ブラックスキャンダル最終話 あらすじ感想「一生に一人」舌をかみ切る亜里沙

公開日: : ブラックスキャンダル

純矢は紗羅のために明日那を殺したことを認めました。自分の行為を正当化する純矢に嫌悪感を感じつつも、離れられない亜里沙。亜里沙の出した答えは、新事務所の記者報告の場で純矢に謝罪させること。しかし純矢の謝罪は見当違いのものでした。

それを見ていた水谷は激高して純矢に襲い掛かりますが、亜里沙が盾になってかばいました。傷を負いながらも純矢にキスを求め、舌を噛み切った亜里沙。二人で抱き合いながら地上から一緒に干されて消えようとつぶやきます。

3か月後。水谷は留置所にいました。新事務所は花園が引き継ぎました。夏恋と和解した亜里沙はマネージャーに復帰しました。入院中の純矢は、赤い靴を履いた唯菜にどこかへと連れ去られていきました。

スポンサードリンク

勅使河原の通夜

勅使河原を悼む亜里沙

勅使河原(片岡鶴太郎)の通夜が営まれました。花園(平岩紙)と参列する亜里沙(山口紗也加)。亜里沙は、娘のように思ってくれていた勅使河原のことを思い浮かべます。

 

勅使河原「お前は俺が手塩にかけて育てた娘みたいなもんだ。これからも一緒に頑張るぞ。な。」

紗羅「はい。」

 

勅使河原「もう疲れた。あとはお前の好きにしろ。」

 

勅使河原の自殺光景。

 

遺族である純矢(安藤政信)に頭を下げる亜里沙。しかし、純矢は悲しんでいる様子もなく亜里沙をまっすぐに見ていました。純矢を見ながら思い出す自身の謝罪会見、母の焼身自殺。整形手術。今までの復讐、動画の中の純矢。

亜里沙の目に憎しみが宿りました。

 

水谷の勅使河原への復讐

通夜には水谷(若葉竜也)も来ていました。外から中をうかがいます。勅使河原に動画を見せた時のことを思い出しました。

 

水谷は勅使河原に2つの動画を見せました。画面に現れた純矢を見て、目をつぶる勅使河原。

「その映像に写っているあなたの息子が突き落とした女性は僕の姉です。本当のことを話していただけませんか。」

水谷の姉だとは思いもしなかった勅使河原、苦渋の表情で、土下座をして水谷に詫びました。

「私は…息子を…見捨てることはできなかった。愛する家族を守るためだったんだ。許してくれ。」

水谷は冷淡に、勅使河原が守った愛する家族に、自分は愛する家族を奪われた、純矢に復讐すると言い放ちました。純矢だけはどうか、と頭を下げる勅使河原に顔を近づけました。

「愛する人を失った世界で生きる痛み。それがあなたへの復讐です。」

 

純矢は、亜里沙のために明日那を他殺

勅使河原が首をつっていた木を見上げている純矢。亜里沙がやってきました。純矢は淡々として言います。

「まさか自殺するなんて、あんなオヤジだったけど悲しいもんだね。」

涙声の亜里沙「それは本心ですか?」

「え?」

意外そうな声を出す純矢に、亜里沙は水谷明日那を殺したのは純矢だと知っている、純矢が明日那を突き落とす動画を見たと言いました。悪びれもせずに純矢は、自分が殺したと認めました。水谷明日那は、水谷の姉、そう聞いても淡々としている純矢。

涙があふれるので上を見上げる亜里沙。純矢は全て紗羅(松本まりか)のためだったのだと言います。一番愛していた紗羅と結婚したかったのだと言うのです。耳を疑う亜里沙。

「だから、ああするしかなかった。」

 

明日那を突き落とした純矢。そのあとすぐにイヤフォンを耳にします。

 

純矢は得意げに笑みを浮かべています。

スポンサードリンク

不倫スキャンダルのねつ造

ゲラ原稿

二股をかけていたことを亜里沙が糾弾しても、ちゃんと紗羅を選んだと罪悪感のかけらもない純矢。亜里沙は愕然としながらも不倫スキャンダルのねつ造理由を尋ねました。

週刊星流が純矢に、純矢が明日那を他殺したという記事のゲラを送ってきたのです。純矢の名前と写真付きでした。

『この男に殺された』

『突き落とし・・・立ち去った 衝撃の殺人映像』

『藤崎紗羅という婚約者がいながら・・・二股&隠蔽殺人?想像を絶するゲス男。』

『将来有望な若手女優だった姉はこの男に殺された!』

『その男 勅使河原純矢』

 

巻田と交渉する純矢

週刊星流の編集部

純矢は巻田(片桐仁)に会いに行きました。記事は来週号のトップになる、純矢みたいなボンボンが奈落へ突き落とされる様子を見るのが大好きだと卑しい笑みを浮かべる巻田。悪びれもしない純矢は何か手はないのかと訊きました。

巻田「ない・・・ことはない。そのネタが先方にとって都合が悪かった場合、仕方なくネタを差し替えることはある。だがそれには条件がある。そのネタに同等の価値がある場合だけだ。」

 

藤崎紗羅の不倫スキャンダルをねつ造

純矢「それで俺は君の不倫スキャンダルをねつ造したんだ。」

 

紗羅が釈明会見を開いています。その会場の外にいる純矢と棚城健二郎。

純矢「いいな?」

棚城「はい。」

顎で中に入るよう合図をしました。棚城健二郎が会見に飛び込んでいきなり謝りだしました。それを無表情に聞いている純矢。

 

涙があふれる亜里沙「あの会見で・・・私がどんな目にあったか…知ってるの?どうして私なの?」

亜里沙の愛

紗羅の愛を信じていた純矢

純矢「君の愛を信じてたんだよ。俺が不幸になるより自分が不幸になるほうがましだって、君ならそう考えると信じていた。そして必ず俺のところに帰ってくるって信じていた。」

淡々と言い放ち亜里沙に近寄ってくる純矢。亜里沙は首を横に振りながらそれを拒否します。

「君も唯菜(松井玲奈)も俺が社長になるために頑張ってくれたね。おかげで社長になれたよ。ありがとう。」

笑顔を見せる純矢に恐怖を覚えて、倒れこみ過呼吸を起こす亜里沙。

 

亜里沙に決めた純矢

唯菜のことも愛していたという純矢。亜里沙の手を握ります。

「でも君の俺への愛のほうが上回ったんだ。君は唯菜に勝ったんだ。おめでとう!」

地面の上で後ずさりをする亜里沙。吐き気をもよおしました。亜里沙の脱げた黒い靴を手に取って見ている純矢。

亜里沙「どうしてそんな顔ができるの?あなた、私を裏切ったのよ。」

純矢「別に裏切ってなんかないよ。心の中にはいつも君がいたよ。」

黒い靴を放り出し亜里沙に顔を近づけます。「亜里沙。君に決めた。」

その顔を押し戻す亜里沙。純矢は笑顔で嫌がる亜里沙を抱きしめました。「君に決めた。」

スポンサードリンク

新事務所の設立

純矢の愛についていく社員たち

フローライトで社員たちに新事務所の設立を表明する純矢。フローライトを愛していた勅使河原、その父の愛を超える事務所を作りたい、父ではなく自分の愛についてきてほしいと、社員たちに頼みました。

新事務所の設立に当惑しながらも、社員たちは純矢についていくと言いました。純矢は新事務所の華となる才能発掘のため、大々的にオーディションをすると宣言しました。賞金は1千万円。その額に社員は皆驚きましたが、新事務所にふさわしい船出、頑張りましょうと純矢を取り巻きました。

 

映画主演が決まった夏恋に、赤い靴のプレゼント

純矢が、夏恋(小川紗良)に映画主演の仕事を取ってきました。台本をチェックして名前が一番最初にあるのを見て感激する夏恋。純矢に礼を言いました。

「これからは君がトップに立って、新しい事務所をひっぱっていく女優になるんだよ。」

「はい。がんばります。」

純矢は初主演のお祝いといって紙袋を渡しました。中からは赤い靴が出てきました。

「君に似合うと思って。」

そして純矢は夏恋の担当を自分がすることになったと告げます。社長がと驚く夏恋。

「嫌かな。」

「あ、いえ。よろしくおねがいします。」

「よかった。」

 

夏恋の赤い靴

夏恋のメガネのイベント。純矢と夏恋をみかけた亜里沙は後を追いかけてきて、成長した夏恋を笑顔で見守っていましたが、夏恋の履いている赤い靴に気づきました。

 

赤い靴のつながりに気づいた亜里沙

レストランで初主演を祝う紗羅と純矢。純矢は、初主演の祝いにと紗羅に紙袋を差し出しました。紗羅が開けてみると、それは赤い靴でした。

「君に似合うと思って。」

紗羅は笑顔で礼を言いました。

 

亜里沙は水谷が持っていた赤い靴を思い出しました。

激高したソフィアが手当たり次第に物を投げた時、赤い靴に手をかけると水谷が猛烈な勢いで止めたこと。そして明日那の遺体のそばに転がっていた赤い靴。

その時イベント会場に入ってきた純矢。亜里沙はつながりに気づいて茫然と純矢を見つめました。

赤い靴の警告

亜里沙を信じない夏恋

一人、脚本を読む夏恋に近づいた亜里沙。夏恋は、亜里沙に気づいて冷淡に対応します。

亜里沙「今すぐ勅使河原純矢のそばから離れてください。あの人はあなたを不幸にする。」

夏恋には亜里沙の言うことが信じられません。社長は映画の主演の仕事を取ってきてくれた、もうすぐ夢がかなうのだと。信じてください、そう訴える亜里沙に、信じられるわけがない、亜里沙は自分を復讐のために利用したのだと夏恋は拒絶しました。

 

亜里沙「私は5年前の復讐をするために、整形して顔を変えマネージャーとしてフローライトに戻ってきました。」

純矢に話すところを聞いている夏恋。

 

藤崎紗羅と小嶋夏恋

亜里沙「夏恋さん、私はあなたに藤崎紗羅と同じ失敗をしてほしくはないの。」

夏恋「私は藤崎紗羅ではありません。私は小嶋夏恋です。小嶋夏恋の可能性を誰よりも信じているのは私です。私にしかできないお芝居をして他の誰でもない女優になります。」

強くなった夏恋の言葉にうなずく亜里沙。

「確かに私がマネージャーになったのは復讐のためです。でもいつの間にかあなたに昔の自分を重ねていました。藤崎紗羅としてかなえられなかった夢を小嶋夏恋に託してたんです。」

亜里沙は涙を流しています。

「あなたは私にとって希望でした。あなたといるときだけは復讐のことなんか忘れてた。勝手ですよね。本当にごめんなさい。映画の主演、おめでとうございます。」

笑顔を浮かべて亜里沙は去っていきました。亜里沙の本心を聞いて、夏恋の顔からは怒りが消えていました。亜里沙に言われたことばを思い出しました。

「私は小嶋夏恋の可能性を信じています。」

亜里沙との日々を思い出している夏恋。

 

亜里沙のやるべきこと

花園にすべてを話した亜里沙。花園はまさか純矢がと愕然としています。迷いが見られる亜里沙。

花園「もしかして迷ってる?あの男の身勝手な行動がなければ、あなたが干されることはなかった。社長だって。やることは一つ。動画を公開すべきよ。」

亜里沙「分かってます。自分で決着をつけます。」

亜里沙はそう言って車から出ていきました。心配そうに見送る花園。

 

前夜

亜里沙は、USBを差し込んで動画を再生して純矢を見ました。思い出されるのは純矢との最後の一夜。そしてこの間の通夜での純矢の言葉。どうしたらいいのかパニックになって首を横に振り続ける亜里沙。

その頃、純矢は父親のように座禅を組んでいました。

水谷は、地面に置いた花束を見ています。

スポンサードリンク

新事務所の記者発表会

新事務所「Schaffen」

芸能事務所「Schaffen」オーディション記者発表会

挨拶をする純矢。新しい事務所の名前はSchaffen。ドイツ語で想像するという意味。仕事をいただくのを待っているのではなく事務所側からエンターテイメントをクリエイトしていく、そんな意味を込めたのでした。まずは全国的にオーディションを開催。夏恋も挨拶に立ちました。オーディションの詳細を説明するため映像が流れます。

 

明日那の動画

しかし映し出されたのは、オーディションの詳細ではなく水谷明日那の地面への激突の瞬間をとらえた動画。人が落ちてきたその瞬間、会場から叫び声が上がりました。落ち着き払った純矢は会場を見渡して、亜里沙と花園を見つけました。

犬飼(森田甘路)は、映像ミスです、と落ち着くように会場に呼びかけました。しかし動画には純矢が現れ、犬飼達も目を見張ります。

続いてふたご座流星群の映像。純矢が映る直前で亜里沙は動画を止めました。

花園「紗羅。どうして動画を止めるの?あの男に復讐したくないの?」

 

純矢に謝罪を要求

亜里沙は壇上の純矢の元へと歩いていきました。二人の思い出がフラッシュバックします。そばに来た亜里沙を、純矢は顔色を変えずに見ています。

「勅使河原純矢さん、この映像が何かわかりますよね。私が再生ボタンを押せば続きが流れます。そうなればあなたは終わりです。」

「そうだね。」

「でも、それじゃ意味がないんです。あなた自身があなたの口で真実を語り、犯した罪を全て認めてここで謝罪しないと意味がないの。謝罪しなさいよ。謝罪しなさいよ。

怒鳴る亜里沙。

 

純矢の口先だけの的外れ謝罪

純矢は壇上に膝をつきました。写真を一斉に撮る記者たち。自分が愛しているのは、婚約している阿久津唯菜ではなくてこの矢神亜里沙、申し訳なかったと余裕たっぷりに頭を下げる純矢。亜里沙にも一緒に謝ろうと言います。会場は思わぬ告白にどよめいています。

予想外の展開に驚き首を振り続ける亜里沙。自分の気持ちを弄んでという亜里沙に、本心だ、真実の愛だと動じない純矢。

「一緒に謝ってくれって言ったんだよ。一緒にお願いしようよ。どうか俺たちを温かく見守ってくれって。5年間、遠回りしてきたけどさ、俺はずっとこうなることを望んできた。」

そう言って近づいてくる純矢を、亜里沙は首を激しく横に振って拒否しました。

 

亜里沙と水谷の復讐

犠牲になった明日那

「いい加減にしろ!」

水谷が現れました。「何なんだお前、何が真実の愛だよ。姉さんを殺しておいて。じゃ、死んだ姉さんは何だったんだよ!」

純矢「水谷。姉さんの気持ちもよくわかるよ。でも、愛には犠牲が必要なんだよ。明日那が死んだとき俺も悲しかったよ。」

水谷は独り言を言います。隣に明日那の姿が見えているようです。

「姉さん、もういいよね。うん、大丈夫。もう泣かないで。僕が姉さんを笑顔にするから。うん。大丈夫。大丈夫。」

壇上に上がった水谷はナイフを持っていました。会場に集まった人は叫び声を上げました。

「姉さん、愛しているよ!」

そう叫んで純矢に向かっていきました。

 

亜里沙の究極の愛「一生に一人だけ」

しかし刺された相手は亜里沙。純矢をかばったのでした。どうして、と水谷はうろたえます。痛みに顔をゆがめながら純矢を抱きしめる亜里沙。

「やっぱり人間、一生に一人なのね、好きになるのは。浮気や心移りはいっぱいあるけど仕方ない。それが人間だから。でも、好きになるのは一生にひとり。あなた以外あなたじゃないの。」

「愛している、亜里沙。」そう言った純矢にキスする亜里沙。

 

純矢の舌をかみきった亜里沙

キスした二人。突然、純矢は亜里沙を突き飛ばして床に倒れこみました。口を押えています。亜里沙が純矢の舌をかみ切ったのです。口を押えて悶える純矢。亜里沙は何かを口から吐き出しました。

会場からの叫び声。花園も水谷も夏恋も驚いて二人を凝視しています。

亜里沙のそばには足から脱げたらしい赤いハイヒール。亜里沙は純矢のそばへ這っていき、気絶した純矢を仰向けにして抱きしめました。

息も絶え絶えに「私たち、一滴残らず地球上から干されて消えよう。」

血だらけのステージで抱き合う二人。

 

新事務所が軌道にのる

「Schaffen」の社長は花園

3か月後。新事務所「Schaffen」に花園が入ってきました。花園が純矢の代わりに社長職を引き継いだのです。おかげで路頭に迷わずに済んだと、社員たちに感謝を強要する花園。相変わらず厳しいけれど雰囲気は前よりも柔らかくなりました。タレントを想う気持ちは今まで以上、と社員はみな花園についていく覚悟です。

 

亜里沙の生きがいと償い

亜里沙『マネージャーはタレントの夢をかなえるために、人生をかけて寄り添っていく日陰の存在。』

夏恋の初主演の映画の最後の撮影。教会での結婚式のシーンでクランクアップしました。夏恋のマネージャーは亜里沙に戻っていました。二人の間にはしっかりした信頼関係がみられます。亜里沙はストレートだった髪に柔らかなウェーブがかかり、前よりも柔らかな雰囲気になっています。

『芸能界は誰でも平等に夢を見て、そしていつか夢を与える人間になれる憧れの場所。』

 

『時にはタレントのことを母親のように叱り、』

花園は、稲沢の演技を見てダメ出しをしています。明日の撮影前に一度、花園が演技をチェックすることになりました。嫌がる稲沢をせかします。

 

『時には過ちを犯し、』

犬飼がLaLaスタジアムの追加公演決定のポスターを貼っています。センターのミカのお腹は大きくなっています。

 

『時には身代わりになって犠牲になる。』

水谷は留置所に入っています。

 

病院

純矢は入院中。そこへ赤い靴を履いた、白衣を来た唯菜が近寄ってきました。唯菜は、意識の無い純矢の頭をいとおしそうに撫でて、ベッドを押してどこかへと連れて行きました。

 

『家族よりも恋人よりも誰よりも深い無償の愛がそこにある。』

夏恋の主演映画、クランクアップの記念撮影。マネージャーも一緒に入りました。

「オッケーです。ありがとうございました。」

 

『私はこれからマネージャーとして命を懸けてタレントを支えていく。それが私の新しい生きがいであり、償いでもあるのだから。』

教会で一人お腹を押さえる亜里沙。

鐘の音が鳴り響きます。

 

真の黒幕・純矢について考察しました。ブラックスキャンダル 赤い靴フェチの黒幕・純矢について考察

もう一人の赤い靴の持ち主は?ブラックスキャンダル 赤い靴の贈り主が判明!もう一人の赤い靴の持ち主

水谷の姉を殺した人物を予想しました。ブラックスキャンダル 水谷の姉を殺したのは?

9話で自殺した人物を予想しました。ブラックスキャンダル 9話 自殺した人物は?

巻田を殺したのは誰なのか、考察はこちらです。ブラックスキャンダル 巻田を殺したのは誰?

もう一人の復讐者・水谷についてまとめました。ブラックスキャンダル 赤い靴を手に、姉の復讐を誓う水谷

唯菜に何が起きるのか、考察はこちらです。ブラックスキャンダル 唯菜に何が起きる?チェインストーリーから考察

亜里沙の復讐、他の復讐者について考察してみました。ブラックスキャンダル考察 - 亜里沙は何人に復讐する?他の復讐者は?

唯菜の言動についての考察はこちらです。ブラックスキャンダル 唯菜の怪しい言動を考察

純矢についての考察はこちらです。ブラックスキャンダル 純矢が会社を継げない理由とは?

 

9.5話はこちら。ブラックスキャンダル チェインストーリー9.5話 水谷と姉・明日那の最後の晩餐

9話はこちら。ブラックスキャンダル9話 真の黒幕からの死のメッセージ「ゆっくり休んで」

8.5話はこちら。ブラックスキャンダル チェインストーリー8.5話 アンドーナツとアンパンの中身

8話はこちら。ブラックスキャンダル8話 あらすじ感想 包帯女が亜里沙の正体を暴露。水谷が巻田を殺す。

7.5話はこちら。ブラックスキャンダル チェインストーリー7.5話 優しくて頼れる先輩・紗羅

7話はこちら。ブラックスキャンダル7話 あらすじ感想 裏切って婚約?赤い靴を履かずに復讐完了?

6.5話はこちら。ブラックスキャンダル・チェインストーリー6.5話 ボロボロのフローライトをばっさり。

6話のあらすじ感想はこちら。ブラックスキャンダル6話あらすじ感想 亜里沙は花園に土下座「信じてください。」

5.5話はこちら。ブラックスキャンダル・チェインストーリー5.5話 疑念で一杯の純矢に動揺する花園

5話はこちら。ブラックスキャンダル5話 あらすじ感想 赤ちゃんプレイがキモ!唯菜の涙に水谷の自首。

4.5話はこちら。ブラックスキャンダル・チェインストーリー4.5話 赤い靴の意味は?ソフィアの目的は?

4話はこちら。ブラックスキャンダル4話 あらすじ感想 巻田は愕然。亜里沙と純矢の恋は?

3.5話はこちら。ブラックスキャンダル・チェインストーリー3.5話 亜里沙に闘志を燃やす巻田

3話はこちら。ブラックスキャンダル 3話の感想 亜里沙と勅使河原が許されぬ恋を応援

2.5話はこちら。ブラックスキャンダル・チェインストーリー2.5話 揺れ動く純矢と犬飼の心

1.5話はこちら。ブラックスキャンダル・チェインストーリー1.5話 亜里沙には内緒の唯菜の秘密とは?

 

感想

結局亜里沙は純矢を心から愛していたんですね。純矢の愛はあちこちに都合よく移り変わったけど、亜里沙の愛は純矢一人でした。だからこそ水谷に真実を告げられても、花園に復讐をと言われても、迷いに迷ってしまったんですね。それでも他の命を犠牲にして、何の罪の意識も感じていない純矢が許せなかった亜里沙。

一度は純矢を水谷から守ったと見せて、最後の制裁を加えたのは亜里沙でした。思いもかけない展開で驚きましたが、あれだけぺらぺらと都合の良い嘘を吐く純矢には、相応の罰だったのかもしれません。でも舌をかみ切ったのはかなりグロかったですね。現物を見せられなくてよかったです・・・

最後の復讐シーンには亜里沙はもう一度赤い靴を履いていました。純矢にもらった靴を履いて遂げてきた復讐。その靴の贈り主への最後の復讐にも履いている。どんな心境だったのでしょうか。心の中にいた自分の支えになっていた純矢と、自分を平然と陥れた目の前の純矢は違うということなのかもしれません。

純矢も唯菜もどうやら一命はとりとめたようです。赤い靴をやはりもらっていた唯菜。最後には、赤い靴を履いて純矢をどこに連れて行ったのでしょうか?あまり良い場所の気はしませんね。

亜里沙の復讐に都合よく使われたと思っていた夏恋。夏恋もまた赤い靴をもらったことを知り、夏恋の身の危険を感じた亜里沙は、必死に訴えます。それに対する夏恋の言葉。自分は藤崎紗羅とは違う。あの言葉、全部亜里沙が夏恋に以前言った言葉です。本人はわかって言っていたのでしょうか?大切なことを全部教えてくれたのは他でもない亜里沙です。

亜里沙が、結果的に夏恋を復讐に使ったことを謝り、本心を明かしたことで、夏恋の亜里沙への見当違いの怒りは収まったようですね。最後には二人とも以前以上に良好な関係に戻っていました。

花園さんが社長職に就きました。花園さんも藤崎紗羅が戻ってきて、以前の花園とはすっかり雰囲気が違っています。相変わらずやり手だけど、もう枕営業みたいなごり押しはしないと思います。いい風におさまりましたね!

最後に亜里沙がお腹を押さえていたのが気になりました。新しい生きがいと償いというのは、水谷に刺された時に、純矢との子供を失ったということでしょうか?生きがいはマネージャー、償いはたぶん失った子供なのでたぶんそういうことだと思うのですが。

それとも授かった命が水谷に刺されたにも関わらず無事だったけれど、父親が父親だからその子を産み育てることが償いという意味なのかもしれません。でも亜里沙にとっては純矢は一生に一人の男性です。だったら、そんな純矢の子供は償いなのではなくて、喜ぶべき授かりもののはずです。ということでやはり流産してしまったのではないかなと思うのですが。これは深読みしすぎかもしれません。

凄くすっきりしたわけではないしあれこれツッコミどころはあるのですが、とりあえず亜里沙と花園さんが円満に幸せに終わった、夏恋の怒りも解けた、ということでよかったのではないのでしょうか。個人的には、山口紗也加さん、松本まりかさん、平岩紙さんの演技に圧倒されました。特に6話のラスト以降の平岩紙さんには脱帽です。そして、最終回での安藤さん、めちゃくちゃ怖かったですね!

今後は、2週にわたって、亜里沙と紗羅の物語が書かれるようですが、どのようなものになるのか、もう少し楽しみが続きますね。

スポンサードリンク



関連記事

no image

ブラックスキャンダル新キャスト発表ー安藤政信、松井玲奈、片岡鶴太郎も

山口紗弥加さんが初出演される「ブラックスキャンダル」の新たな出演者が発表されました。 山口紗弥

記事を読む

no image

ブラックスキャンダル 9話 自殺した人物は?

ブラックスキャンダル8話の終わりで、大けがを負った唯菜に亜里沙の正体が暴露されてしまいました。9話の

記事を読む

no image

ブラックスキャンダル チェインストーリー7.5話 優しくて頼れる先輩・紗羅

本編のラストで唯菜と純矢の婚約報道が出ました。今回は、7年前の紗羅と唯菜についてです。予想していた以

記事を読む

no image

ブラックスキャンダル 赤い靴の贈り主が判明!もう一人の赤い靴の持ち主

ブラックスキャンダル。初回から印象的だった赤いハイヒール。最終話を来週に控えてその贈り主が判明。赤い

記事を読む

no image

ブラックスキャンダル5話 赤ちゃんプレイがキモい。唯菜の涙に水谷の自首。

5話のあらすじ感想です。亜里沙と花園がチーフマネージャーの座を巡って対立。夏恋とソフィアを連れて、C

記事を読む

no image

ブラックスキャンダル4話 あらすじ感想 巻田は愕然。亜里沙と純矢の恋は?

ブラックスキャンダル4話のあらすじ、感想です。亜里沙の正体を見抜いた巻田は、亜里沙を脅します。そして

記事を読む

no image

ブラックスキャンダル・チェインストーリー1.5話 亜里沙には内緒の唯菜の秘密とは?

亜里沙の部屋を訪れた結菜。紗羅に憧れていた結菜の心境が語られます。唯菜が亜里沙に知られたくない真実と

記事を読む

no image

ブラックスキャンダル・チェインストーリー3.5話 亜里沙に闘志を燃やす巻田

ブラックスキャンダルのチェインストーリー3.5話です。3話で、亜里沙に近づいた週刊誌の記者・巻田。ほ

記事を読む

no image

ブラックスキャンダル考察 - 亜里沙は何人に復讐する?他の復讐者は?

ブラックスキャンダル。かつて自分を陥れた相手に復讐を次々に果たしている亜里沙と他の復讐者について考え

記事を読む

no image

ブラックスキャンダル 3話の感想 亜里沙と勅使河原純矢が許されぬ恋を応援

3話を視聴後のあらすじと感想です。復讐の鬼となっていた亜里沙、昔の自分を思い出させる恋人同士を応援し

記事を読む


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ohcbxvri/public_html/ruriblue.com/wp/wp-content/themes/stinger3ver20140327-3/single.php on line 124

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



ラウールジャニーズの兄弟構成!ハーフでスペイン語は話せる?本名も紹介!

Snow Manラウールさんに注目します!金髪にしてからますます存在感

宮舘涼太の大学はどこ?妹や身長体重、アレルギーも調査してみた!

Snow Manのだて様こと宮舘涼太(みやだてりょうた)さんに注目しま

ホワイトデーのお返しに花の意味は?一輪や花束、飴など意味の一覧も!

バレンタインデーのお返しとして、花を贈りたいとき、花言葉などを気になり

ラウールジャニーズの高校はどこ&転校した?ダンスがうまい動画と年齢身長も紹介!

今回はSnow Manメンバーのラウールさんに注目します。メンバーの中

靖国神社桜祭り2020屋台はいつからいつまで?出店と混雑やトイレについても!

靖国神社は桜の木が500本もあり、さらに桜の開花情報を伝える標準木があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑