下町ロケット ヤタガラス 原作のあらすじネタバレ4

公開日: : 最終更新日:2018/12/24 下町ロケット2原作 ヤタガラス編

下町ロケット ヤタガラスの原作の詳細なあらすじとネタバレです。ドラマ「下町ロケット2」続編の後半部分に当たります

スポンサードリンク

「下町ロケット ヤタガラス」原作のあらすじネタバレ

前回まで

帝国重工の記者会見の翌日にぶつけて、突如現れた「ダーウィン・プロジェクト」。それは帝国重工が参入を発表したばかりの無人トラクターのデモでした。

「ダーウィン・プロジェクト」の中心人物は、ダイダロスの重田社長ギアゴーストの伊丹社長、そして以前、野木の技術を盗んだ「キーシン」

そして次は、週刊誌の記事。『重田工業が潰れたのは、的場のせいである、這い上がった重田が、中小企業の会社社長とともに「ダーウィン・プロジェクト」を立ち上げた。』

的場の次期社長就任は先送りとなってしまいました。

下町ロケット ヤタガラス 原作のあらすじネタバレ3

 

まとめ記事はこちら。

『下町ロケット2』原作「ヤタガラス」あらすじネタバレ一覧

『下町ロケット2』原作「ゴースト」あらすじネタバレ一覧

スポンサードリンク

 

第4章 プライドと空き缶

佃のトランスミッションチームはどうなった?

野木の勤める北海道農業大学で、佃製作所のトランスミッションチームは、独自に開発した無人農業ロボットの実験をしている

プログラムをスタートさせて、格納庫から出てきたのは、ヤマタニ製のトラクター。佃のエンジンとトランスミッションを搭載、野木の自動走行制御システムと連結してある。

プログラム通りに農道を進み、作業を終え、格納庫に帰っていった。およそ1時間。

野木は、佃製作所のチームワークをほめたたえる。エンジンとトランスミッションは、帝国重工よりも上だと。

帝国重工の「アルファ1」はどうか、と尋ねる佃に、野木は「彼らは方向性を間違っている」と言った。

 

帝国重工が間違った方向性とは?

財前に会う佃。野木の言うとおり、無人トラクターが大型化してきているのだという。帝国重工の製造部の得意とする技術を応用しようとしたためだという。

日本でのトラクターの売れ筋は、北海道の一部の大農家以外は、小型から中型。このままでは日本の多くの農家には役に立たないものとなる

スポンサードリンク

財前を説得する佃

無駄とは知りつつ、このままでは野木を裏切ることになる、何とかするようにと佃。

北海道での無人農業ロボットの実演の映像を見せる佃。製品化はしない、という。野木が自動走行制御システムの供給先を帝国重工に限定する契約をしているためだった。例外は、野木研究室の実験用トラクターの車両開発。先の実験はそのプログラムのものだった。

中小企業の自分たちができたことを、人員も資金も潤沢な大企業ができないわけがない、という佃。なんとか軌道修正してくれ、と頼み込みます。

財前は、努力するが、もう少し時間をくれと頭を下げた。

 

「アグリジャパン」とは?

岡山で開かれる農業イベント『アグリジャパン』。海外の農耕具メーカーも出展する一大イベント。

帝国重工の「アルファ1」、「ダーウィン」共に出展することになった。

帝国重工の技術に絶対な自信を持つ的場と奥沢に、まだ技術的に安定していないと出展に懐疑的な財前。そんな財前を二人は「ここでもロケット品質か」と笑った。

ダーウィンもまた完全ではなく、突如止まってしまうことがある。出展に意欲的な重田に対して、不具合が特定できていないことを危惧する伊丹。島津の後任の氷室は、不具合の原因が特定できていない。島津が設計したトラスミッションに原因があるのかどうかもわかっていなかった。

今さらながら、島津との決裂を後悔する伊丹。伊丹は、島津にアグリジャパンの招待券を送った。

スポンサードリンク

 

首の皮一枚でつながったスターダスト計画

次期大型ロケットに関する連絡会議に出席した佃と山崎。部品点数を減らし、エンジン出力を向上。現在100億円かかる打ち上げ費用を半分にする大幅なコスト削減案。

週間ポルトのお陰で、藤間の続投が決まった。感謝しなくてはという山崎。

会議後、財前と飲みに行く二人。

財前によると、続投が決まった藤間ではあるが、その次は未定。それまでに打ち上げコストを下げて、世界的に優位な実績を作ろうと言う意図。

財前は『アグリジャパン』のことを告げ、佃の参考になることもあるはず、と招待チケットを渡した。

 

アグリジャパン開催

先を越されてしまった佃製作所

人で溢れる会場。帝国重工の「アルファ1」は確かに大きかった。日本の田畑では最も大きな部類に入る。

ダーウィンプロジェクトは、佃たちが近づけないほどの人気だった。

かつて安さ一流、技術は二流と言われたダイダロス、そしてギアゴーストは、時流をつかんで、佃製作所の一歩も二歩も先を進んでいる。汚い手をつかったキーシンはのし上がった。数年後には、この三社が無人農業ロボットを独占しているかもしれない。

先を越されてしまった佃製作所。唯一の救いは、農業ロボットに対応する技術を独自に開発してきたことだった。

野木の講演は満席。中でも注目の的は、ビークル・ロボティクスの研究に関して。無人農業ロボットがもたらす農業改革。人手に頼り、力の無い女性や高齢者にはきつかった農作業の自動化で、飛躍的に効率が上がり、世帯収入も押し上げる。

越えなければならない壁は多くとも、この技術が農業を変えてくれる、誰もが期待していた。

 

無人農業ロボットのデモンストレーション

藤間社長が「アグリジャパン」に来た意図

「帝国重工のテントで見ませんか?一番よく見えますから。」財前が佃製作所の一同を誘ってくれた。帝国重工のテントの最前列に、藤間社長がいるのを見て驚く佃たち。

財前が言うには、新規事業の成果を自分の目で確かめたいらしい。大型買収、豪華客船、ジェット機製造といった新規事業が難航し、財務内容の悪化につながってしまった。藤間には、新規事業を部下任せにしすぎたという反省がある、というのである。

 

完璧なダーウィンのデモンストレーション

ダーウィンのデモンストレーションは完璧だった。道幅が2メートルもない農道をゆっくり進み、圃場へ入り、作業をする。センサーで感知し、人の代わりに置かれた案山子(かかし)をよけて進む。佃たちには、エンジンやトランスミッションの動作が時折、不安定になることが分かったが、観客の多くには完璧と受け取られた。

 

アルファ1のデモンストレーション

対してアルファ1。大型なので、農道の幅はギリギリ。ダーウィンよりもゆっくり進み、圃場へ入った。アルファ1はよけるべき案山子(かかし)を踏みつけて前進した。

的場が来賓席から立ちあがり、スタッフのテントに来て叱責する。センサーに泥がついて作動しなかったようだ。落胆と失意に沈む帝国重工。野木も肩を落としている。

そして、皆が驚くことが起きた。最後の直線の農道で、アルファ1が脱輪。用水路へと転落したのである。

最悪の結果となった。

 

島津のダーウィンに対する感想

島津に今日の招待チケットと新幹線の回数券を送っていた伊丹。島津を見つけて声をかける。自分たちのトラクターの感想を聞かれて「まあまあ」と答える。

まだ自分のことを怒っていると思っている伊丹は、執拗に島津を誘う。それに乗らない島津。伊丹が困っていて、自分を必要としていることを島津は見通していた。自分で何とかするように、島津はそう言って立ち去った。

 

アグリジャパン後

失敗を野木のせいにする奥沢

アグリジャパン関係者控室

センサーに泥が付着していたのが誤作動の原因になった。

コースの逸脱を野木教授のせいにしようとする奥沢。野木はたまりかねて、帝国重工のシステムに問題があった可能性もある、と口を出した。

藤間が、「野木先生のシステムにどういう問題があったのか。」と問うと、奥沢はこれから調査するという。「自分たちのシステムに難があったとは思わないのか。」藤間は野木に謝罪した。

 

藤間が、最初のプロジェクトとは違うことを指摘

藤間は的場に「これは私が承認したプロジェクトとは違う。」と言った。最初の新規事業計画書では「無人農業ロボットは、日本で最も汎用性の高い小型から中型のものに注力とあった。

それに対して、「製造部で従来作ってきたエンジンのノウハウが最も発揮されるのがあのサイズ。最初は大型で、のちにダウンサイズを」と言う的場。

ダウンサイズは今必要だ、後からでは遅い、と藤間。

 

当初のエンジンとトランスミッションの外注化案を把握していた藤間

この事業計画案は当初エンジンとトランスミッションは外注化だった、なぜ内製化になったのか、と藤間。

財前は驚きの目で藤間を見た。

「エンジンとトランスミッションは、トラクターの根幹。キーテクノロジーは自社開発で」という奥沢に「だったらいますぐ作れ。」という藤間。奥沢の返事は鈍い。

製造部は降りろ。世の中の流れ、競合の存在、市場ニーズ、それらを無視して、簡単にできることしかやらない。自分たちが世の中の中心だと思っている連中に、新規事業ができるはずがない。

的場に外注を命じ、今日地の底に落ちた帝国重工の信用を全力で取り戻すように言った。

 

藤間が、エンジンとトランスミッションの外注案を知っていたのは?

「アグリジャパン」の翌日、財前が佃製作所にやってきた。

じつは、財前の新規事業計画書がひそかに藤間に届けられていたらしい。水原のはからいだと。お陰で助けられたと財前。

改めてエンジンとトランスミッションの供給を願い出る財前。エンジンはともかく、トランスミッションは市場での実績がまだ無いことに不安を覚える佃と山崎。当初に財前が持ち込んだ頃とは、世間の注目度が桁違いである。失敗は許されない。

時間の猶予をもらって、その日、佃は予定外の外出をした。

 

佃が島津を訪れた理由

今は大学の講師をしている島津を訪ね、改めて、佃製作所に来てほしい、島津の力を貸してほしいと頼む佃。

「トランスミッション開発チームを導いてほしい、チームの皆も島津さんを待っている。」

島津は、みんなと一緒に仕事がしたい、でも2、3日考えさせてほしい、と言った。二次面接を受けた大学からの、最終面接の通知が届いたところだったのだ。

帰り際、アキからのおみやげと生チョコを渡す佃。嬉しそうに受け取る島津。

 

「ようこそ、佃製作所へ」

帝国重工からの再オファーを受け、佃製作所では、営業部と技術開発部の会議。

ダーウィンとの対決ではなく、農業に目を向けること。高齢化し、離農者が増え、いつか立ち行かなくなる農業。無人農業ロボットは、農業従事者の希望である、と。

エンジンはともかく、はたしてトランスミッションで、ギアゴーストを超えるものが作れるのか、不安になる一同。ギアゴーストのトランスミッションは天才・島津が作ったもの、島津を越えられるのは島津だけ。なら島津裕に頼むしかない。

「そりゃそうですけど」小さい声がした。

皆が目を見張る中、佃は島津裕を招き入れた。「ようこそ、佃製作所へ」

 

続きます。下町ロケット ヤタガラス 原作のあらすじネタバレ5

 

まとめ記事はこちら。

『下町ロケット2』原作「ヤタガラス」あらすじネタバレ一覧

『下町ロケット2』原作「ゴースト」あらすじネタバレ一覧

 

下町ロケット最終話(11話)の感想はこちらです。下町ロケット最終話(11話)あらすじ感想 徹底的に泥臭く。走れ!ランドクロウ

「下町ロケット」10話の感想はこちらです。下町ロケット10話 あらすじ感想 混ざった水と油。無人トラクターが殿村家の圃場を走る。

「下町ロケット」9話の感想はこちらです。下町ロケット 9話 あらすじ感想 佃の参戦。ここからは実験じゃなくて本番。

「下町ロケット」8話の感想はこちらです。下町ロケット8話 あらすじ感想 オリジナルとコピー 藤間社長の続投

「下町ロケット」7話の感想はこちらです。下町ロケット7話 あらすじ感想 動き出した最悪に鈍足なカメと下町トラクター

「下町ロケット」6話の感想はこちらです。下町ロケット6話感想あらすじ ロケットで思い出した原点 ヤタガラスがもたらした夢

「下町ロケット」5話の感想はこちらです。下町ロケット5話あらすじ感想 トノへの不満さく裂。スーツの稲刈りで宇宙を想う。

「下町ロケット」4話の感想はこちらです。下町ロケット4話あらすじ感想 裏切ってウィン⁴ 佃製作所の恩人が去る日

「下町ロケット」3話はこちらです。 下町ロケット3話 あらすじと感想 田植えデートと結婚への障害

「下町ロケット」2話はこちらです。 下町ロケット2話 あらすじ感想 マングースの案でヘビ野郎に対抗

「下町ロケット」1話はこちらです。 ドラマ「下町ロケット2」ゴースト1話あらすじ感想 泥くささとハイスペック

 

感想

全てが、藤間社長の一言で変わりましたね。財前も、当初の自分が書いた事業計画書を、まさかあの水原が藤間に回してくれていたとはと、驚いた様子です。

的場がやったことは自ら蒔いた種ですが、週刊ポルトの記事によって、藤間社長が息を吹き返しました。同じ間違いを犯さない、そのような気骨が感じられます。

さんざん憎まれ口をたたいていた奥沢。デモでの失敗を、あろうことか野木教授のせいにします。藤間はその奥沢を黙らせ、野木に謝罪、そして製造部をあっさり切り捨てました。スターダスト計画の内製化にこだわっていた、当初の藤間社長ではありませんでした。

再び佃製作所に、エンジンとトランスミッションの供給を頼みに来た財前。しかし以前とは事情が違い、世間の関心も高く、失敗は許されません。ダーウィンのトランスミッションに対抗するだけの実績もありません。

佃は、島津を迎え入れようとしますが、島津は、大学の最終面接に呼ばれたところ。間が悪かったわけですが、最終的に島津は佃製作所を選びました。

ものづくりの現場に戻った、天才・島津のこれからの活躍が楽しみですね。

 

続きます。下町ロケット ヤタガラス 原作のあらすじネタバレ5

 

まとめ記事はこちら。

『下町ロケット2』原作「ヤタガラス」あらすじネタバレ一覧

『下町ロケット2』原作「ゴースト」あらすじネタバレ一覧

スポンサードリンク







関連記事

no image

『下町ロケット2』原作「ヤタガラス」あらすじネタバレ一覧

『下町ロケット2』原作のあらすじネタバレを詳しくまとめました。 『下町ロケット ゴースト』のあ

記事を読む

no image

下町ロケット ヤタガラス 原作のあらすじネタバレ8

下町ロケット ヤタガラスの原作の詳細なあらすじとネタバレです。ドラマ「下町ロケット2」続編の後半部分

記事を読む

no image

下町ロケット ヤタガラス 原作のあらすじネタバレ7

下町ロケット ヤタガラスの原作の詳細なあらすじとネタバレです。ドラマ「下町ロケット2」続編の後半部分

記事を読む

no image

下町ロケット ヤタガラス 原作のあらすじネタバレ6

下町ロケット ヤタガラスの原作の詳細なあらすじとネタバレです。ドラマ「下町ロケット2」続編の後半部分

記事を読む

no image

下町ロケット ヤタガラス 原作のあらすじネタバレ2

下町ロケット ヤタガラスの原作の詳細なあらすじとネタバレです。ドラマ「下町ロケット2」続編の後半部分

記事を読む

no image

下町ロケット ヤタガラス 原作のあらすじネタバレ9

下町ロケット ヤタガラスの原作の詳細なあらすじとネタバレです。ドラマ「下町ロケット2」続編の後半部分

記事を読む

no image

下町ロケット ヤタガラス 原作のあらすじネタバレ3

「下町ロケット ヤタガラス」の原作の詳細なあらすじとネタバレです。ドラマ「下町ロケット2」続編の後半

記事を読む

no image

下町ロケット ヤタガラス 原作のあらすじネタバレ10

下町ロケット ヤタガラスの原作の詳細なあらすじとネタバレです。ドラマ「下町ロケット2」続編の後半部分

記事を読む

no image

下町ロケット ヤタガラス 原作のあらすじネタバレ5

下町ロケット ヤタガラスの原作の詳細なあらすじとネタバレです。ドラマ「下町ロケット2」続編の後半部分

記事を読む

no image

下町ロケット ヤタガラス 原作のあらすじネタバレ1

下町ロケット ヤタガラスの原作の詳細なあらすじとネタバレです。ドラマ「下町ロケット2」続編の後半部分

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







わたし、定時で帰ります。最終回の再放送日はいつになる?

2019年6月18日、TBS火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。」の最

なつぞら夏空☆家出した千遥のその後はどうなった?なつとの再会はいつか考察

67話で、5歳の千遥ちゃんが虐待を受けて家出をしていたショッキングな事

ノーサイドゲームのロケ地☆府中や神戸のどこ?熊谷ラグビー場の場所も!

2019年7月から放送が始まる日曜劇場『ノーサイドゲーム』。池井戸潤さ

24時間テレビTシャツ2019やグッズはどこで買える?売り切れの時の再入荷情報も!

2019年の24時間テレビのTシャツとグッズは販売が開始した途端、売り

小瀧望の姉のTwitter・名前は律子?高校体育祭の画像・私服ブランドも紹介

関西ジャニーズ「ジャニーズWEST」の末っ子で、センターポジションが多

→もっと見る

PAGE TOP ↑