下町ロケット8話 あらすじ感想 オリジナルとコピー 藤間社長の続投

公開日: : 最終更新日:2018/12/05 下町ロケット2

ダーウィンプロジェクトの登場で、帝国重工のプロジェクトに陰りが見え始めました。さらには的場が重田工業を潰した暴露記事まで。的場の社長就任は延期となってしまいました。

一方、帝国重工の大型ロケットの打ち上げ再開。水原は、帝国重工でもバルブ開発をしていることを佃に告げました。

そしてアグリジャパン。農業の一大イベントで行われたダーウィンとアルファ1のデモンストレーション。結果はダーウィンの圧勝でした。

スポンサードリンク

ダーウィンプロジェクト

発起人

ダーウィンプロジェクトを扱ったニュース。帝国重工では財前(吉川晃司)が的場(神田正輝)に叱責されていました。ダーウィンプロジェクトに関しては、情報が秘匿されていたので財前でも知り得ませんでした。

財前が調べた情報に目を通す的場。発起人はギアゴーストの伊丹(尾上菊之助)、ダイダロスの重田(古舘伊知郎)、キーシンの戸川(甲本雅裕)です。伊丹と重田の名に見覚えのある的場は顔をゆがめました。

 

蚊帳の外、時流に乗り遅れた佃製作所

佃製作所でも情報を集めていて、キーシンが名を連ねていることに驚きました。野木(森脇博之)の開発プログラムを盗んだ会社、人の研究をかっさらって何が下町技術かと嫌悪感を示します。宣伝担当に北堀企画。帝国重工をライバル、悪に見立て、自分たちは庶民の味方だとアピールする狙いです。

そして外装はヤマタニと知り愕然とする佃(阿部寛)。仁義を切りに行った時の蔵田(坪倉由幸)と入間(丸 一太)の反応。あの時にはすでにダーウィンプロジェクトは始動していたのです。佃製作所だけが蚊帳の外。時流に乗り遅れたことを危惧する社員たち。

 

オリジナルとコピー

野木の大学

野木もまた、ダーウィンプロジェクトに危惧していました。想定外の事態に頭を下げる佃に、佃のせいでも財前のせいでもない、でもキーシンが許せないと野木。キーシンが盗み出してからどのくらい改良を加えたかによって、野木の技術を上回っている可能性もある、しかしオリジナルがコピーに負けてたまるかと佃は言い放ちました。そのためにも佃の協力が必要と野木は言います。

 

開発を楽しむ

畑の真ん中で止まってしまったトラクター。トランスミッションのバルブ制御がうまく連動していないと立花(竹内涼真)は言いました。野木は、直進の精度も向上させる必要がある、今は10㎝の誤差、話にならないと言います。

立花は何とか改良をして来月の合同テストには間に合わせたいと言いました。たかが実験トラクターと言い放つ軽部(徳重 聡)。12時だからとさっさと休憩に行ってしまいました。立花は早く製品化をしてギアゴーストに勝つこと、そして開発費のことを考えていたのですが、それは自分の仕事と山崎(安田顕)に言われてしまいました。

佃は、軽部の言うとおりこれは実験用トラクター、なら様々な実験を重ねてみて失敗を重ねることも重要、急がず開発を楽しむようにと立花たちに助言しました。改善点を洗い出すと言う立花を遮って、まずは飯、と外に連れ出しました。

 

スポンサードリンク

週刊ポストの記事

ダーウィン・プロジェクト

北堀(モロ師岡)が、全国から問い合わせが殺到していることを報告しました。北堀は、大企業という悪に立ち向かう重田たちを特集しただけと言いますが、それが大々的な宣伝効果を生んだのでした。

帝国重工では大騒ぎになっていると喜ぶ伊丹達。北堀は例の件は今週掲載と報告しました。まだ何か企んでいるのかという戸川に、重田も伊丹も当然と言いました。

 

週刊ポストの記事

アルファ1のことを奥沢(福沢朗)、財前と話す的場の元に、広報部長の多野が急ぎやってきました。明日発売される週刊ポストの記事を持ってきたのです。迷惑気に目を落として的場は目を見張りました。

 

帝国重工の暴露記事、帝国重工への宣戦布告

迫田(今野浩喜)が週刊ポストを持ってきました。帝国重工の暴露記事です。

『下町トラクター・ダーウィンの真実 帝国重工に潰された男たちの挑戦』『社長候補のエリートが潰し、路頭に迷わせた2千人の社員』

記事には、的場の強引な下請け切りで倒産した重田工業のことが書かれていました。SNSでも帝国重工への批判の声が上がっています。

山崎「善玉ダーウィンが悪玉帝国重工に挑戦するってことですね。」

佃「挑戦なんて生易しいものじゃないぞ。」

山崎「じゃあ帝国重工への宣戦布告ですか。」

 

藤間の続投

首の皮一枚つながった的場

その記事を読んでいる的場。週刊誌を投げつけました。

的場は、沖田会長に呼ばれました。

「君も判断ミスがあるんだな。あんな新規事業に手をだすべきではなかった。功を焦り、目だったがために足元をすくわれた。藤間(杉良太郎)がもう一期、社長をやるといっているよ。ま、この難局だ。やりたければやればいい。君があえて火中の栗を拾うこともあるまい。首の皮一枚つながったな。何とかしろ。このままじゃ、君は終わりだ。」

 

ダーウィンプロジェクト

藤間続投のニュースを聞いて喜ぶ重田と伊丹。帝国重工の人事をひっくり返した重田たちに驚く戸川。まだまだこれからと重田も伊丹も気味悪く笑いました。

今では世間はダーウィンの味方、トランスミッションもシステムも順調、あとはダーウィンの完成を待つだけです。

重田「うちのチームは一枚岩で頼もしいよ。社長の椅子巡って足の引っ張り合いをしているどっかの大企業と違ってね。」

 

スポンサードリンク

大型ロケットの打ち上げ再開

リユーザブルロケットエンジンの開発

帝国重工で、水原(木下ほうか)がヤタガラス7号機の打ち上げ以来止まっていた、大型ロケットの打ち上げを再開することを告げました。歓声が起きます。エンジンを使い回すことで大幅なコスト削減につながる、リユーザブルロケットエンジンの完成が不可欠だと言います。

その話を聞いて喜ぶ佃と山崎。山崎はある意味、週刊ポストのおかげで的場社長がなくなった、感謝しなくてはと言いました。

 

帝国重工でもバルブを開発

佃たちは、水原から、帝国重工でもバルブシステムを開発していることを告げられました。キーデバイスの完全内製化は悲願。この開発が成功すれば自社のバルブシステムを採用することになると告げられました。

佃は正直に話してくれたことに感謝し、予備扱いでも精いっぱいやる、もし佃製作所のバルブの性質が帝国重工のものを上回った場合は採用してくれるかと尋ねてみると、水原はもちろんです、と力強く返事をしてくれました。

 

親子で敵対

その夜、利菜(土屋太鳳)と話す佃。

「お前も大変だな。父親の会社と自分のとこの会社が競い合っちゃって。」

「私ね、すっきりしてるの。うちでもバルブ作ってることずっと黙ってたから。ついでに言うけど、私もバルブの開発にあたってるから。」

「もろ競合で敵対してるんじゃないか。俺たちは。」

「家ではただの親子でしょ。」

スポンサードリンク

アグリジャパン

岡山知事からの打診

毎年岡山で開催される農業の一大イベント。アグリジャパン。岡山知事から的場に打診があり、イベントの目玉として出展を打診されました。

エンジンやトランスミッションの小型化にはまだ時間がかかると消極的な奥沢に、いくらでもやりようがあると的場。

「今必要なのはアルファ1の存在と実力を世の中に広く知らせることだ。世間の印象を払拭しろ。」

 

トラクターの無人作業の走行テスト

野木の大学

実験用の無人トラクターが動き出しました。方向転換も問題なし、誤差は5㎝、だいぶ精度があがったと野木は喜んでいます。野木のチームは、佃たちのおかげで通信システムとトランスミッションの関係がこんなにも重要だと気づけたと感謝しています。改善点も見えたから修正しようと野木。

トランスミッションを熱心にチェックしている立花たちを見て、野木は素晴らしいチームだと喜びました。

 

野木もアグリジャパンに参加

野木も講演を頼まれているアグリジャパン。農業関係者が10万人も集まる大きなイベントだといいます。関係者から聞いたアルファ1の出展。無人走行のデモンストレーションもするようです。そこまで開発が進んだのかと驚く佃たちに、野木は驚くことをいいました。帝国重工は大型化に方針変更したというのです。

 

差し替えられた事業企画書

佃は財前から大型化について話を聞きました。ダーウィンが狙っているのは小型化、上は市場の住みわけを考えていると言います。無理をしてでもアグリジャパンに出展したい的場。小型エンジンとトランスミッション開発には時間もコストもかかるので、財前の当初の事業企画書を別のものにすり替えたのでした。

気づいた財前が奥沢に抗議したのですが、聞き入れられなかったのです。そのあと藤間社長に直訴しようとしたのですが、藤間はアメリカの視察に発ったあと、居合わせた水原にタイミングが重要と言われていました。

国内ではニーズの少ない大型トラクター。財前の目的だった日本の農業を救うコンセプトから外れてしまいます。

佃は、北海道での無人農業ロボットの試作品の動画を見せました。うちでもこれだけできる、天下の帝国重工にできないわけがない、財前さんもこの国の農業を救うことをあきらめないでほしい、野木を裏切らないでほしい、力強く訴えた佃に、財前は可能な限り手を尽くすと約束しました。

 

ダーウィンの出展に自信を見せる重田

重田は、アグリジャパンのパンフレットを伊丹に見せて、ダーウィンのデモンストレーションを打診されたことを報告しました。帝国重工も同様に打診されています。ダーウィンとアルファ1の一騎打ち。

「飛んで火にいる夏の虫だ。返り討ちにする。」と、自信をみせる重田。

 

島津の後任・氷室

ヤマタニから、走行テストで急停止エラーについてメールが来ていました。氷室(高橋努)はうちには原因がないと断言しました。開発中にはよくあることと。騒いでいる様子を気にした伊丹に社員が報告しようとすると、氷室はそれを叱責しました。それを苦い顔で見ている柏田(馬場徹)。

伊丹は柏田に氷室の様子を尋ねました。優秀な人ではあるが命令ばかりで息苦しい、前はもっと自由に仕事ができた、柏田の言葉で島津(イモトアヤコ)を思い出す伊丹。

 

アグリジャパン当日

帝国重工・アルファ1vs 下町トラクター・ダーウィン

日本一の農業イベントアグリジャパンはすごい人でした。『無人農業ロボット対決。帝国重工アルファ1vs下町トラクター・ダーウィン』と対立をあおるような垂れ幕がかかっています。

会場に着いた佃製作所の一行。佃が誘った殿村と合流しました。

帝国重工のブースは一番いいところに設置してありました。アルファ1が展示してあります。その大きさに圧倒されました。うちでも無理と殿村は言います。

「それでも作れば売れるというのが的場流。」

 

時流をつかんだダーウィン・プロジェクト

ダーウィンプロジェクトは大人気で近づくこともできません。

「これが伊丹のいう勝ち組ってことですか。」

「見ろよ。ダイダロスにギアゴーストに、キーシンも。人の技術を横取りしておいて堂々としたもんだ。」

「安さ一流、技術二流と言われたダイダロスに随分と先に行かれたもんですね。これが時流をつかむってことか。」

やられちまったと苦々しい思いで、ダーウィンプロジェクトの4人を見ている佃たち。

 

ダーウィンとアルファ1のデモンストレーション

藤間社長

講演が無事終わった野木。佃たちと話していると財前が野木を迎えに来ました。佃たちの分も席を用意してくれているといいます。

財前が藤間社長を案内してきたのをみて、的場の顔がゆがみました。「どうしてあの男がここへ。」

アメリカ視察中だったはずの藤間は、岡山県知事とは大学の同期、今日のイベントのことを教えてもらい帰国を早めたのだと言います。しかし予定はそんなに簡単には変えられない、誰かが藤間に知らせたのだと、的場は財前を疑いの目で見ました。

 

財前「社長にお伝えしたいことがあるのですが。」

水原「世の中タイミングというものが重要なんだ。」

 

的場『失敗は許されない。あの男にもダーウィンプロジェクトにもアルファ1の性能を見せつけてやる。』

重田と伊丹「我々の力を見せつけるときだな。」

 

難なくこなした下町トラクター・ダーウィン

会場には、伊丹から招待チケットを贈られた島津も来ていました。

司会のアナウンスが響き渡ります。

『本日のメインイベント。無人農業ロボットのデモンストレーション。ダーウィンプロジェクトから下町トラクター、ダーウィンの登場です。』

大歓声に迎えられました。

山崎が説明します。「デモで求められる課題は3つ。走行性能。作業性能、安全性能。」

1つ目の走行性能では、いかに早く正確にコースを走行できるかが見られます。コースの幅は、車体幅に左右70㎝を余裕を持たした長さ。ダーウィンは難なくこなしました。

佃「測位センサーが上手く働いている。」

2つめ、圃場コースではどれだけ正確に耕せるかを見ます。トランスミッションの精度が一番試されるところです。さすがギアゴーストのトランスミッションと佃製作所は感心しました。

3つ目の課題は安全性能、いくらスムーズに動いても人をはねてしまうような機械は論外です。人の代わりに置かれた案山子を感知してダーウィンは止まりました。

伊丹はガッツポーズをしています。藤間も、敵ながら大したものと感心しました。

 

アルファ1の大失態

20分の休憩の間に、伊丹とばったり会った佃。二人とも見かけた島津を探していてばったり会ったのでした。ダーウィンのトラクターを褒める佃。佃のトランスミッション開発を伊丹は気にしますが、自分たちとの力の差はわかっているはずと上から目線です。佃はうちはしぶとい、いつか対等に渡り合って見せると宣言しました。

アルファ1のデモンストレーションが始まりました。ダーウィンほど観客は興奮していません。ダーウィンと違い、道幅ぎりぎりでゆっくり進むアルファ1。

「動きがとろい。トランスミッションの差だな。」と山崎。

課題その1はダーウィンに完敗と山崎がいいました。作業性能もダーウィンの圧勝です。アルファ1はパワーはあるものの、ダーウィンに比べて作業ムラが目立ちました。

課題その3。基本中の基本の安全性能。でもアルファ1は案山子を踏みつぶしてしまいました。あまりのことに野木は茫然としています。

奥沢「センサーが上手く作動しなかったようです。泥がついたのでは。」

ダーウィンの連中は大喜びです。「安全性に問題あり。大失態ですね。」

そして帰っていくアルファ1。上り坂で道から脱輪、横転してしまいました。

嘲笑に包まれる会場。

伊丹「勝負ありだ。文字通り、帝国重工は地に落ちた。」

顔を苦し気にゆがめている財前。軽部も笑っています。首を振る野木。佃製作所の一行は愕然としています。藤間は一人静かに目を閉じていました。

 

次週、第9話は原作「下町ロケット ヤタガラス」では、4章後半と5章からです。

下町ロケット ヤタガラス 原作のあらすじネタバレ5

 

今回の第8話は、原作「下町ロケット ヤタガラス」では、4章半ばまでに当たります。

下町ロケット ヤタガラス 原作のあらすじネタバレ4

 

ゴーストのカンタンあらすじはこちらから。『下町ロケット2』続編ゴーストのネタバレ 第4作『ヤタガラス』も含まれるか?

原作「ゴースト」のネタバレはこちらから。『下町ロケット2』原作「ゴースト」あらすじネタバレ一覧

原作「ヤタガラス」のネタバレはこちらから。『下町ロケット2』原作「ヤタガラス」あらすじネタバレ一覧

 

振り返りはこちらから。

7話はこちらです。下町ロケット7話 あらすじ感想 動き出した最悪に鈍足なカメと下町トラクター

6話はこちらです。下町ロケット6話感想あらすじ ロケットで思い出した原点 ヤタガラスがもたらした夢

5話はこちらです。下町ロケット5話あらすじ感想 トノへの不満さく裂。スーツの稲刈りで宇宙を想う。

4話はこちらです。下町ロケット4話あらすじ感想 裏切ってウィン⁴ 佃製作所の恩人が去る日

3話はこちらです。 下町ロケット3話 あらすじと感想 田植えデートと結婚への障害

2話はこちら。下町ロケット2話 あらすじ感想 マングースの案でヘビ野郎に対抗

1話はこちら。ドラマ「下町ロケット2」ゴースト1話あらすじ感想 泥くささとハイスペック

 

感想

今回嬉しかったことは的場の暴露記事がでたことで社長就任が延期となり、藤間社長が戻ってきたことですね。杉良太郎さん演じる藤間社長はいるだけで画面を引き締めてくれる気がします。藤間さんが出てきた途端、それまでとんでもない気味の悪い存在感をみせていた的場が小さく見えました。

世に自分の暴露記事が出てしまい、印象を変えるためにアグリジャパンは好都合。開発が追い付かないという奥沢を脅すようにして事業計画書を都合よく書き換えた的場。本来、日本向けの小・中型だったトラクターは、帝国重工の得意な大型トラクターへと変えられてしまいました。

満足しているのは的場と奥沢だけです。佃も野木も財前もみな、大型トラクターの需要が限られることを危惧していました。あれだけ大きな農地を持つ殿村でさえアルファ1は大きすぎるというほどの大きさです。

観客の反応をみてもどちらのサイズが求められているかはよく分かりましたね。ダーウィンは観客のほぼ全員が立ち上がっていましたが、アルファ1は立ち上がっていたのは帝国重工の社員だけ。

結局デモはダーウィンの圧勝。オリジナルがコピーに負けてたまるか、そう佃に言われていた野木ですが、この瞬間、野木に責任はないとはいえ、コピーに負けた、と思ってしまったのではないのでしょうか。野木の表情が痛々しかったですね。

ところで水原部長のタイミングが重要というのがよくわからなかったのですが、あれは水原が藤間社長にコンタクトを取ってくれたということなのでしょうか?それともすべてを先読みした水原が前もって藤間に伝えてくれていた?的場が予定を変えるのは大変なことと言っていたことを考えると、水原が事前にアレンジしてくれた、と思ったほうが自然かもしれませんね。

あれだけ仲の良かった佃と伊丹の雰囲気が氷のようになってしまったのは残念なことです。的場への復讐に燃える伊丹さんの表情も見ていてものすごく辛いです。

スポンサードリンク



関連記事

no image

下町ロケット5話あらすじ感想 トノへの不満さく裂。スーツの稲刈りで宇宙を想う。

口頭弁論。神谷は、ケーマシナリーの特許の無効性、正当性を指摘し、見事に裁判に勝ちました。末永と中川は

記事を読む

no image

『下町ロケット2』続編ゴースト 新キャストにイモトアヤコ

2015年10月に放送された『下町ロケット』の続編です。新シリーズの鍵を握るベンチャー企業ギアゴース

記事を読む

no image

下町ロケット2話 あらすじ感想 マングースの案でヘビ野郎に対抗

第2話のあらすじ感想です。 第1話の振り返り 計7機を打ち上げる、日本版GPSシステム・準天頂衛

記事を読む

no image

下町ロケット4話あらすじ感想 裏切ってウィン⁴ 佃製作所の恩人が去る日

「近しい人が情報漏洩をしている。」伊丹と島津に、神谷は動かぬ証拠をつきつけます。思わぬ裏切りに愕然と

記事を読む

no image

ドラマ「下町ロケット2」ゴースト1話あらすじ感想 泥くささとハイスペック

ドラマ「下町ロケット2」1話あらすじ感想です。 ヤタガラスの打ち上げ 打ち上げ成功 日本版GP

記事を読む

no image

下町ロケット10話 あらすじ感想 混ざった水と油。無人トラクターが殿村家の圃場を走る。

財前から改めてアルファ1のエンジンとトランスミッションの供給を頼まれた佃たち。エンジンはともかくトラ

記事を読む

no image

「下町ロケット2」新キャスト続々 ー 徳重聡、尾上菊之助、神田正輝

放送を10月に控え、イモトさんに加え、新キャストが続々と発表されています。『下町ロケット2』続編ゴー

記事を読む

no image

『下町ロケット2』続編の第4作「ヤタガラス」とは?

『下町ロケット2』続編、ゴーストが始まりますが、その10月放送に先立ち、池井戸潤さんの書き下ろし小説

記事を読む

no image

下町ロケット最終話(11話)あらすじ感想 徹底的に泥臭く。走れ!ランドクロウ

首相視察でデモが行われました。しかし時間の押した首相はダーウィンだけを見て帰ってしまいます。二つのデ

記事を読む

no image

下町ロケット3話 あらすじと感想 田植えデートと結婚への障害

下町ロケット3話のあらすじと感想です。新型エンジンの燃焼実験は成功。一安心したところにまた新たな問題

記事を読む


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ohcbxvri/public_html/ruriblue.com/wp/wp-content/themes/stinger3ver20140327-3/single.php on line 124

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



ラウールジャニーズの兄弟構成!ハーフでスペイン語は話せる?本名も紹介!

Snow Manラウールさんに注目します!金髪にしてからますます存在感

宮舘涼太の大学はどこ?妹や身長体重、アレルギーも調査してみた!

Snow Manのだて様こと宮舘涼太(みやだてりょうた)さんに注目しま

ホワイトデーのお返しに花の意味は?一輪や花束、飴など意味の一覧も!

バレンタインデーのお返しとして、花を贈りたいとき、花言葉などを気になり

ラウールジャニーズの高校はどこ&転校した?ダンスがうまい動画と年齢身長も紹介!

今回はSnow Manメンバーのラウールさんに注目します。メンバーの中

靖国神社桜祭り2020屋台はいつからいつまで?出店と混雑やトイレについても!

靖国神社は桜の木が500本もあり、さらに桜の開花情報を伝える標準木があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑