ハケン占い師アタル 1話 あらすじ感想 一番大切な愛は、自分に対する愛。

公開日: : ハケン占い師アタル

生まれて初めて働く的場アタル。派遣社員として、神田和実の働くイベント会社Dチームにやってきました。アタルは、なんにでも興味深々。すべてを珍しがって写真を撮りまくります。

1週間後のイベントに、部長のごり押しで、赤ちゃんを50人急遽用意することに。慌ただしくなるDチーム。迎えた当日、記念品に急遽メッセージカードを添えることを思いついて徹夜した和実は、失敗して、イベントを台無しにしてしまいました。

責任を感じる和実。実は同棲中の司法浪人の彼の子を妊娠中。中絶を迷った和実は、天才占い少女の動画をみて、アタルと確信します。アタルに頼み込んで観てもらった和実。原因は子供のころに、クラスメイトに言われた言葉の誤解でした。

アタルのおかげで決断ができた和実。イベントの参加者のお母さんが、和実の手書きメッセージカードに感激したことで、汚名も挽回しました。和実は、アタルに友達になってほしいと頼みます。喜ぶアタルですが一言言いたいことが。「占いのこと、人に言ったらぶっ殺すから。」

スポンサードリンク

派遣社員アタルと和実

見失っている大切な何か

キズナ(若村麻由美)『働く人にとって、今は大変な時代なの。自分らしく生きようとしても、慌ただしい毎日に追われ、立ち止まっている暇もないし。大切な何かを見失っているかもしれないのに、取り残されるのが怖いからどうする事もできない。大丈夫よ。苦しんでいるのはあなただけじゃないから。』

『例えば彼女。社会人になって3年。毎朝早く起きては、司法浪人の彼のために食事を作って出かける毎日。彼女の欠点は、自分の決断に自信が持てない事』

『そんな彼女、名前は神田さんにしときましょうか。彼女には誰にも言えない秘密があるの。』

 

派遣社員・アタル

シンシアイベンツ制作Dチームの神田和実(志田未来)。司法浪人の同棲相手に毎朝食事を作ってから出勤します。とにかく自分の決断に自信のない和実。

ある朝、出勤時に、電車のドアを迷っていたらギリギリになってドアに挟まってしまいました。そこを助けてくれたミステリアスな女性・的場アタル(杉崎花)。今日から同じ職場で働く派遣社員でした。

生まれて初めて働くアタルは、すべてのものに興味津々。一つ一つ写真を撮ります。

 

イベントに赤ちゃんが必要

50人の赤ちゃん

来るとろくなことがないという代々木部長(及川光博)が現れ、来週のスマイルベビーのイベント。先方の希望で、赤ちゃんを50人ほど急遽集めることになりました。その数に青くなる、Dチームの一同。

課長の大崎結(板垣由夏)が何とか断ろうとしますが、代々木に押し切られてしまいました。

主査の上野(小澤征悦)は、怒りを露にしますが、コネ入社の目黒(間宮祥太朗)は楽天的。田畑友代(野波麻帆)は、残業はしないと冷たく言い放ちます。

とりあえず30分後にミーティングをすることにしました。アタルは議事録係です。

50人の赤ちゃんを集める案に、みな反対ですが、チームの売り上げが悪く、次の決算までに結果を出さないとと、大垣は言います。会場のレイアウト、赤ん坊の控室、薬やマスク、ナース派遣会社、薬局とやること、必要なものを挙げていきます。

50組の赤ちゃんはSNSで募集、会場近くの保育園も回ることにしました。今回の運営は、初めて和実に任されたのですが、人の意見に賛成ばかり、自分の意見を出さないので、上野に文句を言われました。

会議室に他のチームが予約したとやってきて、Dチームは追い出されます。会議室を押さえた和実のミスでした。

 

Dチーム

アタルと昼食を一緒にとる和実。皆の話をしながら食事をします。

課長の結は、部長とチームの板挟み、みなに気を使っています。上野と結は同期。昔は、上野の方が上司だったので、今でも結に偉そうな態度を取ります。

品川一馬(志尊淳)は上野のアシスタント。仕事が楽しくなく、無理ですといつも言います。

田畑は、仕事はできるのですが、いつもピリピリしていて、残業は一切しません。目黒は、取引先の社長の息子。皆に扱いづらく思われ、いつも発言をスルーされます。

 

赤ちゃんが見つからない

会場近くの保育所を訪ねたアタルと和実ですが、赤ちゃんは見つからず、戻ってきました。

チャイム『お疲れさまでした。仕事を終えた人は早く帰りましょう。』

田畑はさっさと帰ろうとしましたが、上野に、この非常事態に、と文句を言われました。しかし自分の仕事はこなしたと田畑は帰ってしまいました。

結は、今日はノー残業デー。結は残業ですが、皆は帰っていいと言いました。

 

和実の妊娠を見抜くアタル

アタルの歓迎会

今日は、アタルの歓迎会をしてくれることになりました。上野はご機嫌で一人で話していますが、みな、黙り込んでスマホを触っています。ビールを断ろうとした和実ですが、上野に歓迎会だからと押し切られてしまいます。メニューを取りにいったアタルがビールを運んできました。和実に、「ノンアルコール」にしておいた、とささやきました。

一人でご機嫌で話し続ける上野。和実は、同棲中の彼が「腹減った」とメッセージを送ってきて困っています。突然、テーブルに突っ伏したアタル。これはまずいとお開きになりました。

助かったと喜んで帰る和実。彼は、腹減って勉強にならないと、ゲームをしています。その彼をみて「赤ちゃんが・・・・」と言いかける和実ですが、彼の様子をみて、今度赤ちゃんのイベントをやることになって大変と笑ってごまかしました。

 

代々木部長にエレベーターを奪われる

翌朝、エレベーターを待つ和実と結。結は、産休の間に、居場所がなくなっていて困っているところを、今の会社に誘ってくれたのが、佐々木部長だと教えてくれました。その佐々木が現れて、自分にとって最も大切なのは部下といいます。

ようやく来たエレベーター。さっそく乗り5階を押そうとすると、佐々木に、社長が来たからと、エレベーターから追い出されてしまいました。社長の娘に、と誕生日プレゼントを渡す佐々木。

佐々木が、重役の家族の誕生日や結婚記念日まで覚えていると聞いて驚く和実。親会社からの出向で、早く戻りたいから必死なのだと言います。

アタルはもう出社して伝票整理をしていました。初めての伝票整理と写真を撮るアタル。手早く仕事をする様子に和実は驚きました。

結は、5人赤ちゃんを集めていて、田畑も3人集めました。礼をいう和実ですが、礼を言っている暇があれば、自分でも集めて来いと田畑に言われてしまいました。

 

初めてのトラブル

何とか60人集まった赤ちゃん。和実は、結局一人も見つけられず、上野に文句を言われました。当日の仕事を割り振っていきますが、参加者に渡す記念品がまだ届いていません。メールをチェックすると、こちらから取りにいく手はずになっていたので、和実とアタルは急いで取りに行きます。

なんだか楽しそうなアタル。初めてのトラブルを楽しんでいるのです。記念品は3つ。何か袋を買いに行くアタルと和実。せっかくだからメッセージカードもつけることに。楽しそうに買い物をする和実をみて、微笑むアタル。

和実は、ラッピングをアタルに手伝ってもらいます。和実が1つラッピングしている間に、アタルは山のようなラッピングを済ませていました。「単純作業大好きなんで。」ラッピングが終了、イベント用の箱に入れて、作業は終了しました。

しかし何かを思いついた和実。アタルは先に帰りました。

 

イベントで大失敗

翌日、イベント会場の用意をするDチーム。記念品を運んできた和実。昨日と同じ服で徹夜した様子、やり残したことがあったのだと言います。参加するお母さんに記念品を渡すアタルと和実。

クライアントが到着したので赤ちゃんを入れるようにと、結が指示しましたが、赤ちゃんが5人足りません。数をごまかすわけにはいかないと言われ、モールで買い物中の赤ちゃん連れにイベントに参加してもらうように、皆で頼みました。

和実が頼むと、みなに断られてしまいましたが、そこへ現れたアタル、あの人なら大丈夫そう、と教えてくれました。無事、赤ちゃんの数が集まり、イベントが始まりました。

泣き始める赤ちゃんたち。事前に調べた、それぞれの対策に合わせて、何とかあやそうとします。クマのぬいぐるみ、鏡、鼻に息。

50人の赤ちゃんとのフォトセッションの時間。しかし、何人かは泣き止みません。そこへ、アタルが赤ちゃんの前へ。泣き止んだ赤ちゃんたち。

急いで笑顔の赤ちゃんたちと写真を撮ろうとした瞬間。寝不足の和実がよろけて、コードにひっかかり、風船を割ってしまいました。びっくりして大泣きする赤ちゃんたち。

 

子供ができたことを彼に告げる

代々木に怒られる和実。

「今、誰が一番傷ついてるか、わかってる?君じゃないよ。俺だよ、俺!」

入社3年目の和美の名前も覚えていない代々木。結が、わざとミスしたわけじゃないとかばいますが、怒りのおさまらない代々木。

「クライアントもカンカンなんだよ。あんな事になるなら、なんで50組も赤ちゃん呼ぶんだって。」

どの口が言う、と上野。自分からも注意しておくから、この辺で、と結は場を納めました。

帰宅した和実。彼に、子供ができたことを告げると、産んでもいいと言われます。代わりに働くという彼ですが、まだ何の資格もなく、いい会社に就職できるかわからない、子育ても大変だし、教育費もかかる、自分が司法試験に受かるまで待った方が賢明と言われました。

 

あなたを見ます。

天才占い少女

病院に来た和実。妊娠したけど仕事がやめられない、占い、と検索して、『どんな悩みもズバリ解決する天才占い少女』をクリックします。それを見て目を見張る和実。病院は止めることにしました。

エレベーターから降りてきたアタルに、「これ、あなただよね。」とスマホを見せます。

サングラスをかけている女の子。母親が、相手の人についている霊とか見えるから、普段はサングラスをつけていると言います。女の子をアタルと呼んでいました。

自分のこともみてほしいという和実。アタルはもうそういうことはしない、とトイレに逃げ込みました。

追いかけて頼み込む和実。病院には中絶手術のためにいったのです。彼は司法試験に受かるまで無理、自分はまだ入社3年目で産休は取れない。田舎の両親にも頼れず、頼れる友達もいない。昔から自分の決断に自信が持てない和実。自分の運命を自分で決めるなんて、そんな大変なこと無理だと泣き出します。

会社を辞めて、子供も下ろして、田舎に帰るという和実。アタルが出てきました。「わかりました。あなたを見ます。」

 

一つ目の質問

空いている会議室に入るアタル。急に態度が変わり上から目線。占い料は10万。払えないだろうから今回は特別、質問は3つまでと言いました。
一つ目「なんで私は友達ができないんでしょう?」

和実に顔を寄せるアタル。

周りが暗くなり、大きな目の形のようなスクリーンが現れて、子供時代の和実が映し出されました。スクリーンの中に入っていくアタル。

女の子たちが歌いながら笑っています。

♪なんでだろう?なんでだろう?なんでだろう?なんでだろう?♪

「あとさ、あとさ、うちの担任の着てる服、いつも汚れてるのって。」
♪なんでだろう?なんでだろう?なんでだ?なんでだろう?♪

笑い声。

「前から思ってたけど。神田さんってさ。くさいよね。」「くさいよね。くさいくさい!」「神田さんがくさいのって。」

♪なんでだろう?なんでだろう?なんでだ?なんでだろう?♪

笑い声

臭いと言われて、それ以来香水が手放せなくなった和実。しかし、くさいと言われたのは、嘘くさい笑いなのでした。

アタル「笑いたくないなら無理に笑わない。笑いたいなら思いっきり笑う!今のままだと心がすり減って、あんた一生友達なんかできないよ。」

 

一番大切な愛がない

2つ目の質問は、この仕事に自分が向いているか。しかし、アタルはそれは自分が決めることと言いました。

3つ目の質問は、どうしていろいろな事が決められないのか。

アタル「要するに、あんたには愛がないんだよ。」

アタルの言っているのは周りへの気配りではなく、一番大切な愛、自分に対する愛でした。
「あんたさ、人に胸を張れる事は一つもないと思ってるかもしれないけど、それ違うから。そんな人間、この世界に一人もいないから!誰にでも必ずあるんだよ。自分にしかできない事が。」

占いはすんだので、アタルはさっさと仕事へと向かいました。

 

占いのこと、人に言ったらぶっ殺すから

和美の決断、妊娠を報告

和実が出社すると、上野たちがイベントのことを話していました。和実をかばう人、文句を言う人。和実は黙っています。

唐突に、妊娠したことを和実は告げました。相手は司法浪人。結婚はない。実は、保育士になりたかった和実。大変そうと諦めて、内定をもらえた会社が今の会社なのです。

彼が司法試験に受かったら専業主婦になるつもりだった和実ですが、妊娠して、昨日ミスして、この会社にいられないかもと思ったら、初めて悔しくなった。迷惑をかけるけど一緒に働きたい、赤ちゃんも産みたい、と和実は自分の気持ちを伝えました。

 

メッセージカード

そこへ代々木が入ってきました。イベントの記念品のセットのことで、クライアントから電話が来ているのだといいます。てっきり苦情だと思って、電話にでると、記念品に入っていたメッセージカードをお母さんたちがとても喜んだと礼を言われたのでした。

一真が調べると、インスタでも評判になっていて、ホームぺージの応援コメントも増えていました。とたんに態度を翻し、クライアントに、メッセージカードは、自分がいいアイデアと背中を押したと言う代々木。

結は、和実が一人一人違うメッセージを書いたことに気づきました。それで時間がかかって、徹夜して遅刻したのです。

『アトピー早くよくなるといいですね。』『今日はお誕生日。おめでとうございます。』『働きながら子育て尊敬します。』

これは、和実にしかできないこと、皆で、和実をサポートしようと結は言ってくれました。

目黒「ガッテンです!よく決断したね。偉い!」

上野「覚悟しとけよ。俺は気ぃ使わないからな。」

品川「俺は、こっちに迷惑かけないでもらえればそれで。」

部長にはとりあえず内緒ということになりました。

 

初めての友達

アタルを追いかける和実。アタルに礼を言いますが、アタルは決めたのは神田さんと言いました。エレベーターが到着して、よろける和実。実は、彼から別れ話を持ちかけられてしまったのです。子供は一人で育てるつもりです。

和実「これから、仕事以外の事でも電話とかしていい?」

アタル「それはもしかして、友達になるって事ですか?」

初めての友達、アタルは嬉しそうに笑いました。

「あっでも。」

サングラスをかけるアタル。「占いの事、人に言ったらぶっ殺すから。」

 

感想

杉崎花ちゃんが超能力少女です。働くのは初めて、すべてのことを楽しみ、写真を撮ります。最初は皆少なからず同じ気持ちなのでしょうが、年月を重ねるにつれて、薄らいでいく気持ち。長年勤めている人からすると不思議な人にしか見えないんですね。

最初のサングラスの杉崎花ちゃん、すごかったですね。本人だと知っていても、信じられませんでした。

笑顔を絶やさない神田和実さん、何かにつけて人の言葉に同意し、賛成し、でも自分というものを持っていない。お腹に赤ちゃんがいて、お酒も飲めないのに、ビールと押し切られてしまいました。上司の上野さんも強引ではあるのですが。それを察したアタルちゃん。ビールを6人分、見事に両手で運んできて、和実にはノンアルコールをさりげなく出してくれました。

和実さんの彼は司法浪人。でも彼女に頼る気まんまんで、夕食なんて自分で用意できるのに、ゲームをやっている、かなりクズですね。甘やかしすぎなので、これは別れて正解です。

偶然、アタルちゃんが天才占い少女だと知ってしまった和実ちゃん。追い詰められて、アタルちゃんに占いを頼み込みました。すると人が変わったかのような変貌ぶり。あの笑顔と、人当たりの良さ、人懐っこさは仮面だったんですね。

アタルちゃんに、ずばずば的確に指摘してもらって、決断をした和実ちゃん、これからは職場の人ともっと自分らしくやっていけそうです。

来週は皆が避けている間宮祥太朗さん演じる目黒円さんの回になりそうですね。取引先の息子で、皆が避けたがる、でもものすごく楽観的な人物。どのようなお悩みなのでしょうか?

心がほっこり、気軽に楽しめるお話です。

スポンサードリンク



関連記事

記事はありませんでした


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ohcbxvri/public_html/ruriblue.com/wp/wp-content/themes/stinger3ver20140327-3/single.php on line 124

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



ラウールジャニーズの兄弟構成!ハーフでスペイン語は話せる?本名も紹介!

Snow Manラウールさんに注目します!金髪にしてからますます存在感

宮舘涼太の大学はどこ?妹や身長体重、アレルギーも調査してみた!

Snow Manのだて様こと宮舘涼太(みやだてりょうた)さんに注目しま

ホワイトデーのお返しに花の意味は?一輪や花束、飴など意味の一覧も!

バレンタインデーのお返しとして、花を贈りたいとき、花言葉などを気になり

ラウールジャニーズの高校はどこ&転校した?ダンスがうまい動画と年齢身長も紹介!

今回はSnow Manメンバーのラウールさんに注目します。メンバーの中

靖国神社桜祭り2020屋台はいつからいつまで?出店と混雑やトイレについても!

靖国神社は桜の木が500本もあり、さらに桜の開花情報を伝える標準木があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑