あなたには渡さない5話 あらすじ感想 帯をクルクル。逆に改められた改め女

公開日: : あなたには渡さない

多衣と旬平の裏切りを知り、怒りに燃える通子。薪能に誘った多衣の着物をはぎ取って多衣の身体を改めました。そして笠井の相手をすることを要求。しかし6千万は、笠井が多衣の身体と引き換えに出資したことを知ります。知らない間に笠井との関係まで汚されていたことに傷つき、笠井の元へ向かった通子。通子は笠井との絶縁を宣言しました。

勝浪銀座店を花ずみで購入するために、通子は花ずみを会社にしました。花ずみ銀座店オープンを迎えた日。旬平が書置きを残して姿を消しました。

スポンサードリンク

皆に騙された通子

鬼になる

『私は今夜、鬼になる。この女の嘘で固めた仮面をはいでやるわ。』

薪能を見ている途中で、多衣(水野美紀)は途中で旅館に帰ってしまいました。

『この場の静寂をぶち壊し、彼女はあっという間に姿を消した。自分勝手で失礼この上ない。多衣とはそういう女だ。あの女、本当に旅館に行ったのか。もしかしたら私から何かを感じ取って逃げ出したのではないか。逃がしてたまるか。』

薪能が終わり、険しい表情で旅館への道を急ぐ通子(木村佳乃)。そこへ笠井(田中哲司)と別れた妻を見かけました。妻と別れた、通子を自分のものにしたいと言っていた笠井。

『笠井さんまで私をだましている。偽装離婚という言葉が頭をよぎった。確か仕事で大きな博打に出ると言っていたけれど、もしかしてそれが失敗した時、家族を守るために。旬平と同じだ。偽装離婚を使って、私を裏切った。』

騙された思いで一杯の通子。笠井、旬平(萩原聖人)そして多衣。

『許さない。みんなで私を騙して。あの女、そうよ、もとはと言えば全部あの女。どんな罰を下してやろうか。』

 

通子のプライド

旅館に戻った通子。途中で帰ってきたことを謝る多衣に、服を脱ぐように言いました。多衣は唐突の言葉に耳を疑います。

通子は、戸籍謄本を見たことを話しました。多衣と旬平が婚姻届けを出したのは、通子が6千万を多衣から借りた2日後。自分の手で結婚をつかみ取ると言いながら、さっさと籍を入れていれていたことを通子は責めました。旬平が幸せになるのならと、通子は笑って多衣の元へ送り出すつもりだったのです。自分の真心を踏みにじられて激高する通子。

「結婚すると言ってくれれば、最後のプライドで笑って『そう。』と答えていたのに。あなたさんざん今まで私のこと見抜いた見抜いたって言っておきながら、私がそういう女だってことまでどうして見抜ていくれなかったんですか。」

 

多衣が自分でつかみ取った結婚

多衣は、嘘はついていないと言いました。結婚は自分でつかみ取ったのだと言いはります。旬平を自分に譲ったというのは、所詮きれいごと。全部通子が選んでやったことだというのです。

「それなのに、自分が苦しいふりして、辛いふりして、それを旬平さんに見せつけて、私を悪者にしてるだけじゃないですか。6千万もの大金を貸している以上、私にはあなたを責める権利があるわ。」

多衣には責める権利はないと思った通子。さらに頭に血が上りました。

「お金のことと女の戦いは別だって言ったのはあなたの方よ。それとも同じ算盤の上に載せますか。その方が、私にとっても都合がいいけど。」

障子をいきなり閉めました。

 

スポンサードリンク

関所の改め女

嘘を隠していないか改める

「やっぱりあなたの身体見せてもらいます。」

そう言って多衣に襲い掛かりました。逃げようとした多衣が電気を消したので、部屋は庭からの灯で妖しく光ります。通子の剣幕に驚いた多衣。

「何なんですか。一体。」

「あなた、初めて会った時に私に言ったわよね。鬼になるって。そして旬平を手に入れた。でもそれは嘘に塗り固められた結婚。だから今度は私が鬼になってあなたの身体を改めるの。そうね。例えればここは関所ね。そして私はここを通る女が着物の下に嘘を隠していないか改める、改め女。私の目を騙せたら今度は本当に結婚を許してあげる。」

通子の剣幕に多衣はうろたえます。着物を執拗に脱がせようとする通子に、多衣はしばらく抵抗していましたが、やがて観念しました。

「いいわ。どうぞ改めて。ご自分で脱がせてください。」

「え?」

「あなたが言い出したことですよ。」

 

5千万の価値のある多衣

多衣の帯を乱暴に引っぱる通子。多衣はくるくる回って倒れました。さらに多衣の着物をはいでいきます。

『私は鬼になっていた。この世で最も残酷で悲しい鬼に。』

最後の肌襦袢も乱暴にはがします。倒れこんで近くの着物で体を隠す多衣。

『その肌は透き通るように白く絹のような光沢を放っていた。予想していたような旬平の唇の跡も一点の穢れもなかった。』

裸の多衣を悲し気にみつめる通子。多衣は肌襦袢を着ます。

「あなたって体まで嘘つきなのね。でも私の目は騙せなくても、男の目は騙せるわね、十分。そう、十分、5千万の価値がある。私ね、それを確かめたかったの。結婚を許す代わりに一つ頼みがあるの。私を一晩5千万で買ってもいいっていう物好きな男がいるんだけど、私にはその気がないから代わりにあなたに寝てもらいたいの。」

「5千万って勝浪銀座店を買うお金ですか。」

「旬平から聞いてるのね。なら話は早いわ。」

弾いた愛の算盤

身体を売った多衣

あなたって怖い人ね、そう言いながら多衣は電気をつけました。

「お断りします。だって私、もう前に一度、あなたのためにこの体を犠牲にしてるんですよ。花ずみ再建のためにお貸しした6千万。この体を売って作ったものなんです。あなたのために。」

まさかという通子に、薄々勘づいていたのだろうと多衣。

『確かにあの時、私は心の隅でかすかに、もしやと思っていた。』

「私の身体を犠牲にさせたことを承知であの小切手を受け取ったんでしょう。あの時に勝負はもうついていたんですよ。私が勝ってあなたが負けたんです。卑怯にも黙って小切手を受け取ったことで。だから、すぐに結婚したまでです。あなたのために、あんなに恥ずかしい思いまでしたんだもの。文句言われる筋合いはありません。」

 

通子にあった旬平の心

多衣がそこまでしてお金を用意したのは、通子に勝つためだったのです。旬平の身体が多衣のものでも心は通子にあったのだと、多衣は思いがけないことを言いました。

通子は信じられません。多衣は、通子が金沢にやってきた前日、旬平から別れ話を切り出されたことを話しました。通子を愛していると。

通子「嘘よ。そんなの嘘だわ。」

多衣「嘘じゃ言えませんよ。こんな悲しいこと。」

どうしても旬平を失いたくない、その一心で、通子に恩を売るために体を売ったのでした。そして小切手を通子が持ち帰った翌日、多衣は旬平に会いに行きました。通子が婚姻届けを売ろうとしたこと、一生懸命お金を作ったこと、泣きながら訴える多衣を抱き寄せて、旬平は結婚に承諾しました。

 

多衣の負け戦

「とんだ算盤勘定だって思ってます。あの時私が必死にはじいたのは商売の算盤じゃなくて、愛の算盤です。でも結局私が勝ち取ったのは、所詮は戸籍の紙切れ一枚。なんのことはない。私の負け戦。それが今でも続いているんです。旬平さんのためにもう一度同じ舞を舞えと言うのなら、舞いますよ。で、次はだれと寝ればいいんですか?」

「笠井慎太郎さんです。」

名前を聞いて、多衣の顔色が変わりました。

「あの人は嫌。だって、あの人あなたを愛しているもの。それにあの人だってもう私のことは抱きませんよ。」

多衣が6千万のために寝た相手は笠井なのだと、多衣は言いました。

 

スポンサードリンク

笠井と多衣の関係

笠井の申し出

旬平の浮気のことを聞いた笠井は、多衣に接触して、通子の幸せのために身を引くように説得をしたのでした。そこで知った花ずみの倒産と通子を守るための偽装離婚。

手切れ金を自分が用意するといい、それが多衣に通用しないとわかると、今度は多衣を誘惑して旬平と別れさせようとしました。多衣を、望む額で買うと申し出たのです。

「嘘のつけない人が必死になって。あ、この人、通子さんのためならどんなことでもするって、ちょっと怖いくらいだった。」

 

笠井の申し出を受けた多衣

通子が6千万の借金に来たので、笠井の申し出をうけることにした多衣。二人は互いに違う相手を想いながら抱き合いました。

6千万は、通子が花ずみの再建に必要な額だと知って驚いた笠井。事情を知っていればこんなことをしなくてもお金を用立てしたといいますが、自分が犠牲を払うことに意味があったのだと多衣。

多衣が6千万を用意しなかったら、通子が向かうのは笠井の元。そうしたら自分の出る幕はなく旬平を失ってしまう。

お金は通子から返済があるたびに返す、通子が払えなくなったら自分が肩代わりすると言う多衣。自分が多衣を6千万で買ったのだから返済は不要という笠井でしたが、この一晩のことを多衣は無かったことにしたいのだと気づき、多衣の言うとおりにすることにしました。お陰で通子の力になれた、笠井は礼を言いました。

 

笠井まで奪われた通子

しかし嘘のつけない笠井。多衣との関係は妻にばれてしまいました。妻に詫びまで入れた多衣でしたが二人は離婚。多衣が薪能から逃げ出したのは、笠井の前妻に会いたくなかったからなのです。

全てを話したという多衣。通子は怒りの表情で睨みつけました。

「結局あなたは私から旬平だけじゃなく、笠井さんまで奪っていったのね。」

「身体だけなら確かにね。」

顔を悔し気にゆがめながら通子は立ち去りました。大きなため息をつく多衣。

 

スポンサードリンク

汚された通子と笠井の関係

通子のナイト

通子は笠井を会社に訪ねました。率直に、多衣からすべてを聞いたことを告げました。笠井に怒る通子。

「多衣さんも笠井さんも私に恩を着せて縛りたかったら、どうしてはっきり教えてくれなかったのよ。自分たちだけで秘密にして、犠牲だ、犠牲だって自己満足して。私の知らないところで私を守って、支えて。ナイトにでもなったつもり?」

昔からみっちゃんは自分にとってお姫様だったという笠井にさらに苛立つ通子。

「みっちゃんなんて言わないで。もう一人前の女よ。多衣さんを抱きながら夢の中で私を抱いたなんて言って。それならどうしてじかに私を誘わなかったのよ。私と笠井さんとの関係をこんなひどい形で汚すくらいならどうして。」

 

汚された二人の関係

この間誘ったという笠井に、通子は簡単に断ったわけじゃないと言いました。笠井との関係にお金は持ち込みたくなかった、いつか誘われた時にお金のために抱かれることになるとは思いたくなかったから、二人の関係を汚したくなかったのだと、通子は訴えました。

通子が、熱海からの帰りに笠井の誘いを断ったのは、笠井が見ているのが昔のみっちゃんだったからだと言います。否定する笠井でしたが、笠井は通子を守ることしか考えていない、自分は守られたいのではない、と通子は言いました。

「もしもあの時、私を一人の女として誘ってくれてたら、私はきっと頷いていた。だってあの時は何にも知らずに笠井さんとの関係はきれいなままだと思っていたから。でもバカみたいね。私たちの関係は私の知らないところで、勝手に6千万のお金で取引されてけがされていたんだから。もう会いません!」

立ち去ろうとする通子を笠井は引き留めました。通子が多衣にお金を返し終わったらもう一度チャンスが欲しい、そういう笠井。

「赤字を埋めればそれでいいなんて、人の気持ちはそんなに簡単なものじゃない。」

笠井の手を振り払って通子は去っていきました。

『悲劇のヒロインになったつもりも、自分の愚かさを嘆くつもりもなかった。ただただ胸が痛かった。どうしようもなく痛かった。』

 

花ずみで普通に働く通子と旬平

『私は何事もなかったように旬平と接し、旬平もまたいつものように女将として私に接していた。今の私の頭には商売のことしかなかった。勝浪銀座店を支店として買い、この花ずみを大きくすることしか。』

 

勝浪・銀座店を購入

多衣への花ずみ購入依頼

数日後、多衣と会った通子。通子は、多衣に花ずみを買ってくれるように頼みました。そうすればすべてを忘れて、多衣に頭を下げると。勝浪銀座店を手に入れたい通子。花ずみを抵当に入れて5千万を銀行から借り出して、自分に貸してほしい、そう頼みました。

 

裸になった通子

通子は、もう一つ別の方法も提案しました。花ずみを、通子、多衣、旬平の3人の会社にするのです。社長は、多衣か、旬平のどちらか、店は形だけ3人のものにして、多衣への借金はこれからも自分の給料から返済、という通子の申し出を、多衣は断りました。通子だけが損をするようになっているところが気にいらないと多衣。自分を恩着せがましいと非難した通子自身がいい子ぶっているというのです。

「この前の晩、私の身ぐるみはいで、逆に裸になったのは通子さんのほう。私、むき出しになった自分の本当の顔で、あなたの本当の顔を見たと思った。だからあの時、むしろほっとしたし、この人のこと本当に好きになれそうだって思った。」

「あの晩、私たちけんかしたんじゃなくて、手をつないだんでしょ。金沢では絶対つなげないと思った手をやっとつないだんでしょ。私はそう感じたけど。これも私の独りよがり?泥棒猫の勝手な言い草?」

多衣は優しい顔でそう言いました。

通子「私の方も手をつなぐつもりが無ければ、こんな話は持ち出さなかったわ。」

多衣「だったら通子さんが社長になりなさい。私は通子さんの夢を自分の夢にして、花ずみを手伝わせてもらいます。」

 

通子の本当の生き方

笠井と言いあった翌日、目を赤くしていた通子をみて、一希は旬平と会うことにしました。無理して頑張っている通子が見ていられない、やり直せないかと訊きました。申し訳ないと思いながらも、旬平は今まで通子の本当の生き方を邪魔していたのかもしれないと言いました。捨てられたのは自分の方なのだと。

旬平は一希に、通子と優美のことを心から頼みました。

 

花ずみ銀座店

勝浪銀座店を購入

会社となった花ずみは銀行から融資を受けて、勝浪銀座店を購入しました。『銀座 花ずみ』

今までの花ずみは本店となり旬平と多衣に任せます。支店は通子です。そして新たなスタッフを紹介しました。

 

八重と前田

旬平、板場の矢場、多衣、サチコに新たなスタッフとして、八重と前田を紹介する通子。

「前田さんと八重さんには花ずみ銀座店で働いてもらいます。」

今まで迷惑をかけたことを謝る二人でしたが、旬平たちは反対しました。

通子「もう決めたことですから。」

旬平「この二人が何をしたのか忘れたのか。」

通子「だから、こうして謝ってくださってるじゃないですか。」

多衣は通子の意見に賛成しました。やり直したい人にチャンスを与えるのはいいことだと言うのです。不満げな旬平でしたが、社長の通子が決めたことなら、と言いました。

 

花ずみに必要な人材

『旬平がどう思おうと、譲る気はなかった。花ずみに必要な人は誰一人、手放したくなかったから。』

夜、閉店後の花ずみに入ってきた通子。旬平がまだいました。

「八重さん、出てこれたんだ。」

「前田さんが示談にしてくれて。」

それはよかったと言って帰っていく旬平。その後ろ姿をみて、通子は引っかかるものを感じました。

 

旬平の失踪

花ずみ銀座店がオープンし、客足は順調でした。刃傷沙汰の合った店と興味本位で来た客も、前田の料理に満足してくれました。

そこへ多衣から電話が来ました。旬平がいなくなったと言うのです。アパートには捜さないでくれと置手紙が残っていました。

『旬平が私たちの前から消えた。』

 

4話の感想はこちらです。あなたには渡さない4話 あらすじ感想 泥棒猫をこらしめる、通子の般若の面

3話の感想はこちらです。あなたには渡さない3話 あらすじ感想 二人の愛人と手を組む。モデルの驚きの顛末。

2話の感想はこちらです。あなたには渡さない2話 あらすじ感想 醤油で書いた10万の書と新たな裏切り

1話の感想はこちらです。あなたには渡さない1話 感想あらすじ のけ者主婦が料亭女将に。6千万を要求。

 

感想

通子が初めて見せたすさまじい怒りの表情。多衣の着物をすさまじい勢いではぎ取ってしまいました。その美しい体をみた通子は、笠井の相手をして銀座勝浪店を購入する資金を得ることを要求します。しかし笠井と多衣はすでに関係をもったことがありました。

笠井と多衣、二人が会う場面がちらほら書かれましたが、これは偶然でもなんでもなかったんですね。1話でも花ずみを客として訪れた通子でしたが、内密にという約束を破って笠井が旬平にすべてを告げていました。笠井は同じことを多衣にもしていたんですね。最初は金で、それもだめなら誘惑して、と忙しい笠井でしたが玉砕。

しかし、通子が6千万の借金に多衣の元を訪れたとき、多衣は笠井からの申し出を受けることにしました。この自分を犠牲にしたお金を通子が受け取ったことで、多衣の勝ち。だから結婚したのだと。この理屈はよくわかりません・・・

多衣でなくても、笠井の通子への執着心は怖く感じるほどです。その当時笠井さんには奥さんがいたのに、多衣との一度の関係が奥さんにばれてしまい離婚となってしまいました。

笠井の気持ちは通子もわかっていたんですね。でもビジネスに夢中の通子にとっては、守られるだけでは物足りなかった。今はどちらかというと一緒に戦ってくれる人が必要なのですね。それが多衣なのだと思います。夫の浮気相手というのがすごいですけど。

多衣もそうなのですが、前田や八重さんも店に不利益をもたらし、通子を困らせた相手なのに、その人をビジネスに巻き込んでいくというのはかなりの太っ腹ですよね!度量の大きな女性だと思います。

一方、旬平は一体何がしたかったのか。今回はずっとそれを不思議に思っていました。要は両方欲しかったということではないか、とも思うのですが。

結局女二人が手を組んだ、自分の嫌いな元兄弟子の前田と八重が戻ってきた、それで気に入らなくて失踪することにしたのでしょうか。かなり男性としては物足りない、情けないと思いました。後を託されても息子も困りますよね。

優美ちゃん、いつの間にやらお母さんのことを気にかけるようになっていますが、いつからでしょうか。お母さんに面と向かって失礼なことを言い放ったときから?先週からいきなりお母さんの味方になっていますが、何か仲直りするきっかけがあったかな、と不思議に思いました。

スポンサードリンク



関連記事

no image

あなたには渡さない6話 あらすじ感想 多衣が子供を産む条件。逮捕されても通子を守る笠井。

旬平の失踪から1年半。順調な花ずみでしたが、多衣の妊娠が発覚。父親の名をずっと明かさなかった多衣でし

記事を読む

no image

あなたには渡さない2話 あらすじ感想 醤油で書いた10万の書と新たな裏切り

多衣に6000万の借金をして、新生・花ずみを起ち上げた通子。最初の3日間は無料と多衣も驚くビジネスを

記事を読む

no image

あなたには渡さない 最終回 あらすじ感想 皆を救った通子の華。

多衣を守りたかった通子。しかし通子の意に反して、週刊誌に通子と笠井、多衣と旬平の記事が載ってしまいま

記事を読む

no image

あなたには渡さない3話 あらすじ感想 二人の愛人と手を組む。モデルの驚きの顛末。

開店してしばらくは盛況だった花ずみの客足が止まりました。理由の一つは八重が勝浪のスパイをして予約をキ

記事を読む

no image

あなたには渡さない1話 感想あらすじ のけ者主婦が料亭女将に。6千万を要求。

料亭「花ずみ」に嫁いだ専業主婦・通子。通子の前に突然愛人・多衣が現れ、夫との離婚届を突き付けてきまし

記事を読む

no image

あなたには渡さない4話 あらすじ感想 泥棒猫をこらしめる、通子の般若の面

旬平と多衣は入籍しました。未練を断ち切り新たなビジネスに大忙しの通子に、笠井が助けを申し出て距離を縮

記事を読む


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ohcbxvri/public_html/ruriblue.com/wp/wp-content/themes/stinger3ver20140327-3/single.php on line 124

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



ラウールジャニーズの兄弟構成!ハーフでスペイン語は話せる?本名も紹介!

Snow Manラウールさんに注目します!金髪にしてからますます存在感

宮舘涼太の大学はどこ?妹や身長体重、アレルギーも調査してみた!

Snow Manのだて様こと宮舘涼太(みやだてりょうた)さんに注目しま

ホワイトデーのお返しに花の意味は?一輪や花束、飴など意味の一覧も!

バレンタインデーのお返しとして、花を贈りたいとき、花言葉などを気になり

ラウールジャニーズの高校はどこ&転校した?ダンスがうまい動画と年齢身長も紹介!

今回はSnow Manメンバーのラウールさんに注目します。メンバーの中

靖国神社桜祭り2020屋台はいつからいつまで?出店と混雑やトイレについても!

靖国神社は桜の木が500本もあり、さらに桜の開花情報を伝える標準木があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑