初めて恋をした日に読む話 1話 あらすじ感想 ワクワクときめき。無敵ピンクと東大を目指す

公開日: : 最終更新日:2019/06/05 初めて恋をした日に読む話

東大受験に失敗して以来、人生の迷子になっている順子。勤め先の塾でもクビ寸前です。ある日、ピンクの髪の不良高校生・由利匡平とその仲間たちと知り合いました。

実はボンボンの匡平。父親に連れられて、順子の勤める山王ゼミナールに入塾の申し込みに来ますが、横暴な態度の父親にブチ切れる順子。辞表を提出した順子は、有給消化中、匡平たちと偶然の出会いを重ね、親しくなっていきます。

普通の大人とは違う順子に、匡平は勉強を教えてくれと頼みました。神社の階段で、匡平のバイト時間ギリギリまで教える順子。

順子の退職日。順子に思いを寄せるいとこの雅志が、豪華な退職祝いをしてくれることになっていましたが、その日、英語だけがわからないと駆け込んできた匡平。順子は雅志との約束をキャンセルして、匡平に英語を教えました。中学レベルの学力を得て、匡平は、東大を受験したいと宣言しました。

スポンサードリンク

本気の恋をしたことのない順子

別れ話

三流予備校「山王ゼミナール」で講師をする32歳の晴見順子(深田恭子)。婚活中ですが、デートの相手・安田に、その気のない心中を見抜かれ、別れようと言われました。

「適齢期だから何となく付き合っている、30も越えちゃったし、仕事も好きじゃないし、この辺で結婚して仕事辞めるにはちょうどいい、顔も身長も普通だけど東大卒の自分で手を打っておくか。だって僕にときめいたことないでしょ。」

順子「いか・・・(にも返す言葉もござらぬ)」

 

鋭すぎる指摘

直江兼続の兜をかぶって、カラオケで研ナオコを熱唱する順子。中学の同級生・松岡美和(安達祐実)は、なんで研ナオコと驚きました。

先方のご指摘が鋭すぎて笑うしかない順子。「贅沢言ってられないし、婚活サイトで知り合ったわりに東大出身なんて親も喜ぶかな、と思って。」そのやる気のなさに、おもちゃの刀で切りつける美和。美和は離婚しましたが、きちんと好きになって結婚したのです。実は初恋もまだの順子。

「忘れたの?中高ともにトップで、余裕で名門お嬢様大学にいった、あのイケてた頃の自分を?」

「旬、短かったあ・・・」

「心を鬼にして言う。あんた、今のままだったら誰と結婚したってこんなはずじゃなかったって、つぶやきながら、老後好きでもない旦那のおむつを替えることになるよ!」

「心、鬼にしすぎだわ!」

 

高校生・由利匡平との出会い

私の人生何もときめくことないまま終わっちゃうのかな、と思いながら、歩いている順子。後ろからバイクに乗った不良高校生達が声をかけてきました。その中にピンクの髪の男の子・由利匡平(横浜流星)がいました。しかし、順子が思いのほか年上だったので、「おばさ・・・」

『言うな!その先は言うな!小僧』

睨みつける順子の迫力に、無言になる高校生たち。「じゃあね、パイセン」「バイバイ。達者でな!」

あんな青春、自分にはかけらもなかったと振り返る順子。

 

順子に失望する母・しのぶ

家に帰って、今度彼を紹介する話なくなった、婚期が遠のいた、と明るく謝る順子。母のしのぶ(壇ふみ)には、みっともない、とがっかりされました。「東大落ちるわ、仕事もパッとしないわ。そのうえ結婚まで。子育て失敗したわ。」

「面目ない。」

いとこの雅志(永山絢斗)の気持ち悪いメキシコ土産が置いてありました。「結婚くらい雅志より先に決めて、形くらいお嬢様でこの家出ていきなさいよ。ほんっとうに恥ずかしい娘なんだから。」

 

犬・とろろはオールド・イングリッシュ・シープドッグ

オールド・イングリッシュ・シープドッグのとろろに、ただいまと言い、メキシコ土産を棚に並べました。雅志からの土産が並んでいます。

東大受験に失敗した日から、ずっと機嫌の悪い母。ごめんね、落ちちゃった、と必死の笑顔で報告したら、本気のびんたをくらった順子。壁に貼った『東大合格までゲーム、漫画、恋愛禁止』と紙を、母は乱暴に引きちぎりました。その時の紙の残りは、まだ壁に残っています。

『親に失望され、不健康な笑顔で自由を手に入れた私は、気づけば、本気の恋をしたこともない大人になっちゃった』

スポンサードリンク

失業の危機

契約解除

山王ゼミナール。売れっ子講師の勅使河原勉(高橋洋)のクラスは大盛況です。順子のクラスは一人だけ。しかしその生徒は、講師の変更を希望しました。

生徒から講師変更の希望の相次ぐ順子。塾長の梅岡(生瀬勝久)から、来年の春、著しい成果が見られなかったら契約解除もあると言われてしまいました。

 

下ろせない青春貯金

夜、コンビニの前を通りかかると、先に見かけた高校生たちが季節外れの花火をやっていました。

『あんなキラキラした青春、全部未来に貯金した気でいた。それまで勉強づけ。いつか合格したら大人になったら。でも青春貯金なんて今更おろせるわけなかったな。』

花火を見ながら物思いに浸っている順子に、水がぶっかけられました。花火の火を消そうとして、匡平が水をぶっかけたのです。

「あれ、昨日の!おばさ・・・」

「パイセン!補導されないように早く帰んなさいよ!」

匡平が、びしょ濡れの順子にジャケットをくれました。

『自分以外、みんな幸せで輝いて見える。まずい!末期症状だ。』

 

パイセンの証

雅志が車で現れました。一緒にお好み焼き屋『ハングリージャングル』へ入ります。職を失う危機の順子に、クビになってもいい、そんな三流職と言う雅志。雅志は、順子の気持ちを代弁しました。「そりゃ、雅志は、東大でのエリート商社マンのイケメンだから、私の気持ちなんてわからないよ!」

イケメンとは思ってないと、笑う順子。

日本の完全失業率は2.8%。世界を見渡せばより厳しい就職難。歴史を見ても、発展した社会ほど暇な人間が生まれる、元気づけようとした雅志ですが、順子は、スケールの大きさに実感が沸きません。

「世界はとか、人間は、とかじゃなくて、雅志は大人になって何が一番よかった?」

それには答えずに、順子の着ているジャケットが気になる雅志。順子は、パイセンの証と言いました。「詳しく説明すると自分が無駄に傷つきそうだからヤダ。」

家に送ってくれた雅志は、男方面を尋ねます。「自分もたまたま空いている、いいぞ。別に、ほら、男女のめぐりあわせはタイミング。運命とか宿命って意外と身近にあるっていうか。」

順子は、だれか紹介してくれるのかと大喜びしました。とりあえずフリーということが確認できて安心する雅志。会社から電話がかかってきました。もうすぐモスクワとの電話会議。最重要案件の調査をしていたと雅志は応えました。

 

ちゃんと反抗して、好きなだけ暴れる

山王ゼミナールで、『初めて恋をした日に読む話』を読む順子。目次をみて、結婚までのプロセスの多さに驚きました。

入塾希望の親子がやってきて、それはピンクの髪の由利匡平と父親の菖次郎(鶴見慎吾)でした。息子のことをみっともない、恥ずかしいという菖次郎。

匡平「全部そっちの都合だろう。勝手に恥ずかしがってろよ。」

反抗できなかった自分と重ね合わせ、順子は思わず本音をもらしました。「偉いな。ちゃんと反抗しているんだ。」

菖次郎「この通り不良まがいのろくでなし。放っておいたら世の中の害。社会に貢献できないごみ。仕事ならとっくに見切りをつけているところ。せめて大卒くらいには・・・」

順子は、持っていた本を床に叩きつけて、菖次郎をにらみました。

「逃げなさい。こんなね、人のことごみだなんていう人間の言うことなんて全然聞かなくていい。きついときはきついって、はっきり言わないとね。大人になってから、パンクの仕方すらわかんない人間になっちゃうんだから。だから、今のうち、ちゃんと反抗して、目いっぱい叱られて好きなだけ暴れなさい。それで私みたいにつまんない大人になったら絶対ダメ。」

順子は、塾長に連れていかれてしまいました。匡平は、順子の言った言葉を考えている様子。順子の本を拾い上げました。

貯金できない恋愛と人生

東大希望の匡平

家で落ち込む順子。雅志のメキシコ土産に奇跡を願って、壁に残っていた紙を剥がしました。

翌日、荷物を片付けている順子。塾長に、本当にクビなのかを確認しているところに、匡平が入ってきました。「俺を東大に入れてくんない?」

入学願書を記入する匡平。匡平は、南高校。南高校は名前と九九が分かれば入れるレベルです。志望は東大。顔を見合わせる順子と塾長。

順子「パス!塾長。今まで大変お世話になりました。」

引き留める塾長。押し付けあう二人。「南高から東大にはいれたらギネス。塾長自ら教えたらどうですか?」「私は管理職です。」

ポスターは詐欺かと言う匡平。『君の夢絶対叶える』

塾長は、それは努力目標と言いました。

学力認定テストをしようとしましたが、匡平は中学以来教科書を開いていません。昨日は塾に来ることを拒んでいたのに、考えを変えたのは父親に行かなくていいと言われたから。

「なら、このくそみてえな塾から東大行ってやろうかなって。」

 

今すぐ恋をしなさい

順子「よし、ここからは一人の人間として話そう。今すぐ恋をしなさい。」

30歳の独身男性の5人に一人は生涯独身。今、我慢して大人になってから恋愛しようとしても、恋なんてそう簡単にできない、恋愛貯金は下ろせない、と力説する順子。

匡平「情緒不安定?」

塾長「多分。」

順子は、誰かのためとか誰かのせいで進路を決めるなと言いました。子供のころからすべてを諦めて、親の言う通り、東大に入ることだけを考えて生きてきた順子。東大に入れば、すべてチャラになると思っていたのに、受験に失敗。

「受験に失敗して、人生のプランが真っ白になった時、なんにもやりたいこと見つけられない自分に気づいた。失敗するにしたって、なんで自分で道を選ばなかったんだろうって。」

匡平は机をバンと叩きました。「るっせえ、好きなだけ暴れろって言っといてなんなんだよ。結局てめえがそんなんだから、俺を合格させる自信がないだけだろう。くそばばあ。」

 

決して後悔しないように全力を尽くす

塾をクビになりそうと聞いて、喜ぶ美和。塾では出会いがなさすぎ。次はやりたい仕事を探すこと、仕事は男と違って裏切らないという美和。同じ居酒屋に、順子を振った安田が別の女性と来ていて、楽し気な笑顔です。

あんな顔見たことないと言う順子に、今のあんたは面白くない、かっこ悪いという美和。

『自分がやらなければ誰かがやる。私が諦めたことは別の誰かがかなえてしまう。(机をバン!と叩く)だから私は私は決して後悔しないように今に全力を尽くす、そう思っています。』

高校の弁論大会、順子のスピーチでした。

美和「冷やかしに見に行ってそこだけ覚えている。あの頃のかっこいい順。私は好きだったよ。」

スポンサードリンク

しみったれた人生の先輩

高校生と逃げる順子

とろろと散歩する順子。匡平たちが、警察に職質されています。声をかける順子。高校生たちは順子を「パイセン」と呼びました。

警察「なんの先輩ですか?」

順子「しみったれた人生の先輩です。」

高校生たち「パイセン、元気出して。」「勘弁してやってくださいよ。」「この人通りすがりの可哀そうなしょぼくれたアラサーだから。可哀そうな人なんで。」

そこへドリンクを買ってきたカブ(櫻井圭佑)が、つまづいてドリンクを警察にぶちまけました。熱がって騒ぎ立てる警察。

順子「走るよ!」

高校生たちと走り出す順子。

 

風より自由なニート

神社にたどり着いた順子達。順子は、匡平が作業服を着ているのに気づきました。早く家を出たいので、夜勤のバイトをしていると言います。

順子「何から何までロックだねえ。年ごまかしてまでバイトしようなんて根性あんじゃん。」

しかし我に返る順子。「アラサー無職の私がどの立ち位置から言ってんだ。」

無職と驚く匡平。自分のせいかもしれないと思いました。

順子「先生じゃなくなる。今は有給消化中。人生のバカンス。」

騒ぎ立てる高校生たち。「え、パイセン。ぷーなの、やべえじゃん。」

順子「笑ってくれよ。若者たち。私は今、風より自由なニートだ。」

匡平「こないだから思ってたけど、あんたって大人っぽくねえな。」

順子「ばあか。残念だけど大人だよ。」

『どんなにバカやって、君たちみたいに無敵な時間は私にはもう無い。』

 

無敵ピンクに勉強を教える

匡平「大人って警察から走って逃げたり、保護者怒鳴ったりするわけ?」

ピンクの髪をなでる順子。「無敵ピンク。いい色。じゃあまたね。補導される前に帰んなさいよ。」

「はーい。」

立ち去ろうとする順子を、匡平は呼び止めました。この間の学力認定テストを差し出します。

「これ、教えて。勉強なんか長いことやってねえから、やり方分かんねえんだよ。頼む。教えてくれ。」

 

大人じゃなくて婆さん

神社の階段の上で勉強中。

順子「図1の時モーターは、あ、い、どちらの方向に回るか。フレミングの法則を使って答えなさい。」

手ができない匡平「フレミング、やべえな。」

順子「そんな指がつるような法則あるか!」

正しいやり方を教える順子。

順子「ねえ、私は先生クビになっちゃうけど、そのテスト最後までやったら、もう一度塾通ってみなよ。親のことはどうでもよくてさ、勉強して得た知識は君のものだ。」

変な大人だという匡平。あと何年かしたら匡平も、親のせいにはできなくなると順子は言いました。

「私が変なのは私のせい。しんどいけど。そろそろバイトの時間じゃない。行こう。勤労学生。」

立ち上がったら、腰が痛い順子。久しぶりに走ったせいです。

「大人じゃなくて婆さんだな。」と笑う匡平。

バイトのある匡平に頼まれて、仲間たちが順子を整骨院まで運んでくれました。

人生一度くらいはワクワクしたい、ときめきたい。

自由になったら迷子になった

お好み焼き屋

雅志に退職のことを話す順子。雅志は、永久就職について尋ねてみますが、勘違いした順子に、終身雇用は無理と言われました。

雅志は、この間の質問「大人になって一番よかったこと」は、自由を手に入れたことと言いました。

「自分の意志でやりたいことができること。どんな夢を何度見てもいい、成功も失敗も全部自分のせい。まあ、俺は失敗したことないけどな。」

「さすが、挫折しらずのエリートさんよう。」

順子には、自分からやりたいことは何もありません。自由になったら迷子になっちゃった。けど人生一度くらいはワクワクしたい。ときめきたい。ずっとそれを探してる気がするけど、見つからない。見つかる気がしない。

雅志は、無職じゃ絶対行けないような店で、退職祝いを約束してくれました。

 

キャバクラから追い出される高校生たち

順子と雅志が歩いていると、キャバレー美和から、高校生たちが追い出されていました。

美和「僕たち、大人になったら自分の稼いだ金で来なさいね。」

順子「美和!」

高校生たち「あれ、おばさーん!腰大丈夫?」

順子「全くなんで高校生のくせにキャバクラ行くかな?」

ファミレスでご馳走してあげる順子。美和もきました。経営者はお店に出なくてもいいのです。

「八雲も今頃楽しんでるんじゃない?」

雅志には、クラブ美和のナンバー1 歴女のもんちゃんをつけてあげました。

 

7秒男

さっき、雅志を7秒男と呼んでいた美和。中学生の時、7秒見つめると女は俺を必ず好きになる、特殊能力かもしれない、と雅志に相談されたのです。中学なんて足が速ければ大抵モテる、じっと見つめられれば勘違いもする、と美和。

順子「畜生。雅志の人生負け知らずか。」

しかし、美和は、雅志は、本命にはもてないってぼやいていた、今もそうかもと言います。

 

順子と同じ匡平

美和は、順子と高校生たちとの仲を気にしました。順子は、話せば長くなると言いました。そこで匡平がいないことに気づいた順子。

匡平は、今日は家族で食事、ボンボンなのだと言います。仲直りしたと安心した順子ですが、食事は祖母たちと。匡平と父親は中学以来、絶縁状態なのだと言います。

中2の時、翌日テストがあるのに、匡平の部屋で騒いでいた仲間たち。こんな奴らとは縁を切れと言われて、翌日、匡平は髪をピンクにし、それ以来、二人は絶縁状態なのでした。

美和は、順子と同じと言います。順子も、母親に、おバカ高校にいった美和と会うなと言われていたのに、連絡をくれたのでした。

ステーキがやってきました。興奮する高校生たち。順子も少しねだりました。

美和「本当は、順子の方が私よりずっと強いくせに。」

スポンサードリンク

ミスター天然記念物へのアドバイス

もうすぐ仙人

美和が、キャバレーに戻ると、雅志は、もんちゃんと盛り上がっていました。

美和「本当、残念な男だね、何年ぐずぐず順子の周り漂ってんのよ。」

雅志「うるさい。」

もんちゃんに指名がきましたが、記念に握手してきな、という美和。

「初恋童貞拗らせて、仕事ばっかりしてもうすぐ仙人になる人だから。」

「ミスター天然記念物」と喜んで握手するもんちゃん。

雅志「おい!」

 

順子の笑顔はバリア

帰るという、雅志に、まずは情報収集という美和。美和は、順子の本当に笑った顔が見たいのだと言いました。

雅志「まあ、あの笑顔はバリアだからな。」

美和「あんたさあ、意外とバカじゃないんだ。」

雅志「東大ですから。なあ、何だと思う。順子がときめいたりするもの。」

美和「ピンドン、オーダーいただきました!」

騒ぎ立てる皆。「やった!おめでとうございます。」

美和「知らないよ。順がときめくものなんて。」

詐欺だ、とわめきたてる雅志。

美和「そんなのは、あんたがときめかせればいいんじゃない?」

雅志は、超絶鈍感な順子には、デートは会員制クラブではなく、王道。順子の好きなカニを勧めました。

 

ようやく見つけたときめき

ときめくカニをキャンセル

順子は今日で退職。皆に挨拶をします。今日は、雅志が退職を祝ってくれる日。時間を気にして出ようとすると、そこへ走ってきた匡平。認定テストを自分でやってみた匡平。英語だけが分からないので教えてほしいと言います。

「これが全部できたら、俺は中卒レベルなんだろ?」

雅志との約束は断った順子。雅志はレストランで待っていて、花束も用意していたのですが、自分もまだ仕事中と嘘をつきました。後輩に電話して、カニ好きかと訊いてみます。

「お前さ、カニ好き? 高いカニ。王道のカニ。だから、ときめくカニ。」

 

ユリユリに授業

順子「不定詞が苦手なのね。いい?英語は受験の要だから。よしっ、授業始めるよ。早く。ユリユリ!」

匡平「ユリユリ?」

空いている部屋で、授業を始める二人。

「something to eat」を「サムさんが食べに行った」と訳した匡平。

「これ、サムさんっていう人じゃなくて、something「何か」って意味だから・・・」

 

中学卒業おめでとう

23:00

添削した答案は90点。「中学卒業おめでとう!」

匡平「よしっ!」

もともと、父親を見返したくて東大受験と言った匡平。今は自分自身がやってみたいのだと言います。

「協力してくれ、パイセン!」

順子は、先生と訂正して、手を出しました。匡平は「先生。」と言って握手しました。

 

進路希望・東京大学

南高校

今日はカラオケに行くという友人の誘いを断る匡平。勉強するのです。匡平は、進路希望を、担任の山下一真(中村倫也)に渡しました。

山下「由利、真面目に書け!」

匡平「俺、変な大人になりたいんです。」

そこには、進路希望に東京大学と書かれていました。

 

やっと見つけたワクワクと、ときめき

塾長に直訴する順子。

順子「よろしくお願いします。まことに勝手ながら不肖春見、心を入れ替えますので、いま一度契約満了まで働かせていただけないでしょうか。」

塾長「私はね、あなたみたいな甘ったれた社会人が大っ嫌いです。でも仕事に好き嫌いを挟まず、部下をうまく回してこそ管理職だと思ってます。」

順子の辞表をごみ箱に捨てた塾長。「一度、こういうのやってみたかった。さあ早く。物好きな生徒が待ってますよ。」

順子「はい!」

『32年、ずっと探し続けてきた、ワクワクしてときめくようなもの。あのとき、やっと見つけた気がしたの。』

匡平との授業を始める順子。「お待たせ。では、授業を始めます。」

 

その様子を見ている他の塾講師。「塾長、あの子の父親が誰か知ってますよね?あとで面倒が起きても知りませんよ。どうせ落ちるのに。」

塾長「まっ、受からないでしょうね。普通なら。」

 

2話の感想はこちらです。

初めて恋をした日に読む話2話 あらすじ感想 未来の大事な人と15歳の私

 

感想

こんなにきれいな深田恭子ちゃんが、何をやってもうまくいかないアラサー、おばさんと呼ばれるのがそもそも不思議なんですが、それは置いておいて。セリフの一つ一つが本当に素敵で輝いているな、と思いました。これは原作からなのでしょうか?まとめている間、どうしても切りすてられないセリフで一杯。言葉の選び方が絶妙です。

匡平君のピンクの髪がすごく素敵でした。内面に葛藤を抱える男の子。順子の言葉に心を動かされていく感じが、すごく良かったです。一見、不良の高校生と、仲良くなっていく順子が楽しかったですね。でもさすがに婆さん呼ばわりはないでしょう。あんなにかわいいのに!

いとこの雅志役の永山絢斗さんも美和役の安達祐実さんも、素敵でしたね!これから毎週火曜日が楽しみです!

スポンサードリンク



関連記事

no image

初めて恋をした日に読む物語 8話 あらすじ感想 「幸せになってほしい。初めて好きになった人だから。」

匡平の東大模試の当日、一真とデートする順子。一真との時間を心から楽しみ、一真を好きになりたいと答えた

記事を読む

no image

初めて恋をした日に読む話 9話 あらすじ感想 匡平の告白「好きです。」雅志もプロポーズ。

ロシアに転勤が決まった雅志は、順子を訪れてキス。そしてプロポーズします。順子に、一緒にロシアに来てほ

記事を読む

no image

初めて恋をした日に読む話6話 あらすじ感想 ユリユリの宣言「引っ込んでろ!俺んだよ!」

一真との仲を、匡平に誤解されたことを恐れつつも、順子は、美和の助言で、一番大事なこと、匡平を東大に入

記事を読む

no image

初めて恋をした日に読む話 4話 あらすじ感想 匡平が手にキス。「割と今幸せなんだけど。」

匡平の母が中学の時に亡くなったことを知った順子は、匡平に母性本能全開で接するようになり、匡平はそれに

記事を読む

no image

初めて恋した時に読む話5話 あらすじ感想 元ヤンバツイチの頑張り屋とガリ勉鈍感女「そこにパイがあるから」

ある日、一真が目覚めると、順子の部屋で、簀巻きにされていました。離婚に同意してしまったことを落ち込む

記事を読む

no image

初めて恋をした日に読む話 7話 あらすじ感想 順子を抱きしめる匡平。「タメでも絶対見つけてたよ。」

花恵会に入塾することになった匡平。最初は不本意でしたが、百田の腕は確かだと認めざるを得ません。百田が

記事を読む

no image

初めて恋をした日に読む話 最終回(10話)あらすじ感想 キスするユリユリ「春見じゃなきゃだめだ。」

東大二次の1日目に事故に遭った順子。試験後に病院に向かおうとする匡平ですが、できることはないと雅志に

記事を読む

no image

初めて恋をした日に読む話2話 あらすじ感想 未来の大事な人と15歳の私

近隣の高校への出張講師。順子は、南校に行くことになりました。そこで元不良だった同級生・山下一真に再会

記事を読む


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ohcbxvri/public_html/ruriblue.com/wp/wp-content/themes/stinger3ver20140327-3/single.php on line 124

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



ラウールジャニーズの兄弟構成!ハーフでスペイン語は話せる?本名も紹介!

Snow Manラウールさんに注目します!金髪にしてからますます存在感

宮舘涼太の大学はどこ?妹や身長体重、アレルギーも調査してみた!

Snow Manのだて様こと宮舘涼太(みやだてりょうた)さんに注目しま

ホワイトデーのお返しに花の意味は?一輪や花束、飴など意味の一覧も!

バレンタインデーのお返しとして、花を贈りたいとき、花言葉などを気になり

ラウールジャニーズの高校はどこ&転校した?ダンスがうまい動画と年齢身長も紹介!

今回はSnow Manメンバーのラウールさんに注目します。メンバーの中

靖国神社桜祭り2020屋台はいつからいつまで?出店と混雑やトイレについても!

靖国神社は桜の木が500本もあり、さらに桜の開花情報を伝える標準木があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑