「まんぷく」64話 あらすじネタバレ 『萬平印のダネイホン』

公開日: : 最終更新日:2018/12/13 第11週 61~66話

第11週 おいしくなった!

東京に支社を作ることが決まり準備を進める萬平たち。福子は、東京に出向する社員として、戦争のために満足に教育を受けられなかった5人を選びました。ダネイホンが順調に売れたら、夜学に通わせるつもりでした。東京行きを渋っていた神部も福子の説得で納得しました。

間もなく東京支社の開業と言う日、世良が宣伝のアイデアを持ってやってきました。

スポンサードリンク

第64話

黒縁丸眼鏡に蝶ネクタイで、社員の士気を高める

世良(桐谷健太)が広げたデザイン画。そこには、萬平(長谷川博己)に似た男が、黒縁の丸眼鏡に蝶ネクタイ、ダネイホンを片手に笑っていました。下には『萬平印のダネイホン』とありました。

デザイン画を見て萬平は恐怖で青ざめました。「こんな蝶ネクタイして、阿呆みたいじゃないですか!」

世良は真剣です。萬平というのは愛嬌のある面白いおっちゃんや、この人が作ったダネイホンなら1本買ってみようか、皆がそのように思うと言います。

真一(大谷亮平)と福子(安藤サクラ)も賛成しました。社長自らが宣伝する考えは印象に残ると。鈴(松坂慶子)は自分がやってもいいと何度も言うのですが、なぜか皆、鈴の言葉は耳に入りません。

世良は、社員の士気を高めるために、と説得します。社員の士気を高めるためならと、萬平は奥歯をかみしめて声を振り絞りました。「分かった!」

「私がやりたい!」と言った鈴の声は、萬平の必死の宣言にかき消されてしまいました。皆が喜ぶ中、なんなのよ、と一人がっかりする鈴。

スポンサードリンク

広告制作

泉大津に録音技師と機材、カメラマンがやってきました。一階の広間で広告制作です。福子は一生懸命練習しています。

まずはナレーションです。緊張でがちがちになる福子は声が裏返ります。

いつも通りでいいと世良は言いつつ、細かく注文をしました。「おいしいおいしいダネイホンで、聞いた人をん?と振り向かせる、栄養満点ダネイホンで、ほ!とひきつける、最後の萬平印のダネイホンで買いたい!と思わせるんや。」

いつも通りでそんなことができるか、と真一。福子は素人よ、と鈴も同意します。

福子がマイクの前に座りました。練習が必要か聞かれた福子は、緊張するので最初から本番で、と頼みました。

皆が静まり返ったなか、福子の澄んだ声が響きました。「おいしいおいしいダネイホン。栄養満点ダネイホン。萬平印のダネイホン。」

一発でOKが出ました。素晴らしいと世良は大絶賛です。福子にこんな才能があったなんて、と鈴も大喜びです。それを見てどんどん不安になる萬平。

スポンサードリンク

みんなの笑顔

福子に萬平は舌を巻きましたが、次は自分の番です。赤いストライプのスーツに蝶ネクタイ、黒縁丸眼鏡の萬平に、世良は大喜び。白い幕の前に萬平はしぶしぶ立ちました。

「もっと笑ってくださいよ。」とカメラマンに言われましたが、「まだ笑っていませんよ。」と不機嫌な萬平。やる気を出せと世良にも言われてしまいます。

萬平は緊張しまくり、笑顔が出ません。福子に助けてもらって笑ってみましたが、真一に「もっとや!」と言われてしまいました。、

「もう無理です!」投げ出そうとした時、福子が駆け寄ってきました。鈴が今からでも代わるとやる気満々です。でも誰も聞いていません。

「萬平さんはダネイホンで世の中の人を幸せにしたいんですよね?みんなを笑顔にしたいんでしょう?どんな笑顔?そんな程度ですか?もっと!」

福子は「おいしいおいしいダネイホン、栄養萬平ダネイホン、萬平印のダネイホン!」そう言いながら少しずつ後ずさりしました。

萬平が大きな笑顔を浮かべた瞬間をカメラマンは捉えました。

できあがった萬平の写真をみて「なんじゃこりゃ。」と目を点にしている社員たち。社長がここまでやってくれたんやから、わしらもがんばらんと、と皆言いあいました。

スポンサードリンク

東京へ向けて出発

昭和23年(1948)年2月、東京へ向けて立つ真一たち。

「それではたちばな栄養食品販売会社、社員一同、東京へ出発します。」

「皆、頑張ってくれ。」

皆で見送りました。タカは神部を泣きそうな顔で見ています。ばんざーいと手を挙げて見送る皆。

 

東京支社が開業

たちばな栄養食品 東京支社の開業に向けて大阪を発った一行は東京に着くなり、山のようなホーロー看板を東京中に貼って回りました。それぞれの区に何枚割り当てるかは世良が算出していました。

「とにかく頼み込んで、できるだけ目立つところに取り付けること。」真一は皆に指示しました。

看板に目をつけた人が声をかけてきました。「萬平印のダネイホン?」

大阪ではだれでも知ってる栄養食品です、これはウチの社長です、と説明しました。そこへ福子の宣伝文句が流れてきました。

 

タカを大学へ送ろうとする忠彦

繕い物をするタカを見て忠彦(要 潤)が話しかけてきました。これからの世の中、女性にも高等教育が必要と言って、いきなり大学に行くようにと言いだしました。

「は?」

「大学で4年間しっかり勉強をして、学問のあるおなごに・・・」

「お父さん、私を卒業させたくないんですか。神部さんと結婚させたくないの?」

ひどい、とタカは怒っていってしまいました。

 

東京のきれいな女性

夜、タカからの手紙を読む神部。東京にはきれいな女の人がいっぱいいるのではないか、と心配を綴っていました。そんなことないよ、とタカの写真に向かって話しかける神部。

翌日、神部がタカへの手紙をポストに投函しようとすると、他の女性も手紙を投函しようとしました。先を譲って、改めて投函。会社に戻る神部をその女性は見送っていました。大衆食堂「やまね」で働いているその女性は、神部の会社を気にしています。

 

試食会が大成功、老舗デパートに納品

数日後、福子は真一から報告を受けました。ダネイホンの試食会は大成功だったというのです。萬平のホーロー看板、ダネイホンの放送を流して幟を立てての試食会は、物見高い通行人が群がり、10ケースがあっという間に売れたのだそうです。

和気あいあいとダネイホンの製造中。萬平印のダネイホンの写真を指して、普段からあの格好でいればいいのに、似合ってますよと萬平をからかう社員たち。

「冗談はやめてくれ。」と真剣に断る萬平。

そこへ福子が駆け込んで来て、ダネイホンが大好評であることを告げました。真一からはもう一つ報告がありました。老舗として有名な一流デパート・白松屋がダネイホンを取り扱ってくれることになったのです。白松屋が扱えばすぐに日本中に知れ渡る、真一はそう報告しました。

格式の高いデパートだけではなくて、町の総菜屋でも米屋でもあつかえるようにしなくては、と萬平がいいました。デパートだと敷居が高く感じる人のことを考えたのです。

世の中の役に立ちたい、福子と萬平の二人の夢が叶ってきました。笑顔で見つめあう二人を、社員たちはにやにやしてみていました。

 

萬平のもう一人の嫁・世良勝夫についてはこちらです。「まんぷく」世良勝男 - 萬平のもう一人の嫁はピンハネから宣伝、脅しまで。

萬平を支える義兄・真一についてはこちらです。「まんぷく」小野塚真一 - 平穏な生活にさようなら、萬平の優秀な補佐役

萬平の一生の相棒・神部についてはこちらです。「まんぷく」萬平に一生ついていく泥棒、神部茂

香田家の長女・タカについての豆知識はこちらです。まんぷく 香田タカのお相手は?結婚はいつする?

 

続きます。「まんぷく」65話 あらすじネタバレ 偽物『ダネイボン』を防げ!お墨付き

 

振り返りはこちらから。「まんぷく」63話 あらすじネタバレ 東京進出、観音様の激励

 

第11週はこちら。まんぷく第11週 あらすじネタバレ 『萬平印のダネイホン』から暗転

まとめ記事はこちら。「まんぷく」あらすじネタバレ一覧

まんぷく豆知識はこちらから。まんぷく 豆知識まとめ

 

感想

黒縁丸眼鏡に蝶ネクタイ、にっこり笑った萬平さんは皆の印象に残る、社員の士気も上がる、そう言われてしぶしぶ了解した萬平さん。表に出るのが苦手なので嫌がるのも仕方ないですよね。

福子ちゃんはなんだかんだ言って度胸があるんですね。緊張しているとは言いつつ、録音は一発でOKをもらいました。問題なのは萬平さん、なかなか笑顔が出ません。緊張でがちがちに固まってしまった萬平さんを福子ちゃんが支えます。萬平さんは皆を笑顔にしたい、どれくらいの笑顔?と言って徐々に、徐々にカメラのことを忘れさせます。そして写真撮影は見事に成功。つくづく萬平さんにはぴったりの奥さんですね。

いよいよ東京支社が開業。営業本部長の真一を筆頭に神部と5人の社員が出向しました。初日から精力的に動き始めて、宣伝効果もあったのか、ダネイホンは順調な売れ行きを見せます。

 

続きます。「まんぷく」65話 あらすじネタバレ 偽物『ダネイボン』を防げ!お墨付き

 

まとめ記事はこちら。「まんぷく」あらすじネタバレ一覧

まんぷく豆知識はこちらから。まんぷく 豆知識まとめ

 

放送後の感想

いつものことながら鈴さんの意見を誰も聞きません。鈴さん、おきれいだし昨日の「萬平印」の読み方も素敵だったし、やる気満々の鈴さんを出せばいいのにな、と思うんですが、お約束であるかのように、皆に無視されてしまいます。今日は世良と真一さんにも無視されていました。ここまで無視されると気の毒ですね。

福ちゃん、緊張しながらも独特な読み方で頑張りましたね!ああいう読み方だったら確かに人を引き付けると思います。難しい世良の注文に頑張って応えました!

一方、萬平さん、派手なスーツを着せられてお気の毒でした。あんなスーツどこから持ってきたんでしょうか?とても笑顔にはならない萬平さん。でもやはり福ちゃんは最高のパートナーです。ごちごちの不機嫌の萬平さんをあっという間に懐柔してしまって、最高の笑顔を引き出しましたね。

そして一行は東京へ出発。元気のないタカちゃんを慰めるのかと思ったら、忠彦さんの考えた案はタカを大学に送ること。父親の意図をあっという間に見抜いて、タカちゃんはものすごい剣幕でしたね!

ダネイホンの東京販売は好調。きれいな人がいるのではないか、そう心配するタカちゃん。そんなことはないと言いつつ、翌日ポストの前で出会ったきれいな女性が神部さんをずっと見送っていました。タカちゃんが心配する事態が起きないといいんですけど。この女性の働くやまねは神部さんの行きつけの店になるようですので少し心配ですね。

見つめあってにこにこする福ちゃんたちをみて、社員がにやにやしているのが不思議でした。今までには無かった光景ですよね。今日は萬平さんをからかう社員もいて、これには何か意味があるのでしょうか。

 

続きます。「まんぷく」65話 あらすじネタバレ 偽物『ダネイボン』を防げ!お墨付き

 

振り返りはこちらから。「まんぷく」63話 あらすじネタバレ 東京進出、観音様の激励

第11週はこちら まんぷく第11週 あらすじネタバレ 『萬平印のダネイホン』から暗転

まとめ記事はこちら。「まんぷく」あらすじネタバレ一覧

まんぷく豆知識はこちらから。まんぷく 豆知識まとめ

スポンサードリンク







関連記事

no image

「まんぷく」61話 あらすじネタバレ 観音様になった鈴

第11週 おいしくなった! 三田村が3人目の証言者として進駐軍に赴きました。進駐軍は、再び、今

記事を読む

no image

「まんぷく」62話 あらすじネタバレ 本当の発明品を日本全国に

第11週 おいしくなった! 進駐軍に拘留されている間に、専売局からは取引の停止、製塩場も荒れて

記事を読む

no image

「まんぷく」65話 あらすじネタバレ 偽物『ダネイボン』を防げ!お墨付き

第11週 おいしくなった! 世良のアイデアで宣伝文句を録音したレコードと萬平自身を撮影した看板

記事を読む

no image

「まんぷく」63話 あらすじネタバレ 東京進出、観音様の激励

第11週 おいしくなった! ダネイホンの全国販売に向けて、昆布を入れて味を改良した萬平たち。全

記事を読む

no image

まんぷく第11週 あらすじネタバレ 『萬平印のダネイホン』から暗転

第11週 「おいしくなった!」NHKドラマガイドとノベライズ本を基にしたあらすじネタバレです。

記事を読む

no image

「まんぷく」66話 あらすじネタバレ 絶好調からの暗転。三度目の逮捕。

第11週 おいしくなった! 東京進出。ダネイホンの売れ行きは好調でしたが、偽物「ダネイボン」が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







わたし、定時で帰ります。最終回の再放送日はいつになる?

2019年6月18日、TBS火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。」の最

なつぞら夏空☆家出した千遥のその後はどうなった?なつとの再会はいつか考察

67話で、5歳の千遥ちゃんが虐待を受けて家出をしていたショッキングな事

ノーサイドゲームのロケ地☆府中や神戸のどこ?熊谷ラグビー場の場所も!

2019年7月から放送が始まる日曜劇場『ノーサイドゲーム』。池井戸潤さ

24時間テレビTシャツ2019やグッズはどこで買える?売り切れの時の再入荷情報も!

2019年の24時間テレビのTシャツとグッズは販売が開始した途端、売り

小瀧望の姉のTwitter・名前は律子?高校体育祭の画像・私服ブランドも紹介

関西ジャニーズ「ジャニーズWEST」の末っ子で、センターポジションが多

→もっと見る

PAGE TOP ↑