新しい王様7話 あらすじ感想 再び飛んだエイリの生死は?アキバをパンダに。

公開日: : 最終更新日:2019/03/12 新しい王様

越中の海中カジノは、環境保護団体がデモを繰り広げ、連日テレビで報道されます。そのため、銀行からの融資も渋られ、支援者にも離脱の動きが見られます。越中は、注目を集めているアキバと手を組もうとしましたが、客寄せパンダにはならないと断られました。

一方、闇金に捕まり風俗で働かされていたエイリ。エイリの行方を心配したアキバは、越中に、賭けに負けた代償として、行方を探し出すように頼んでいました。その役割を担ったのはコウシロウ。コウシロウはノーリに助けてもらい、エイリの店を突き止めます。コウシロウが駆け付けたその時、エイリは隙を伺って逃げる最中。追い詰められたエイリは非常階段から再び飛びました。

スポンサードリンク

エイリの居場所

お金儲けはいけません

闇金業者を訪れたアキバ(藤原竜也)。三井エイリ(武田玲奈)の居場所を尋ねますが、債務を引き受けるのかと逆に訊かれます。闇金に金返すほどバカじゃないというアキバ。男たちがつかみかかりましたが、アキバは振り切りました。

責任者らしい男が弁護士に相談しても無理だと言います。

アキバ「弁護士に相談するくらいなら、あんたたちの金主になってここごと買い取る。お前らもお金が欲しいのか。お金儲けがしたいのか。お金儲けはいけません。本当に大切なものはお金では買えないよ。」

静かにそう言って出ていくアキバ。男たちは黙ってみています。

エイリが飛び降りた非常階段から、下を見下ろすアキバ。

 

エイリは監禁中

風俗店で働かされているエイリ。闇金の男が、下着姿のエイリから受け取った金を数えています。携帯は返してほしいと頼みましたが、余計なことを考えるからと返してくれません。

10日後、と言って、男は立ち去りました。

スポンサードリンク

 

アキバと越中の勝負

本チャンの賭けの前に賭けを

アキバは、越中(香川照之)の勝負を受けて立ちました。負けた方が勝った方の要求を一つ聞くのです。

越中を呼び出したアキバは、まず何の賭けをするのか賭けで決めようと言います。越中のお得意のすし屋のネタの値段をあてるのは、完全にインサイダー、フェアなゲームをしようと提案しました。「まずは最初に違う賭けをして、買った方が本チャンの賭けのルールを指定できるっていうのはどう?」

越中「面倒だな。ま、いいだろう。それで最初に賭けはどうするんだ?」

アキバ「これからAIに言葉を一つ言わせる。それを自分に当てはめて・・・」

越中「おうおう!多く持っているほう。」

アキバ「いや、それ止めようよ。越中さん、所有するとか買うとか大好きだから、俺が不利じゃん。ユニークな方にしようよ。」

越中「わかった。」

 

越中のイカサマ

携帯に話しかけるアキバ。「なにかある?」

「携帯の検索履歴はどうでしょう?」

越中の検索履歴は、港区、個室フレンチ。

アキバは、コンゴ民主共和国にアランパ国立公園。キタシロサイの生息地とアキバは説明しました。

アキバの方がユニーク。最初の賭けはアキバの勝ちです。

しかしババ抜きを提案する越中。「3枚ババ抜きならイカサマはできないだろう。」

カードを3枚出して、「1枚引け。」と言いますが、アキバが3枚とも裏返すと、全部ジョーカーでした。舌打ちする越中。

アキバが携帯に話しかけます。「何かいいクイズある?」

「キタシロサイが好きなえさの中で、もっとも・・・」

越中「いいよ!」

 

生命にも人生にも制約は大事

黒板には、『不老不死』『プラトン主義「不死」』『キリスト教「永遠の命」』『オンライン上の不死』『生命の創造/部品としての生体』『人間とコンピューターの合体』『ゲノム』と並んでいます。

それを研究者と見ているアキバ。

「不老不死か、会社にも生き物にも星にも寿命はある。長生きはしたいけど永遠に死なないってのもなあ。」

研究者「高いシャンパン、何杯飲んでもいいって言われてがぶがぶ飲むよりも、1000円札何枚か握りしめて、帰りの電車賃引いて、あと何杯飲めるかな、ってちびちび飲んだ方がお酒はおいしかったり楽しめたりするんだ。ここまでっていう制約は大事だよ。生命にも人生にも。」

アキバ「いいこと言うね。説得力があるなあ。もしかして酔ってる?」

 

テレビ局にはまだ夢が残っている

テレビ局にはまだ夢が残っている

ドラマの同僚役は女優A(夏菜)に。棒読みの演技にスタッフはあぜんとしますが、アカツカサ(八嶋智人)と高木部長が悪くないと言うので、スタッフたちは何も言えません。

アカツカサ「まあ、いいじゃない。別に本筋に関係のあるシーンじゃないんだから。」

その収録シーンを見ていた桜島(モロ師岡)は、麻布(石黒賢)と屋上で話しました。麻布は謝りますが、業界で長い桜島は、こんなことはいくらでも経験してきたと言います。ただ、出演を楽しみにしていた新人のことを気にしています。

「でも言いました。何を泣いているんだ。これがテレビの世界の現実だ。どんな世界も甘い話はない。それを乗り越えなきゃ夢は実現できない。だってね、弱小プロダクションだって邪険にされても、麻布さんみたいな人を異動させてしまっても、私はまだ、テレビ局には夢が残ってるって信じていますよ。」

麻布「はい。」

 

約束

約束を果たしたというアカツカサ。こっちの件も、と越中に頼みますが、ドラマの役は主役ではありません。さすがに無名の女優を主役にできないというアカツカサ。

越中「たかがテレビドラマでしょうが。1回くらい主役に突っ込めるだろう。」

アカツカサ「たかがっておっしゃいますけど、ドラマにしろ、バラエティにしろ、テレビ番組ってのはこれはこれで巨大な利権が絡むビッグビジネスなもんで、そう簡単には・・」

怒鳴りだす越中。アカツカサは、携帯を耳から離しました。

「俺を誰だと思ってるんだ。このサラリーマンが!ドラマなんて1本いくらだ?数千万の予算で1クール数億円のビジネスだろう。うちのファンドの規模はな、お前ら貧乏人には想像もつかないだろうが、うん千億円だぞ!さっさと言うこと聞かないとお前のトンネル会社、愛人ごとバイアウトするぞ!」

電話を一方的に切った越中。終わったことに気づいてアカツカサは携帯をしまいました。

「これだから素人は困るんだよ。絶対無理ある。」

 

竜巻のフェイク映像をアキバと疑う本山

本山(相島一之)は、アキバと面識のある西岡英美(高橋メアリージュン)に、竜巻のフェイク映像のことでコメントを取ってくるように指示しました。必ず裏にはアキバがいると言うのです。「こういったフェイクはあいつのお得意技だからな。」

反論する西岡。「あの竜巻ではけが人もでているんですよ。アキバさんはこういうことはしないと思います。」

いいから取ってこい、という本山にさらに反論する西岡。本山は、他の奴に頼むと言いました。

最近の不祥事続きを嘆くユウコ(真魚)「中央テレビ大丈夫っすかね、総取っ替えしないと変わりませんよ。この会社。」

 

ばっさり切られたコメント

西岡が、再びアキバをコインランドリーに訪ね、不満をぶちまけます。

「アキバさん、テレビでも言いたいこと言うんで、中央テレビの上の方は、正直、出したくない人もいるんですけど、アキバさんが出ると視聴率があがるんで、そこは黙認。おかしくないですか?」

アキバ「そういえば中央テレビの記者が、竜巻のニセ映像、ネットにあげたのおれじゃないかってマイク向けてきた。」

記者「アキバさん!竜巻被害のフェイク映像もアキバさんが仕掛けたんですよね。」

アキバ「やってません。やるわけないじゃないですか。俺は負傷者が出た災害をネタにするようなことはしない。俺が ネットに上げるのは九州とアフリカ大陸を入れ替えた日本地図とか、架空の大学の架空の教授が架空の店の文句をつぶやいたりする、誰も傷つけない情報です。そういうのはどうだっていいじゃないですか。」

しかし、実際に流れた動画では、アキバのコメントはばっさり切られていました。

アキバ「やってません。やるわけないじゃないですか。そういうのはどうだっていいじゃないですか。」

アキバ「これじゃ、けが人が出た竜巻災害のことを、俺がどうだっていいみたいに言ってるように聞こえるよね?」

うなずく西岡。

スポンサードリンク

 

アキバと手を組みたい越中

海中カジノ事業の停滞

越中ファンドの前では、連日デモ。環境保護に便乗して過激な宣伝車も来て、さらにテレビクルーが取材してあおるので、収拾できない事態です。銀行団の上層部が、こういう情勢だからと、融資を渋り、出資を考え直す参加者も出てきました。

若生は、世間のイメージを変えるため、越中に積極的にマスコミに答えるようにと提案しますが、海洋生物が数匹死んだくらいで自分が出る必要はない、と越中は強気です。

ケイマン諸島の会社を使って、中央テレビの株を買い漁っているのは、日本人、個人でした。アキバが越中のやりかたを非難するインタビューの映像を見て、宮崎は、アキバを味方に引き入れることを提案しました。

 

越中の買収

越中から会いたいと連絡が来たアキバ。指定した場所は、夜、人気の無いベンチでした。

越中「なんでこんなとこに呼び出すんだよ!」

アキバ「用件ってなに?」

越中「海中カジノの事業が停滞しているんで、最近ある会社の株を大量に買いすすめていて、買収しちゃおうと思ってるんだよ。どこの会社か気にならない?」

無関心のアキバ。聞いたらインサイダーになると言い、両手で耳を押さえました。しかし隙を狙って、「中央テレビ」と怒鳴る越中。

アキバ「言っちゃたよ。聞いちゃったよ。」

アキバの肩を後ろからつかんで「どう組まない?共同買付者。共同保有者ってことで。表立って手を組めば、もうインサイダーじゃなくなるよ。」

腕をすりすりする越中。

 

ビジネスパートナー・客寄せパンダ

特に中央テレビは、不祥事続き、視聴率不振で、株価が下がっているので買い時なのです。これから、テレビはネットと共存融合が必要と考えるアキバ。しかし、地上波の放送枠の価値、宣伝力は無視できないものがあると越中。

越中「ネットビジネスのために、テレビ局1つ所有してても損はないんじゃない?しかもテレビ局ってのは、地上波とかBSだけじゃないんだ。いろんなものがくっついてくる。過去ドラマ、バラエティーのライブラリー、キャラクター、イベント事業、一等地の不動産。買収するなら株価が安い今がねらい目だよ。」

「しかし、くさってもテレビ局だ。私一人じゃ買収するには限界がある。だから私のビジネスパートナーになってくれと、こうやって頭を下げてお願いしてるんだよ。同士だと言ってもいいな。」

偉そうに頼む越中。

しかし、人望も人気もない越中が、自分を客寄せパンダに使うつもりと見抜いたアキバ。

「俺、パンダに興味ないから。絶滅の危機に瀕しているサイやトラのこと考えたら、パンダが動物園ででんぐり返りしようがどうでもいい。」

一緒に世の中をあっと言わせてみないか、という越中に、アキバはダサいと返します。

「それよりさ、越中さん、あんた俺との賭けに負けたよね。早く俺の言ったこと実行してくれる?」

 

コウシロウの失恋

プロポーズを断られるコウシロウ

コウシロウは、夜景を見ながら、サオリ(泉里香)に指輪を差し出しましたが、断られてしまいました。撃沈し、地面に横たわるコウシロウ。そこへ越中から電話がかかってきました。

例の件、どうなった、と訊かれますが、コウシロウはいろいろ忙しくてと言い訳します。

越中「バカやろう。お前、人脈が命なんだろう。さっさと明日中に片付けろよ。お前、自分の立場分かってんのか?社長だといい気になってるらしいがな、私が出資して、お前の会社の株はほとんど私のものなんだよ。お前の会社じゃなくて、私の会社なんだ。言うこと聞かないと会社から追い出すぞ。」

 

まだまだ納得しない女優Aの事務所

弁護士は、先方は納得していない、約束はドラマの主役と言います。今、これがテレビや週刊誌で騒がれたら、越中ファンドにとっては大打撃、何とか金銭面で折り合いをつけようと提案する弁護士ですが、越中は、金はこれ以上出さないと言います。

越中「要は女優Aが主役になればいいんだろう。主役だよ。主役、主役。」

弁護士「それは無理なんじゃないんですか?」

越中「私には私のやり方がある。どいつもこいつもパニッシュしてやる。」

中央テレビの株は、竜巻映像の取り違え事件と、元社員の横領発覚以来、低数字を維持。越中は、さらに買い続けるようにと、社員たちに指示していました。

 

サオリの結婚

ノーリ(芦名星)の知り合いの男に、エイリを拘束している闇金のことを尋ねるコウシロウ。通じている風俗店をいくつか調べてみると言います。コウシロウは今日中にと頼みました。

ノーリ「あのエイリって子、可愛いとこあったもんね、闇金から救い出そうなんて優しいね。」

コウシロウ「金持ちのわがままに付き合わされてるだけだ。」

ノーリ「お金持ちのわがままっていえば、あのセレブの真鍋さん、離婚してていつの間にか若い奥さんもらうんだってね。社長も知ってるサオリって子と。あの子、育ち良さそうで清楚な感じだったけど、金持ってる男選ぶんだねえ。」

スポンサードリンク

誰かにゆがめられ改変されるテレビ

ババ抜きのババ

テレビ局に来ているアキバ

司会者「今日はヒマジョブを始めとするアプリの開発者、フェイクニュースの仕掛け人としても、再び熱い注目を浴びている実業家、環境保護にも大変熱心に取り組んでいらっしゃる秋葉新さんにお越しいただきました。」

『新時代のメディアを問う テレビ離れの本質とは?』

アキバ「これからの時代の中央テレビについて大いに語っていいかな。チェックしていないことが、九州がアフリカになっていることでわかる、というババ抜きのババみたいな日本地図を、本物の日本地図として流した。中央テレビはあれから何にも成長してない。」

 

取材したものをゆがめたり改変はやめよう

「今回の竜巻映像もそうだ。ニセ映像をつかまされて放送したあと、俺にコメントを求めに来たんだけど、俺のコメントはひどく編集された。」

「それって自分たちのチェックミスをごまかすためなんじゃないか。これからも注意すればすぐにウソと見抜ける、どうでもいいフェイクは流すから気をつけて。ネットには、嘘やデマが溢れている。それをそのまま裏どりなんてほとんどしないで、ニュースでございます、みたいな感じで流して、金儲けするネットメディアもあるから。」

「テレビのニュースを借用してきて、落書きみたいな噂話を裏も取らずに流してみたり。確かにでたらめばかりだし。逆にテレビがそれをうのみしたり、無批判に取り上げるのは違うでしょう。」

立ち上がるアキバ

「テレビはまだまだ信用されている。まだまだ期待されているんだから。俺のことが面白かったら追っかけてきて取材してくれればいい。面白くなくなったら忘れてくれていい。でも取材したものをゆがめたり、改変したりはやめようよ。そんなことばっかりしてたら、いつかテレビ局やテレビそのものが誰かにゆがめられたり、改変されてしまうよ。」

 

再び飛んだエイリ

エイリの居場所が判明。『キャッツアイ』というセクキャバ。越中にさっさと連れて来いとコウシロウは命じられました。

携帯も取り上げられ、寮までの送り迎えも見張りつき。客の相手をしながら、逃げ出す隙を伺っていたエイリは、男が携帯に出た隙をついて、店から飛び出しました。

エレベーターで上に上がってきたコウシロウ。エイリが逃げるところを見つけました。「エイリ!」

男が追いかけていきます。その二人を追いかけるコウシロウ。

非常階段を降りるエイリ。踊り場で追いかけてきた男ともみ合います。コウシロウが非常階段に出てきました。踊り場から身を投げたエイリ。慌ててコウシロウが下を見下ろすと、地面にはエイリが倒れています。

コウシロウ「エイリーーー!」

生放送を終えたアキバに、越中から電話がありました。

「アキバくん、賭けに負けた約束は果たしたよ。結果はともかくとして。」

越中は電話を切り、ため息をつきます。アキバの顔も固まりました。

 

シーズン2 4話はこちらです。新しい王様 Season2 4話 あらすじ感想「地球から月までの距離は?」エイリが主役に!

シーズン2 3話はこちらです。新しい王様 Season2 3話 あらすじ感想 アキバの方が100倍おもしろい。「サイを殺すな!」

Season2 2話はこちらです。新しい王様 Season2 2話 あらすじ感想 編集を防げ!着替え続けるアキバ

シーズン2 1話はこちらです。新しい王様 Season2 1話 あらすじ感想 角のないサイが生きる世界

8話はこちらです。新しい王様8話 あらすじ感想「言っちゃった、聞いちゃった」手を組むアキバと越中。

 

6話はこちらです。

新しい王様6話 あらすじ感想 アキバと越中の対決。窮地に陥ったエイリ。

5話はこちらです。

新しい王様5話 あらすじ感想 フェイクツイート大炎上はアキバのジョーク。

4話の感想はこちらです。

新しい王様4話 あらすじ感想 寿命を1日延ばす値段。不老と不死はセットで。

3話の感想はこちらです。

新しい王様3話 あらすじ感想 生中継を奪ってアキバが吼える。ネットもテレビも信用するな!

2話の感想はこちらです。

新しい王様2話 あらすじ感想 ナースに投資を申し出る越中

1話の感想はこちらです。

新しい王様1話 あらすじ感想 サイのいない地球。付加価値を生み出す

 

感想

エイリの行方を真剣に捜すのはアキバさんだけです。越中さんは投資の見返りにと、コウシロウを使いはしますが、自分で動くことは皆無です。アカツカサにもなんだか舐められている様子。越中さんの人望のなさはこういうところにありそうですね。

自分から持ち掛けた勝負も、自分に何とか有利なように持ち掛けようとする。最後に出した3枚のジョーカーには笑わせてもらいました。この人、お金が無かったらどうするのでしょうか・・・

竜巻の動画はフェイクでも、竜巻自体は事実でけが人も出ています。アキバさんを取材した西岡さんは、アキバさんはそんなことはしない、と言いましたが、本山は、他の記者にアキバの取材を任せました。またしても、編集でアキバのコメントをばっさりです。

そして次のテレビ出演では、アキバさんは、テレビ局が事実をゆがめ、改変する事について熱弁しましたが、これを今のテレビ局を良しと思っている人たちの心に響いたかは謎ですね。でも、西岡さんとか、小寺翼(野波麻帆)さんとか、今のテレビの在り方を疑問視している人には届いていそうです。

そしてエイリちゃん。残念ながら風俗で働かされていました。携帯も取り上げられ、寮への送り迎えも徹底され、逃げる隙がありません。コウシロウ君が、越中さんにせかされて、エイリの元へ駆け付けた時、エイリは、見張りが携帯に出た一瞬のスキをついて、逃げる最中。またしても非常階段で追い詰められ、再び、飛びました。しかし、今度は、地面に横たわる姿が。果たして、無事着地できたのでしょうか?

番組の相関図を見ると、桜島さんからエイリちゃんへと矢印が出ていて、運命の出会いとありますので、たぶん大丈夫とは思いつつ、あの横たわり方だと心配です・・・・

スポンサードリンク



関連記事

no image

新しい王様2話 あらすじ感想 ナースに投資を申し出る越中

とにかく上場したいコウシロウ君。付加価値を高めるために、熱心にパーティーに参加し、自らも主宰を繰り返

記事を読む

no image

新しい王様6話 あらすじ感想 アキバと越中の対決。窮地に陥ったエイリ。

海中カジノ建設に反対する環境保護団体。実はアキバが運動に多額の寄付をしていたことが判明。越中はアキバ

記事を読む

no image

新しい王様1話 あらすじ感想 サイのいない地球。付加価値を生み出す。

テレビ番組の日本地図。九州にアフリカ大陸が使われ、大騒ぎになりました。その頃、人材派遣会社の経営者・

記事を読む

no image

新しい王様3話 あらすじ感想 生中継を奪ってアキバが吼える。ネットもテレビも信用するな!

エイリに興味を持つ越中。お金で買えないものはないということを証明するために、行列のできるパンケーキ店

記事を読む

no image

新しい王様8話 あらすじ感想「言っちゃった、聞いちゃった」手を組むアキバと越中。

互いに中央テレビ局の買収を狙っていたアキバと越中。言っちゃった、聞いちゃったで、クロスカウンター状態

記事を読む

no image

新しい王様 Season2 2話 あらすじ感想 編集を防げ!着替え続けるアキバ

アキバと越中の中央テレビ買収を防ぎたい上層部は、凄腕の記者・サコタに二人のスキャンダルを探らせること

記事を読む

no image

新しい王様Season2 6話あらすじ感想 越中の裏切りとエイリのスキャンダル

アキバと越中の中央テレビの買収はほぼ成功と思われたころ、突然、越中が中央テレビの株を売ると宣言しまし

記事を読む

no image

新しい王様 Season2 1話 あらすじ感想 角のないサイが生きる世界

越中と協力し合うことになったアキバ。二人で順調に中央テレビの株を買い漁ります。最初は、二人の持ち株は

記事を読む

no image

新しい王様 Season2 4話 あらすじ感想「地球から月までの距離は?」エイリが主役に!

アキバは、寿命を倍にするアプリ『エンメードクターDX』を、越中に税込み100億円で売りました。プラス

記事を読む

no image

新しい王様5話 あらすじ感想 フェイクツイート大炎上はアキバのジョーク。

新たなオフィスに移ったコウシロウ君。退去命令を出したアキバさんもくっついてきました。素直に出ていった

記事を読む


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ohcbxvri/public_html/ruriblue.com/wp/wp-content/themes/stinger3ver20140327-3/single.php on line 124

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



ラウールジャニーズの兄弟構成!ハーフでスペイン語は話せる?本名も紹介!

Snow Manラウールさんに注目します!金髪にしてからますます存在感

宮舘涼太の大学はどこ?妹や身長体重、アレルギーも調査してみた!

Snow Manのだて様こと宮舘涼太(みやだてりょうた)さんに注目しま

ホワイトデーのお返しに花の意味は?一輪や花束、飴など意味の一覧も!

バレンタインデーのお返しとして、花を贈りたいとき、花言葉などを気になり

ラウールジャニーズの高校はどこ&転校した?ダンスがうまい動画と年齢身長も紹介!

今回はSnow Manメンバーのラウールさんに注目します。メンバーの中

靖国神社桜祭り2020屋台はいつからいつまで?出店と混雑やトイレについても!

靖国神社は桜の木が500本もあり、さらに桜の開花情報を伝える標準木があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑