SUITS/スーツ7話 あらすじ感想 ウィンウィン以上の合併。「チカ+甲斐÷蟹江」と対決。

公開日: : 最終更新日:2018/11/27 Suits/スーツ

桜庭リゾートへの大手ホテルグループ、KJOからの合併の提案。上から目線の合併条件を突き付けてきたのは、チカと因縁のある、真琴の父親でした。合併話に潜むKJOグループの敵対的買収。甲斐の奇策で桜庭リゾートの社長は夢を実現しました。

昔、大貴のやった替え玉受験の相手は、真琴の親友でした。真琴は替え玉をしたのが大貴だと見抜きました。そして遊星もまた大貴と一勝負したいと危うげなことを言い始めました。

スポンサードリンク

桜庭リゾートの合併話

大手ホテルグループとの合併に乗り気な桜庭社長

甲斐(織田裕二)の顧客、国内有数の優良ホテル、桜庭リゾート&ホテル。社長の桜庭(高橋洋)に会いに来た甲斐。この10年で国内に13のホテルにまで増やした桜庭。三ツ星ホテルになったことを喜んで報告してくれました。

大手ホテルグループKJOのアメリカ人社長・ジーン・クラインから合併話を持ち込まれて、一気に世界50か国にホテルを持つオーナーになれると桜庭は乗り気です。甲斐は、大手との合併によって、桜庭の築いた独創性やブランド価値まで飲み込まれると懸念しますが、桜庭の気持ちは決まっていました。

 

替え玉受験の父、木次谷、再び

桜庭リゾートのレストランで食事をする甲斐、玉井(中村アン)、桜庭社長。ジーン社長の代理人がこれから挨拶にくるというので不快感を示す甲斐でしたが、それは1話で登場した蟹江の友人・木次谷でした。大貴がした替え玉受験の父親です。

甲斐が、皮肉を込めて息子のことを尋ねると、浪人させることにしたそうです。新しいファームに移った木次谷。大手のセイントでした。お手柔らかに、そう言いつつ握手をしながらにらみ合う二人。

 

チカ+甲斐÷蟹江

真琴(荒木優子)が憂鬱そうな顔をしています。大貴(中島裕翔)が声をかけました。司法試験を前に緊張している真琴。大貴は、試験だけは得意と協力を申し出て、練習試験につきあいました。

「あ、また同じミスしている。普通の問題とひっかけ問題の見分けがついていない。」

司法試験は他の国家試験に比べて、ひっかけが少ないという大貴の言葉を不思議に思う真琴。

真琴の父も弁護士でした。30代で自分のファームを起ち上げて、今はアメリカ法人のトップ。もうすぐ帰国するのですが、いまだパラリーガルのままで会わせる顔が無いようです。父親は、チカ(鈴木保奈美)と甲斐を足して、蟹江で割った感じという真琴。

 

スポンサードリンク

新人弁護士の面接

法曹界の厳しさに耐えられる新人を選ぶ蟹江

面接官は蟹江(小手伸也)。秘書の馬場が急に休んだので玉井が手伝っています。顔を出したチカは、野暮用と面接を蟹江に任せました。友人の木次谷から、チカが甲斐のシニア昇格の根回しに動いている、そう聞いた蟹江は気が気ではありません。法曹界の厳しさに耐えられる新人を選ぶと言います。

 

大貴が以前、替え玉受験をした女性

採用面接に集まった人の中に、大貴が、二年前に司法試験の替え玉受験をした女性、町田日向子(石橋静河)がいました。その女性は真琴の大親友。甲斐は気にもかけていませんが、大貴の女装には興味を持ちます。

 

蟹江の面接の評価

スマホをチェックしている蟹江『幸村の面接官はパワハラ、くそ野郎。カニとか海老とかいう名前のやつ。』

となりでチカが睨みつけています。「たかが面接でファームの評判を落としてくれるとは。」と立腹しているチカ。

「こんな書き込みには何の影響力もない。法曹界の厳しさを・・・」

「あなたに任せた私がばかだった、今すぐ対処して。」

 

スポンサードリンク

真琴の父のファーム『セイント』とチカの因縁

精神的優位に立ちたい甲斐

KJOの代理人「セイント」に、甲斐は大貴を同行させます。合併交渉は精神的優位に立ちたい。息子の替え玉をやった大貴がいると有利だと言うのです。

大貴をずっとにらみつづける木次谷。大貴は気が気ではありません。ジーン社長が到着したと席を外す木次谷。周りを見渡してずらりと並んだ表彰状には聖澤と書いてありました。だからセイントか、と納得する大貴。そこで同じ苗字を持つ、真琴の言葉を思い出しました。

『代表と甲斐先生と蟹江先生を割ったような・・・』

そこへ、聖澤(竹中直人)がジーンと入ってきました。聖谷は、ジーンと桜田、木次谷を食事に行かせます。木次谷は連絡係、代理人は聖澤なのでした。

 

交渉の決裂

合併条件をチェックする甲斐。ファイルを乱暴につき返しました。

「こんな合併比率じゃ話になりません。従業員の雇用の保証もない、桜庭リゾートの名前すら残らない、これじゃ合併じゃなく乗っ取りだ。対等な合併じゃないとうちは飲めません。」

聖澤は、桜庭は日本では有名かもしれないが、世界では無名、それでもジーンは桜庭を取締役に受け入れようとしていると、横柄な態度です。

甲斐は引き下がりません。「会社の価値は会社の規模だけじゃない。桜庭リゾートが打ち出した独創的なホテル経営は世界トップクラスだと私は思っている。そんな才能を、規模だけが自慢のホテルに潰されるわけにいきません。」

交渉は決裂しました。

 

上から目線の合併条件

チカの事務所、幸村・上杉代表事務所。幸村はチカですが、上杉はいません。上杉はチカの共同経営者でしたが今は休職扱い、チカが追放したのでした。上杉は、聖澤の同期で親友なのです。

上から目線、誰もが抵抗する合併条件を突き付けてきたのは、上杉のいないファームを試そうとしているのだ、とチカ。売られたケンカは買うようにと甲斐に指示しました。

 

スポンサードリンク

KJOの横領事件

ウィンウィン以上の合併

ジーン社長と桜庭社長の2ショットがインスタに。合併を匂わせていてコメント欄が盛り上がっています。合計300万人以上のフォロワー。合併を既成事実にしようとしているのでした。

甲斐の命令で、KJOグループについて調べていた大貴。公式発表にはなかった、タイのホテルの営業が一時期止まった事実を調べていて、タイの従業員からようやくメールが来ました。

アジア地区、12軒のホテルを統括するマネージャーが横領をしていて、タイにあるKJOホテルでストライキが起きていたのです。タイだけではなく、おそらく残りの11軒も。しかしKJOグループはこの事実を隠蔽していました。

合併に乗り気だった桜庭は愕然としますが、これでウィンウィン以上の合併に持ち込める、と自信を見せる甲斐。

 

甲斐の新たな合併条件

聖澤に待ち伏せされたチカ。合併スキームなんて交渉次第と譲歩を匂わせました。横領事件の調査をしていることに気づいたのかもしれないと甲斐。

強気の合併条件を提示しました。すべてのホテルに桜庭の名前を併記など、聖澤も木田島も不快感を見せます。甲斐は、その代わりに桜庭にはアジア統括マネージャーの横領事件の火消し役を買って出る意思があると伝えました。

「マスコミも横領事件は間もなくかぎつける。年末には、桜庭リゾートの4つのホテルが5つ星を獲得します。日本の超優良ホテルがKJOグループの再建に乗り出す。世間的にも受け入れられやすいストーリです。」

前向きに検討すると聖澤。資産状況の情報を交換しました。

 

甲斐の奇策

敵対的買収

桜庭リゾートの株が一気に買われています。KJOグループが、ダミー会社を使って桜庭リゾートの株を買い漁っているのでした。

甲斐はチカに報告しました。「合併はただのブラフです。我々に資産状況を出させて詳しい資産状況を把握した。合併に見せかけた買収、それが狙いです。」

買い付け自体は交渉前から少しずつ小口で行われていたので、インサイダー取引にはなりません。チカは、甲斐に秘策はあるかと尋ねました。ため息をつく甲斐。

甲斐は桜庭に電話をしました。「合併を少しでも有利に進めるためです。」桜庭は甲斐のプランに同意しました。

 

全ての5つ星ホテルを売却

ホテルでジーンと聖澤を待ち伏せる甲斐と大貴。大貴が、聖澤に一枚の紙を渡しました。それを見て驚く聖澤。

「見てのとおりです。あなたが買い漁っているホテルの資産価値は間もなく半分になります。」

甲斐は桜庭を説得して、年末に5つ星獲得が決まっている、東京、京都、金沢、沖縄、4つのホテルの売却を進めていました。売却には桜庭の同意も得ています。だまし討ちで乗っ取られるくらいなら自らの手で売り払うと。

売却先はKJOのライバル、モリーザホテルグループ、持ち主が変わると星も変わるとやんわりと脅します。

 

再び合併話

ジーンは、合併の話に戻したいと言ってきました。今更という甲斐に、聖澤は頭を下げます。

「まあ、私も桜庭社長の夢をかなえてあげたいという思いもないわけじゃない。騙しうちをするような相手に、会社の主導権を渡すわけにはいかない。KJOグループは顔じゃない。」

「君の言うとおりだ。お互いウィンウィンになることを願っているよ。」

笑顔を見せずに握手をする二人。

 

甲斐とチカの祝杯

『KJOグループが敵対的買収を撤回、桜庭リゾート主導による合併か』

甲斐とチカは祝杯をあげています。甲斐の奇策に、チカは今でも驚いています。

「奇策なんてそうそう通用するものじゃない。ああでもしないと相手が相手だから。」

蟹江が、木次谷の誘いでセイントへの移籍を考えていたことは、二人とも知っていました。真琴が偶然、聖澤と蟹江が話しているところを見かけて報告していたのです。しかし今回のことで、今セイントに移っても旨味は無いと分かったろうとチカ。チカは蟹江のギャラを上げました。もともとそれが目的だったのです。

チカ「あなたは移籍を考えたりする?もしあの時、上杉に私が追い出されていたら、このファームはどうなっていたかしらね。」

少なくとも自分は移籍していたと甲斐。礼を言うチカ

 

過去から逃れられない大貴

替え玉を頼みたい真琴

大貴に、替え玉をした真琴の友人・日向子から電話がかかってきました。優秀な友人がいるが試験が苦手、大さんに頼みたいと。日向子は、真琴に替え玉を頼んだことを告白したのです。

替え玉の相手と待ち合わせる真琴。そこへ大貴が偶然を装って現れました。立ち去ろうとする真琴を呼び止めて、

「もっと自分を信じてもいい。思いつめると悪い選択をしてしまう。ただ自分を信じること、それだけだと思う。」

時間をみて、急いで立ち去る大貴。

 

もう一度大貴と勝負したい遊星

優秀なのに試験が苦手な真琴が替え玉を頼みたいらしい、砂里に話す大貴。真琴の優秀さを知っている大貴は、心配をしています。まさかやる気じゃないでしょうね、と釘をさす砂里。そこまで大貴を心配させるなんてすごい、と砂里は寂し気です。

砂里の元へ遊星から連絡がきました。土木のバイトをしているらしい遊星。「なあ、大、最近どうしてる?もう一回、東京であいつと勝負したいんだ。」

無理と断る砂里。

 

替え玉をしたのが大貴だとばれた

真琴は、学生のころからの行きつけ『三宝食堂』に大貴を連れていきました。

真琴「あの時、人と待ち合わせをしていたんです。でもその人は来ないまま、来たのは鈴木先生だけ。先生ですよね。」

しらを切る大貴。しかしそこへ真琴に呼び出された日向子がきました。「あれ、大さん」

やっぱり、と怒って立ち去る真琴。

 

第8話はこちらです。

SUITS/スーツ8話 あらすじ感想 脅しと情報漏洩の顛末。大貴を兄妹で振り回す。

 

第6話はこちらです。SUITS/スーツ6話あらすじ感想 ハッカーが起こした奇跡とすっぽんの蟹江の執念

第5話はこちらです。Suits/スーツ5話 あらすじ感想 『ワンピース』の愛読者・大貴が違法取立人を撃退

第4話はこちらです。Suits/スーツ4話 あらすじ感想 透明人間の大貴「初めてにしてはよかったでしょう?」

第3話の感想はこちらです。SUITS/スーツ3話あらすじ感想 世界一の正確さを守る。ゲームでクーデター

第2話の感想はこちら。SUITS/スーツ 2話 感想 中島裕翔くん102㎝は? ローのハイタッチににんまり

 

感想

大貴のハーバードの卒業写真が差し替えられて安心したのは先週のこと。またしても不穏な空気が漂ってきましたね。過去からはやはり逃れられないのでしょうか。今回は、大貴が過去にした替え玉受験の相手が現れました。しかも真琴の親友。試験を不安がる真琴に替え玉をしてくれる人がいると教えるとんでもない人です。真琴は最初から替え玉を頼む気だったのでしょうか?でもいつも四角四面な真琴のこと、それはまずなかったと思います。きっと、あなたのやっていることは間違っています、そう説教するつもりだったような気もします。

少しの間大人しくしていた遊星もまた大貴の前に現れそうな気配ですね。今度は弁護士事務所にまで現れそうな気もします。でも砂里ちゃんが切ないですね。大貴の目には、妹としてしか映っていません。

そして今回のメインのホテルの合併。桜庭ホテルの質を評価する甲斐は、大手のグループに買収されることには最初から反対でした。でも桜庭社長が乗り気なので、その意をくんで合併話に。でも真琴の父の聖澤が提示した条件はほとんど乗っ取り。これには最初から裏があったんですね。甲斐の指摘したとおり、乗っ取りを企んでいたのでした。

ここで甲斐の奇策が生きてきます。KJOグループのライバル会社に、5つ星獲得予定のホテルを売却を提示。資産価値を下げてしまうという強烈な反撃をしました。慌てたKJOグループは合併の話に戻したい、なんとも虫のいいお話です。でも桜庭の夢もかなえたい、桜庭が全面的に表に立つのなら、という条件で合併の話に戻しました。見事、ウィンウィン以上になりましたね!

先週はかっこよかった蟹江さん、今回はどうしちゃったのでしょう。ほとんど仕事らしい仕事をしているところが見られませんでした。

スポンサードリンク



関連記事

no image

Suits/スーツ5話 あらすじ感想 『ワンピース』の愛読者・大貴が違法取立人を撃退

縁を切ったはずの遊星が再び大貴の前に現れました。甲斐の車で、身元引受人として遊星を迎えに行く途中、衝

記事を読む

no image

SUITS/スーツ6話あらすじ感想 ハッカーが起こした奇跡とすっぽんの蟹江の執念

20億円の投資をした発電所の計画が頓挫。他の慈善事業にも影響が出てしまうとチカに泣きついた内海。チカ

記事を読む

no image

SUITS/スーツ8話 あらすじ感想 脅しと情報漏洩の顛末。大貴を兄妹で振り回す。

有害塗料での体調不良を訴えた集団訴訟。チカが喜んで受けました。しかし相手側の弁護士は畠中。あの手この

記事を読む

no image

Suits/スーツ4話 あらすじ感想 透明人間の大貴「初めてにしてはよかったでしょう?」

Suits/スーツ4話。2つの訴訟です。大貴の初めての法廷シーンが見られます。家賃滞納でオーナーから

記事を読む

no image

Suits/スーツ10話 あらすじ感想 蟹江に負けた大貴、甲斐の加担した冤罪。

大貴の経歴詐称を知ったチカは、大貴と蟹江を勝負させます。蟹江を罠にはめ勝利を確信した大貴に、蟹江は罠

記事を読む

no image

SUITS/スーツ3話あらすじ感想 世界一の正確さを守る。ゲームでクーデター

SUITS/スーツ 第3話のあらすじ・感想です。 第3話 マニアックな2つの会社 老舗時計メーカ

記事を読む

no image

SUITS/スーツ最終回 あらすじ感想 不正には不正を。サンタの遊星が大活躍。

甲斐が13年前に担当した事件が、冤罪と判明しました。刑務所の栗林を助けるために弁護士生命をかけて奔走

記事を読む

no image

SUITS/スーツ9話 あらすじ感想 経歴詐称。大貴の暴走と悪友の裏切り

経歴詐称の会計士を円満に解雇する仕事。大貴は自分に重ね合わせてしまい、会計士を守ろうとしてしまいます

記事を読む

no image

SUITS/スーツ 2話 感想 中島裕翔くん102㎝は? ローのハイタッチににんまり

SUITS/スーツ2話 無料法律相談会と内部告発 甲斐正午(織田裕二)に顧問弁護をしている銀行の行

記事を読む


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ohcbxvri/public_html/ruriblue.com/wp/wp-content/themes/stinger3ver20140327-3/single.php on line 124

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



ラウールジャニーズの兄弟構成!ハーフでスペイン語は話せる?本名も紹介!

Snow Manラウールさんに注目します!金髪にしてからますます存在感

宮舘涼太の大学はどこ?妹や身長体重、アレルギーも調査してみた!

Snow Manのだて様こと宮舘涼太(みやだてりょうた)さんに注目しま

ホワイトデーのお返しに花の意味は?一輪や花束、飴など意味の一覧も!

バレンタインデーのお返しとして、花を贈りたいとき、花言葉などを気になり

ラウールジャニーズの高校はどこ&転校した?ダンスがうまい動画と年齢身長も紹介!

今回はSnow Manメンバーのラウールさんに注目します。メンバーの中

靖国神社桜祭り2020屋台はいつからいつまで?出店と混雑やトイレについても!

靖国神社は桜の木が500本もあり、さらに桜の開花情報を伝える標準木があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑