「まんぷく」10話 あらすじネタバレ 鈴が結婚に反対する本当の理由

公開日: : 最終更新日:2018/11/25 第2週 7~12話

第2週「・・・会いません、今は」

咲が結核と知った萬平は専門病院を探してくれ、転院手続きまで済ませてくれました。咲が良くなるまでは会わないことにした二人。咲の病状はよくなるのでしょうか?

スポンサードリンク

福子からの手紙

昭和17(1942)年3月。福子(安藤サクラ)は萬平(長谷川博己)に、病院を紹介してくれた礼、そして転院した咲(内田有紀)が回復に向かっていると手紙を書きました。鈴(松坂慶子)の非礼を詫び、また会えることを信じている、と。

手紙を読んだ萬平は、咲の回復を心から祈りました。

そこへ電話。妙な声の持ち主が萬平に取次ぎを頼みます。それは、加地谷に嫌われているからと声音を変えて電話をかけてきた世良(桐谷健太)でした。「押して押して押しまくれ」の結果を知りたかったのです。

 

桜の絵

毎日、咲の世話にくる鈴(松坂慶子)。克子(松下奈緒)と忠彦(要 潤)が来ました。

忠彦は咲のために桜の絵を描いてきたのです。「ここは桜が見えないから」

きれいな桜の絵に感激する咲。

スポンサードリンク

世良が萬平に自分を売り込む

萬平は世良とラーメンを食べています。「結核は長引くよ。」と。

「今作っているものを僕に売らせてくれよ。」と世良。世良は加地谷(片岡愛之助)が好きではありません。

「加地谷さんに協力しようと伝えてくれ、脅かしているのではない。」

一応、伝えると萬平。

 

野呂が恵に缶詰を渡す

厨房係の野呂(藤山扇治郎)は相変わらず、珍しい缶詰をくれます。野呂の気持ちにさすがに気づいた福子は、断ろうとしますが、野呂は、病気のお姉さんに、と押し付けて行ってしまいました。

野呂は、恵(橋本マナミ)に「もう諦めたら?」と言われてしまいました。本当にお姉さんに元気になってほしいから、と。そして、恵にも缶詰を渡す野呂。「なんで」という恵に「聞くなよ。」と去っていく野呂。

 

咲の個室

桜の絵を、福子も感心して見ています。咲はこの絵が好きでずっと見ているんだ、と真一(大谷亮平)。

萬平に、病院を紹介してくれた礼を言ってくれるよう、咲はお願いします。次はいつ会うの?と聞く咲に、「木曜日かな。」と元気を装って嘘をつく福子。

 

夢をあきらめた鈴

萬平に会っていないことを確認する鈴。会っていないものの、萬平ではダメな理由を聞く福子。

鈴は父親の話をします。博打みたいな人生、本人はよくても支える身は大変だと。一人残された鈴は3人の娘を育てるのに苦労を強いられた。でも自分は武士の娘。娘をきちんとした学校に入れ、英語も習わせた。

本当は英語教師になりたかったが、夫を支えるためにあきらめたという鈴。夫に振り回される人生は、福子にはさせたくない、そう言われて何も言えなくなる福子。

 

新型兵器を作るよう命じる加地谷

根菜切断機はもう頭打ちだから、軍を喜ばすような新型兵器を作れと加地谷。社長命令だと言います。この会社は二人で作ったと萬平が抗議しますが、加地谷がいるからビジネスとしてなりたっている、と加地谷。

きれいごとで金儲けはできない、そう言って加地谷は出ていきました。

 

咲の様態が急変

その夜、咲の様態が急変し、福子と咲は病院に駆け付けます。医師は厳しい表情で何日ももたないかもしれない、と言いました。実はずっと余談の許さない状態だったのですが、皆に心配をかけたくない咲は、真一(大谷亮平)に口止めをしていたのです。

 

萬平を支える義兄・真一についてはこちらです。「まんぷく」小野塚真一 - 平穏な生活にさようなら、萬平の優秀な補佐役

萬平のもう一人の嫁・世良勝夫についてはこちらです。「まんぷく」世良勝男 - 萬平のもう一人の嫁はピンハネから宣伝、脅しまで。

 

11話に続きます。「まんぷく」11話 あらすじネタバレ 世良の話と咲の最後

 

振り返りはこちらから。「まんぷく」9話 あらすじネタバレ 萬平が咲のためにしたこと

第2週のあらすじネタバレはこちらから。まんぷく第2週のあらすじネタバレ 初デートから萬平逮捕まで

まとめ記事はこちら。「まんぷく」あらすじネタバレ一覧

豆知識まとめはこちらです。まんぷく 豆知識まとめ

 

感想

萬平のおかげで、結核の専門病院に転院した咲。経過は良好。誰もがそう思っていました。

野呂さんは相変わらず、福子に外国産の缶詰をくれます。萬平さんがいる以上、受け取れない、そう思い断ろうとする福子でしたが、押し切られてしまいました。

福子の夫に萬平を拒む理由が判明しました。鈴さん、実は英語教師になりたかったんですね。その夢を夫のためにあきらめた。本人は良くても、夫に振り回される人生は大変、そんな思いを娘にさせたくない。

母の隠された思いを知った福子は何も言えなくなってしまいました。

そして、咲の病状の悪化。皆に心配をかけぬよう、真一さんに口止めをしていたとのこと。咲はどうなるのでしょう。そして咲の回復を心待ちにしている福子と萬平は?

 

11話に続きます。「まんぷく」11話 あらすじネタバレ 世良の話と咲の最後

まとめ記事はこちら。「まんぷく」あらすじネタバレ一覧

豆知識まとめはこちらです。まんぷく 豆知識まとめ

 

放送後の感想

いつも鳥の絵ばかり描いている忠彦さん、実は絵がうまかったんですね。桜の絵は本当に素敵でした。なんでああいうのをもっと描かないんでしょうか。

野呂さんはもう福子ちゃんはあきらめて、今度は恵さんのようですね。缶詰攻撃はもうやめたほうがいいのでは?福子ちゃんにも缶詰それほど効果があったわけではありませんよね?

世良さんは妙に萬平さんを気に入っています。才能にほれ込んでいるからでしょうか?でも加地谷さんとペアを組んでいる萬平さん、加地谷さんを裏切ることはしません。しかし、その共同経営者が新型兵器を作れと言ってきました。根菜切断機だけではもうやっていけない、そういうことなのでしょうが、萬平さんに新型兵器なんて作れるわけないです。

そして、鈴さん。お父さんのビジネスの失敗はいつも聞かされていましたが、英語教師の夢は聞いたことがなかった福子ちゃん。夢をあきらめたのに、振り回されたうえ、先立ってしまった夫のことを恨んでいるのでしょうか。一人で苦労して子供3人育てた、働いているようにみえないのですが、どうやって生活費、学費を捻出したのか疑問ですね。

咲さん、様態が急変してしまいました。皆に心配をかけたくないから黙っていた。でも黙っていられると家族も辛いです。

 

11話に続きます。「まんぷく」11話 あらすじネタバレ 世良の話と咲の最後

 

振り返りはこちらから。「まんぷく」9話 あらすじネタバレ 萬平が咲のためにしたこと

第2週のあらすじネタバレはこちらから。まんぷく第2週のあらすじネタバレ 初デートから萬平逮捕まで

まとめ記事はこちら。「まんぷく」あらすじネタバレ一覧

豆知識まとめはこちらです。まんぷく 豆知識まとめ

スポンサードリンク







関連記事

no image

「まんぷく」11話 あらすじネタバレ 世良の話と咲の最後

第2週「・・・会いません、今は」 咲の様態が急変。慌てて病院に向かった福子は、咲の余命宣告を受

記事を読む

no image

まんぷく第2週のあらすじネタバレ 初デートから萬平逮捕まで

第2週「・・・会いません、今は」 第2週、萬平の告白に始まり、萬平の逮捕まで、様々なことが起きる週

記事を読む

no image

「まんぷく」9話 あらすじネタバレ 萬平が咲のためにしたこと

第2週「・・・会いません、今は」 萬平(長谷川博巳)との初デート。幸せいっぱいの福子(安藤サク

記事を読む

no image

「まんぷく」8話 あらすじネタバレ 萬平と福子の初デートは

第2週「・・・会いません、今は」 萬平(長谷川博巳)からの結婚を前提とした交際申し込みを承諾し

記事を読む

no image

「まんぷく」7話 あらすじネタバレ 萬平が交際申し込みを撤回したあとは?

第1週で、思いがけず萬平に交際を申し込まれた福子。福子の返事は?  

記事を読む

no image

「まんぷく」12話 あらすじネタバレ 福子を説得する真一、そして逮捕

第2週「・・・会いません、今は」 とうとう咲が亡くなってしまいました。心の支えを失って呆然とす

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







わたし、定時で帰ります。最終回の再放送日はいつになる?

2019年6月18日、TBS火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。」の最

なつぞら夏空☆家出した千遥のその後はどうなった?なつとの再会はいつか考察

67話で、5歳の千遥ちゃんが虐待を受けて家出をしていたショッキングな事

ノーサイドゲームのロケ地☆府中や神戸のどこ?熊谷ラグビー場の場所も!

2019年7月から放送が始まる日曜劇場『ノーサイドゲーム』。池井戸潤さ

24時間テレビTシャツ2019やグッズはどこで買える?売り切れの時の再入荷情報も!

2019年の24時間テレビのTシャツとグッズは販売が開始した途端、売り

小瀧望の姉のTwitter・名前は律子?高校体育祭の画像・私服ブランドも紹介

関西ジャニーズ「ジャニーズWEST」の末っ子で、センターポジションが多

→もっと見る

PAGE TOP ↑