検の手が伸びる!

公開日: : 新しい王様

悪質に編集されたアキバのインタビュー。そのネタ晴らし動画がアキバの仲間によってアップされ、中央テレビには苦情が殺到します。

著名な脚本家の未発表作が見つかり、中央テレビでは制作発表を大々的に行いましたが、その脚本は、見るものが見れば全くの別人のものと分かるものでした。

株価を見るばかりで仕事にまったくやる気を見せないコウシロウ。ノーリに手引きされた地検は、コウシロウに話を聞きたいと同行を求めました。

中央テレビに見切りをつけたパトリオットプロは、アキバと越中に、パトリオットプロが保有する中央テレビの株を売ることを提案。しかし、その見返りはとんでもないもので、アキバは、そんなことをしているからダメなのだと熱く語りました。

スポンサードリンク

中央テレビとパトリオットプロ

中央テレビのハッタリを疑う越中

コウシロウ(杉野遥亮)のオフィス

株価を喜んで見ているコウシロウ「すっげー!」

アキバ(藤原竜也)に越中(香川照之)から電話がかかってきました。その電話を気にしているコウシロウ。

辻井宏之の未発表作品が見つかったことで、中央テレビの株価は急激に上昇。TOB価格の2950円に近づいているので、株主が、株を売り惜しむと越中は気にしていました。

このタイミングで、都合よくそんな大先生の未発表作品が出てきたことに、越中は不信感を抱いています。

「お前も編集でインタビューをねつ造されたんだから分かるだろう。中央テレビのやつらは、コンプライアンスなんかない連中だぞ!買収防衛のつもりでなりふり構わず、ハッタリかましてきてんじゃないのか。」

笑うアキバ「生きているうちに、越中さんの口から、コンプライアンスなんてことばが聞けるとはね。」

スポンサードリンク

中央テレビ復活ののろし上げ

『お願いは、ひとつ~2020再会 制作発表 記者会見』

前シリーズの最終話から5年が経っています。今回、脚本が見つかったのは、辻井が自分の死後1年したら、中央テレビのドラマ部責任者に送るよう、生前に手配していたからでした。

アカツカサ(八嶋智人)「この業界のしがらみを一切排除して発掘した大型新人、三井エイリ(武井玲奈)を大抜擢した王道ラブストーリー『ラブ・ストップ』。そして、辻井先生が天国から贈ってくれたギフト、あの国民的ドラマ『お願いは、一つ』の最終章。来年はこの2本のドラマを軸にドラマの中央テレビ、永久不滅の視聴率名人 中央テレビ復活ののろし上げです!」

 

西岡も疑う

記者会見の様子をテレビで観ながら、アキバと西岡(高橋メアリージュン)も電話で話しています。本当に本物の脚本が見つかったら、とアキバは楽しみにしていますが、西岡も越中と同様、こんなタイミングのいい話、眉唾かもしれないと疑っています。この会社、何やるか分からないと言うのです。

アキバ「まあ、様子見にちょっと遊んでみてもいいかな。」

 

中央テレビに見切りをつけるパトリオットプロ

パトリオットプロでは、逮捕された福山まどかについて話し合っています。契約解除と違約金の請求、担当者も降格と社長(嶋田 久作)。

オンエアの直前で、ドラマの主演女優が降板になったので、中央テレビが賠償金を請求してきていますが、社長は、中央テレビに借りはないと強気です。こちらは、低視聴率番組に、タレントを出してやっている立場、逆に見切りをつけると言い出しました。

 

エイリと連絡が取れないコウシロウ

コウシロウのオフィス

コウシロウ「いいか。うちの会社が上場するのもそう遠い話じゃない。これからはモデル、グラビア、CA、女子アナ、グラビア、職業的に美女率が担保されている美女たちを重点的につかまえるぞ。それがわが社の資産になる。」

話を聞いていなかった社員の持ってる雑誌の表紙に、エイリが載っているのを見て、コウシロウは驚きました。早速エイリに電話しようとしますが、通じません。アキバにエイリの連絡先を尋ねますが、アキバはネットに何かをアップするのに忙しく相手にしてくれませんでした。

ネタバレ『無理な編集は止めましょう!』

証拠としてTシャツをどんどん着替えたアキバ

中央テレビ

報道局に、アキバのインタビューを、編集で内容をねつ造しているという苦情が殺到しました。

ユウコ(真魚)が動画を本山(相島一之)に見せます。

何人かの声『せーの!中央テレビさん、ムリな編集は止めましょう!』

それぞれ違うTシャツを着ているアキバの動画が6つ、画面に出ています。画面を見ながら複数の男女が、この取材ではアキバが真剣に本心を話したこと、あとで好き勝手な編集をされないように、証拠としてTシャツをどんどん変えたことを話しています。

苦々しく見ている本山。西岡も驚いて、目を見開いています。

 

隠しカメラを2台設置

取材が行われたコインラインドリーには、アキバが2台隠しカメラを設置していました。1台は、アキバと西岡の間、テーブルに置かれた植木鉢に隠されています。その隠しカメラが、アキバの後方の天井を映します。もう1台のカメラが、そこに設置してありました。

天井からの映像で、中座したアキバが、西岡のすぐ後ろで、仲間にタオルで隠してもらいながら奥のほうで着替えている様子が映ります。

しかし、西岡が後ろを少し気にしながらも、真後ろは見ることはないので、アキバの着替えはどんどん大胆になっていき、最後は、タオルで隠れているかどうかも気にしなくなっていました。

 

ぶつ切り編集の動かぬ証拠

西岡は、編集の時にアキバの次々変わっていくTシャツに気づかなかったのか。アキバの仲間たちは話しあいますが、オンエアされたものは西岡の編集したものにさらに編集が施されたもの。その人たちの注意力が散漫だったのだとコメントしました。

男性「中央テレビ、ぶつ切り編集の動かぬ証拠だね。中央テレビさん、無理な編集は止めましょう。」

 

編集した完パケをさらに編集

本山「アキバみたいな奴は、こういう悪ふざけをするからタチが悪い。お前も利用されたんだよ。」

西岡は黙っています。

本山は小寺が意味ありげに見ているのに気づきました。

「お前、知ってたな?」

小寺「何となく。」

本山「なんで言わなかった?」

小寺「言おうと思ってたんですけど、もうオンエアされちゃったんで。西岡の編集した完パケをさらに編集するとは思いませんでした。」

取材に出ていった小寺。

スポンサードリンク

有名脚本家の遺稿は偽物

こういうミスは一過性

本山は、上層部に、アキバのインタビューのネタバレ動画について報告、謝りました。社長はこんな大事な時にと怒りますが、柏葉(鶴見慎吾)は、こういうミスは一過性、すぐ忘れられる、と気にしていません。とにかく、今は、辻井宏之の未発表作『お願いは、一つ』の新シリーズに集中するようにと言います。

社長が辻井の脚本が本当にあるのか、とアカツカサに念押しすると、アカツカサは言葉を濁しました。アカツカサと高木は問題ないと思うのですが、以前、辻井の脚本を監督したことのあるサカキは、作品のタッチに違和感があり、辻井なら絶対書かないセリフがあることから、別人が書いたものと見ていました。

せっかくのドラマ発表のニュースが、報道の不手際で水を差されたと社長は怒ります。これ以上信用を落とさないよう、辻井宏之の脚本が本物かどうか、まずは確かめることにしました。確実に見極められる人間は一人だけ、麻布(石黒賢)でした。

 

本物か偽物はどうでもいい

アカツカサに原稿を渡された麻布は翌日、こんなつまらない台本を読んだのは生まれて初めてとコメントしました。

上層部に、辻井を一番よく知っている麻布が否定した、と報告します。頭を抱える上層部ですが、一人、柏葉は本物か偽物はどうでもいいと言い出しました。

「今は辻井宏之の書いた未発表の脚本があると、世間が思うことが大切なんだ。アカツカサ君、麻布君にいらんことはくれぐれも口外しないように口止めしといてくれ。」

アカツカサ「分かりました。」

 

数字が取れないと言いたいことも言えない

麻布もサカキと話します。有名作家が書いたという前提で読むから目が曇る、シナリオ大賞の応募作と思って読むようにアドバイスしました。

もうすぐ三井エイリ主演の『ラブ・ストップ』がオンエアされます。エイリの成長ぶりに驚いているサカキですが、麻布は、数字が取れることを願っていました。

「なんだかんだ言っても、数字を取らなきゃ言いたいことも言えないからな。」

スポンサードリンク

コウシロウに近づく地検

エイリを追いかけるコウシロウ

撮影が終わりテレビ局を後にするエイリと桜島(モロ師岡)。その車をコウシロウが追いかけてきて、エイリの座っている窓を叩きます。

エイリ「あ、コウシロウさん。ちょっと停めてください。」

窓を開けるエイリ。

コウシロウ「エイリ!出世したな!おめでとう!電話変えたのか?ライン交換しよう!」

慌ててバッグからスマホを取り出そうとするエイリですが、桜島が運転手を急かし、コウシロウはラインの交換ができませんでした。

元カレかと疑う桜島ですが、エイリは、以前お世話になってた人材派遣会社の社長と言います。

 

コウシロウが地検に引っ張られる

株価を見て、鼻歌を歌っているコウシロウの元へ、東京地方検察庁がやってきて、同行を求めました。ノーリ(芦名星)が手引きしたのです。

何時間も拘束されるコウシロウ。帰してほしいと頼みますが、仕事は全てキャンセルするようにと言われました。アキバか越中の悪いことを教えたら帰れるようですが、コウシロウは口をつぐみました。

 

経営に参画する意味がない

アキバの重大発表・ケムール人

アキバの仲間たちは、インタビューのネタ晴らしのことで大騒ぎしています。このまま中央テレビを買って改変してほしい、その時は役員にと頼む者もいる中、アキバは、重大発表があると言い出しました。

アキバ「前に俺は、昔読んだ2020年からの使者という小説の話をし、この宇宙人の模型を作り、自分のイメージで作ったと思っていましたが・・・」

自作した宇宙人の模型を前に置くアキバ。

「実はこの宇宙人、ケムール人という・・・」

そこへ越中から電話がかかってきました。

「明日、時間作れるか?大物が釣れそうだ。」

 

パトリオットプロがTOBに応募

パトリオットプロの社長と会うアキバと越中、宮崎(MEGUMI)。社長は、中央テレビの株、630万株、比率は全体の2.8%をアキバ達に売りたいと言うのです。これで、中央テレビは、ほぼアキバと越中のものになるので、越中は乗り気です。

しかし、条件を確認するアキバ。

社長の提示した条件は中央テレビの役員の席を1つ、年間8本の連ドラの、半分の主演をパトリオットプロから出すこと。挿入歌と主題歌もパトリオットプロに任せる。

アキバ「それじゃ中央テレビ株を過半数取って、経営に参画する意味ないじゃん。んなこと言ってるからダメなんだよ。もうそんな時代じゃないんだって。だからバカにされんだよ。ドラマだって大手事務所から持ち回りで主演俳優を出して、小さい役も同じ大手事務所の新人で埋める。そういうの視聴者に見透かされてんだよ。バカにされてんだよ。わかんないの。バカにされたら視聴者もスポンサーも・・・」

 

シーズン2 4話はこちらです。新しい王様 Season2 4話 あらすじ感想「地球から月までの距離は?」エイリが主役に!

シーズン2  3話はこちらです。新しい王様 Season2 3話 あらすじ感想 アキバの方が100倍おもしろい。「サイを殺すな!」

シーズン2 2話はこちらです。新しい王様 Season2 2話 あらすじ感想 編集を防げ!着替え続けるアキバ

シーズン2 1話はこちらです。新しい王様 Season2 1話 あらすじ感想 角のないサイが生きる世界

 

8話はこちらです。新しい王様8話 あらすじ感想「言っちゃった、聞いちゃった」手を組むアキバと越中。

7話はこちらです。新しい王様7話 あらすじ感想 再び飛んだエイリの生死は?アキバをパンダに。

6話はこちらです。新しい王様6話 あらすじ感想 アキバと越中の対決。窮地に陥ったエイリ。

5話はこちらです。新しい王様5話 あらすじ感想 フェイクツイート大炎上はアキバのジョーク。

4話の感想はこちらです。新しい王様4話 あらすじ感想 寿命を1日延ばす値段。不老と不死はセットで。

3話の感想はこちらです。新しい王様3話 あらすじ感想 生中継を奪ってアキバが吼える。ネットもテレビも信用するな!

2話の感想はこちらです。新しい王様2話 あらすじ感想 ナースに投資を申し出る越中

1話の感想はこちらです。新しい王様1話 あらすじ感想 サイのいない地球。付加価値を生み出す

 

感想

とうとうコウシロウ君に地検の手が伸びてしまいました。手引きをしたのはノーリさんのようですが、これはコウシロウ君のことを思って、と考えていいのでしょうか?それとも見放したのでしょうか?コウシロウ君、ノーリさんにとんでもない態度だったので、自業自得かもしれません。

でも、先週、4話でも地検で話がされましたが、地検は小物には興味がありません。狙いはアキバさんか越中さんです。アキバさんは悪いことはやってないと思うのですが、越中さんは果たしてどうなのでしょうね?

ずっと名前だけ出ていた大手事務所のパトリオットプロの社長が出てきました。嶋田久作さんです。最近見かけたのは、『半分青い』の100円ショップの店長でした。だから怖いイメージが薄れていたのですが、もともとは悪い役がお得意でしたね。今回もかなりの怖さです・・・

エイリちゃんがどんどんコウシロウ君の手の届かぬところに行ってしまいますね。先週の記者会見では驚いただけだったのに、今回雑誌の表紙を飾ったことで、再びエイリちゃんに連絡する気満々のコウシロウ君。テレビ局に現れたのは待ち伏せしていたのでしょうか?社長業はやっているのでしょうか、コウシロウ君・・・

中央テレビの上層部の中で、柏葉常務はましな方かと思っていたのですが、この人も同じレベルか、それ以下かもしれません・・・・辻井宏之の遺稿が見つかったことで、大騒ぎしていたテレビ局ですが、どうやら偽物らしい。唯一判別できる麻布さんによると、こんなつまらない脚本読んだこともない、というレベルです。それが見抜けなかったアカツカサさんや高木さん。こんな人たちに、大きな仕事を任せているんですね。本物でも嘘かはどうでもよく、世間がそう思うことが大切なのだと柏葉常務。中央テレビのお先は真っ暗です・・・

スポンサードリンク



関連記事

no image

新しい王様 Season2 3話 あらすじ感想 アキバの方が100倍おもしろい。「サイを殺すな!」

女優Aはアサクサと婚約。その発表を見て、越中とアカツカサは大喜びでダンスを踊りました。その勢いで、先

記事を読む

no image

新しい王様6話 あらすじ感想 アキバと越中の対決。窮地に陥ったエイリ。

海中カジノ建設に反対する環境保護団体。実はアキバが運動に多額の寄付をしていたことが判明。越中はアキバ

記事を読む

no image

新しい王様 Season2 4話 あらすじ感想「地球から月までの距離は?」エイリが主役に!

アキバは、寿命を倍にするアプリ『エンメードクターDX』を、越中に税込み100億円で売りました。プラス

記事を読む

no image

新しい王様4話 あらすじ感想 寿命を1日延ばす値段。不老と不死はセットで。

鋼鉄グランパが亡くなったことで、アキバは寿命を売るビジネス構想に着手しました。エイリは越中からの投資

記事を読む

no image

新しい王様Season2 6話あらすじ感想 越中の裏切りとエイリのスキャンダル

アキバと越中の中央テレビの買収はほぼ成功と思われたころ、突然、越中が中央テレビの株を売ると宣言しまし

記事を読む

no image

新しい王様Season2 7話 海中カジノまで売る越中。エイリの引退とコウシロウ逮捕

中央テレビ株を売った越中は、その資金を元手に、海中カジノへの出資者を集めたあと、海中カジノの売却を宣

記事を読む

no image

新しい王様2話 あらすじ感想 ナースに投資を申し出る越中

とにかく上場したいコウシロウ君。付加価値を高めるために、熱心にパーティーに参加し、自らも主宰を繰り返

記事を読む

no image

新しい王様7話 あらすじ感想 再び飛んだエイリの生死は?アキバをパンダに。

越中の海中カジノは、環境保護団体がデモを繰り広げ、連日テレビで報道されます。そのため、銀行からの融資

記事を読む

no image

新しい王様 Season2 2話 あらすじ感想 編集を防げ!着替え続けるアキバ

アキバと越中の中央テレビ買収を防ぎたい上層部は、凄腕の記者・サコタに二人のスキャンダルを探らせること

記事を読む

no image

新しい王様3話 あらすじ感想 生中継を奪ってアキバが吼える。ネットもテレビも信用するな!

エイリに興味を持つ越中。お金で買えないものはないということを証明するために、行列のできるパンケーキ店

記事を読む


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ohcbxvri/public_html/ruriblue.com/wp/wp-content/themes/stinger3ver20140327-3/single.php on line 124

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



ラウールジャニーズの兄弟構成!ハーフでスペイン語は話せる?本名も紹介!

Snow Manラウールさんに注目します!金髪にしてからますます存在感

宮舘涼太の大学はどこ?妹や身長体重、アレルギーも調査してみた!

Snow Manのだて様こと宮舘涼太(みやだてりょうた)さんに注目しま

ホワイトデーのお返しに花の意味は?一輪や花束、飴など意味の一覧も!

バレンタインデーのお返しとして、花を贈りたいとき、花言葉などを気になり

ラウールジャニーズの高校はどこ&転校した?ダンスがうまい動画と年齢身長も紹介!

今回はSnow Manメンバーのラウールさんに注目します。メンバーの中

靖国神社桜祭り2020屋台はいつからいつまで?出店と混雑やトイレについても!

靖国神社は桜の木が500本もあり、さらに桜の開花情報を伝える標準木があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑